Home> 反原発・反核 > | 闘争記事 > 原爆ドーム前集会 核武装狙う安倍弾劾 右翼・警察の妨害うち破り

原爆ドーム前集会 核武装狙う安倍弾劾 右翼・警察の妨害うち破り

20160808b-1.JPG 6日早朝、広島市の平和記念公園・原爆ドーム前でヒロシマ・アピール集会(被爆71周年8・6ヒロシマ大行動実行委主催)が行われた。原爆で命を奪われた20万人もの人びと、被爆者の怒りと悔しさ、新たな戦争を絶対阻止するという決意をともにし、510人の労働者・学生が結集した。「改憲・核武装宣言の安倍を倒せ! 国際連帯で朝鮮戦争・核戦争阻止!」――これが全参加者の思いだ。
 安倍の先兵として集会を暴力的に破壊しようとうごめく右翼、警察、市当局と対決して集会は闘われた。全学連の学生たちと広島の青年労働者が次々とマイクを持ち、決意をみなぎらせて集会への参加を訴えた。機動隊は公園入り口を封鎖し、ドーム前に集まった人びとの結合を阻もうと躍起になったが、それをものともせずドーム前は闘いの熱気が満ちあふれた。

20160808b-2.JPG 午前7時半、集会が始まった。反戦被爆者の会で被爆2世の中島健さんが「朝鮮戦争の時、すべての集会が禁止された。被爆者は厳戒を突き破り、『朝鮮の友の上に爆弾を降らせるな』と立ち上がった。今、朝鮮戦争と核武装を狙う安倍を倒そう」と訴えた。
 長崎の被爆者でNAZENナガサキの城臺美彌子さんは「『空から死が降ってきた』と他人事のように言ったオバマを許しません」と怒りを表明した。
 NAZENヒロシマの渡子(とのこ)健さんは沖縄・福島と結んで核をなくすために闘おうと訴え、福島市から参加した椎名千恵子さんは被曝労働拒否のストライキにこそ展望があると訴えた。婦人民主クラブ全国協議会の鶴田ひさ子事務局長は「相模原事件の責任は安倍・麻生の新自由主義政策にある。人間を返せ!」と弾劾した。
 動労千葉の繁沢敬一副委員長は「11月、東京・ソウル・全世界の共同行動を闘い資本主義を打ち倒そう」とアピール。
 韓国・テグから来日したソンソ工団労働組合のパクギホン副委員長が、「新自由主義が『地獄のような韓国』をつくり出している。静かな農村にサード配備が通知され、海岸部に核発電所が建設されている。沖縄と成田の闘いが大きな教訓だ。反戦反核は労働者が先頭に立って闘わなければならない」と力を込めた。
 8時15分、全参加者は原爆犠牲者に黙禱(もくとう)を捧げ、朝鮮戦争・核戦争阻止へ闘う決意を新たにした。全国被爆者青年同盟の壱貫田康博委員長(広島連帯ユニオン書記長)がヒロシマアピールを読み上げ、全学連の斎藤郁真委員長が「京大生への無期停学処分を撤回させる。職場・大学で進められる戦争の攻撃と闘おう」と呼びかけ、デモに出発。
 「改憲阻止! 安倍打倒! ストライキで戦争止めよう!」。デモのコールが平和公園一帯に響きわたり、式典会場内の安倍を直撃した。

Index of all entries

Home> 反原発・反核 > | 闘争記事 > 原爆ドーム前集会 核武装狙う安倍弾劾 右翼・警察の妨害うち破り

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top