Home> 反原発・反核 > | 闘争記事 > 鈴木たつお候補が官邸前で反原発・オリンピック返上を訴え

鈴木たつお候補が官邸前で反原発・オリンピック返上を訴え

 s20140201d.JPG1月31日金曜夜、鈴木たつお東京都知事候補が午後6時半から開催された首相官邸前・国会前の反原発金曜日行動に登場して、結集した労働者人民に反原発・オリンピック返上を熱烈に訴え、大きな反響を得た。
 鈴木候補はまず午後7時過ぎに首相官邸前に登場して、福島原発の現状を暴露し、この福島の現状をうそで覆い隠し、福島を切り捨てて呼び込んだオリンピックについては断固返上だと言い切り、大きな拍手が巻き起こった。
 さらに、鈴木候補は国会前でも発言した。最後は経産省前でマイクが使える午後8時ぎりぎりまで熱烈な訴えを行った。その後は、闘争参加者の質問に答えるなど、即席の討論会が実現された。
 最後の1週間、鈴木候補必勝へともに決起しよう。以下、官邸前での鈴木候補の発言を全文掲載します。(K)

●鈴木たつお候補の1・31首相官邸前での発言全文
 こんばんは。寒くなりました。このたび都知事選に立候補した弁護士の鈴木たつおです。
 この瞬間もみなさんがご存知のように、みなさんの方が詳しいかもしれません。福島の現地ではなんと、2400万ベクレルのストロンチウムが1時間で1・5トンも漏れ続けています。
 そのような福島の現実をまったく見ないで、あるいは知っていても「汚染水は完全にコントロールされている、ブロックされている」などという大嘘で、呼び込んだオリンピックです。
 私はこのようなオリンピックの目論見、組織委員会の会長になったあの森さんは「再稼動しなければオリンピックはできない」などと言っています。その意味では、2020年東京オリンピックは明らかに福島の現実にふたをして、福島を切り捨て、そして再稼動、ある場合には増設までやっていく、そういう、より許しがたいものだと私は思います。
 だからオリンピックは返上すべきだと考えています。
 なお詳しいことは、今晩10時55分NHK総合テレビをごらんいただければと思います。

●第2回目の政見放送は以下のとおりです。
 NHK総合テレビ:2月6日(木)午前6時~6時26分
 NHKラジオ第1:2月6日(木)午後0時30分~0時56分

Index of all entries

Home> 反原発・反核 > | 闘争記事 > 鈴木たつお候補が官邸前で反原発・オリンピック返上を訴え

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top