Home> 闘争記事 > 7・7関西空港反対全国集会が大成功! 142名が参加

7・7関西空港反対全国集会が大成功! 142名が参加

20130709a-1.jpg 7月7日、関西空港反対全国集会を泉佐野市内で開催しました。地元住民はじめ142名が参加して大成功しました。
 今年の関空闘争は、関空による財政破綻の責任を市職員と住民に押しつける千代松泉佐野市長との闘いになりました。また、八尾空港にオスプレイの訓練受け入れを表明する橋下維新の会との闘いになりました。
 集会は、泉州住民の会の小林順子さんの司会で始まりました。主催者あいさつは富田益行・関西労組交流センター代表です。「関空で働く13000労働者を組織して、関空内部から食い破る闘いが勝利の核心だ」と述べました。
 

20130709a-2.jpg 連帯あいさつは、動労千葉の川崎執行委員、部落解放同盟西郡支部の佃さん、婦人民主クラブの山本さん、三里塚現闘本部の4団体からありました。動労千葉の川崎さんは「橋下打倒を共に闘う。国鉄闘争に勝ち抜けば、自治体の闘争にも勝てる。外注化との闘いを組織拡大して勝利する」と鮮明に述べました。
 基調報告は国賀祥司・泉州民の会代表が行いました。「泉佐野で起きていることは全部関空問題であり、新自由主義との闘いだ。財政破綻の責任を、今度は千代松市長は職員を半減する大解雇攻撃を宣言してきた。関空開港時には1100人いたが、現在は600人にまで削減されている。さらに300人削減して民営化したら、市役所は仕事が回らず、地域全体を破壊する。闘いは、市職員と地域住民が団結して闘う絶好の構図になる。橋下のオスプレイ受け入れは沖縄と連帯した反戦闘争、絶対に勝利できる。新自由主義は完全に破産している。断固闘って勝利しよう」と呼びかけました。
20130709a-3.jpg 決意表明は、泉州住民の会、労組交流センター、八尾北労組、関合労泉州支部、全学連が行いました。泉州住民の会の中山綾子さんは「オスプレイを言う橋下はふざけている。沖縄の負担軽減などならない。絶対阻止しよう。千代松市長は金もうけのために公務員の首を切ることなど絶対に許せない」と述べました。大阪市職の赤田さんは「千代松市長の職員半減攻撃におびえる必要はない。大阪市で橋下と闘って勝ってきている。橋下にはウソとペテンしかない。現場から『おかしい』と声が上がれば勝てる」と呼びかけました。関合労の黒瀬委員長は「橋下の手先なって千代松市長が職員の半減化攻撃、橋下以上のことをやろうとしている。これは民間労働者への攻撃でもある。労働組合が全体の利害をかけて、動労千葉のように闘えば勝利できる」と述べました。
 閉会あいさつは、関西労組交流センターの深町さんが行いました。集会の後、猛暑を吹き飛ばして関空島が見えるマーブルビーチまでデモを行いました。沿道から多くの住民が応援していました。(関西。K) 

Index of all entries

Home> 闘争記事 > 7・7関西空港反対全国集会が大成功! 142名が参加

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top