Home> 安保・沖縄 > | 戦争・改憲阻止 > | 闘争記事 > 米日の朝鮮戦争阻止へ決起 広島など各地で労組先頭に

米日の朝鮮戦争阻止へ決起 広島など各地で労組先頭に

朝鮮戦争の切迫の中で、各地で戦争絶対反対の街頭宣伝とデモが闘われた。
20170420b-1.JPG広島
 15日、広島県労組交流センターと8・6ヒロシマ大行動実行委員会の呼びかけで、「シリア空爆弾劾、朝鮮戦争絶対阻止広島緊急行動」が行われました。中四国各地の仲間も含め40人の参加で原爆ドーム前での集会とデモ、街頭宣伝を打ち抜きました。
 デモ出発前の集会では、多くの平和公園・原爆ドーム訪問者、とりわけ中東や欧米などからの外国人訪問者の注目を集めました。多くの人びとが「トランプのシリア攻撃弾劾、朝鮮戦争阻止」という英語のスローガンが書かれた横断幕をカメラに収め、アメリカ人の来訪者が「すばらしい!」と叫んでともに横断幕を持ち、声を上げる場面もあり、広島から世界に訴える国際行動となりました。

 集会の基調アピールは広島連帯ユニオンの壹貫田康博書記長です。韓国・民主労総ゼネストと連帯し、米日帝国主義の朝鮮戦争を労働者のストライキで絶対に止めようと訴えました。
 続いて、青年労働者・学生がマイクを取ってアピール。広島連帯ユニオンの在日三世の組合員は、最大の戦争放火者でありながら、化学兵器を口実にあたかもそれが「人道的」であるかのように空爆を行ったトランプとそれを支持した安倍に怒りを燃やし、「国際連帯で朝鮮戦争を止めよう」と呼びかけました。動労西日本の山田和広書記長は、動労総連合が戦争を阻止するゼネストを牽引(けんいん)する決意を表明。最後に広島大学学生自治会の森田寛隆委員長が「広島の地から朝鮮戦争、新たな核戦争を絶対に許さないと声を上げていこう」と訴えてデモに出発しました。
 あらゆる勢力が現実に切迫している戦争に対して何も言えない中、「朝鮮戦争絶対阻止」「国際連帯で安倍・トランプ倒そう」「ゼネストやって社会を変えよう」のコールで戦争絶対反対派として鮮烈に登場。戦争情勢を敏感に感じ取っている地元の中学生がデモについて来るなど、沿道の圧倒的な注目に、戦争絶対反対の訴えが待ち望まれていたと感じました。
 その後の八丁堀交差点での街頭宣伝では『前進』が約400部受け取られ、朝鮮戦争絶対反対の在日朝鮮人の会の署名が、若い在日の女性などから20筆集まるなど大きな反響がありました。八丁堀交差点の福屋デパートは原爆詩人・峠三吉の詩「一九五〇年の八月六日」に出てくる「Fデパート」で、在日朝鮮人らによって朝鮮戦争反対のビラがまかれたところです。こうした反戦反核の闘いの原点をよみがえらせながら成功したのではないでしょうか。
 実際の戦争が始められようとしている中、広島そして世界の労働者・学生の戦争絶対反対の思いと歴史を引き出し、結合し、始まる前に戦争を止める闘いの一歩となりました。(広島大学学生自治会委員長・森田寛隆)

20170420b-2.jpg九州
 16日、福岡県労組交流センターをはじめ福岡の仲間たちが合同労組レイバーユニオン福岡の月例行動に合流し、JR博多駅前で「朝鮮侵略戦争反対」の宣伝戦に決起しました。
 「戦争を狙うトランプと安倍を倒そう」という訴えに「私も戦争反対だ」と署名に応じる人や、「今度は本当に戦争になるかも」と危機感を表明する人などが続出。用意したチラシや『前進』100部が次々と渡され、特に若い人たちが一番多くチラシを受け取ってくれるなど、かつてない危機感と関心の中で打ち抜かれました。また、長崎でも宣伝戦を行いました。(九州 A)

20170420b-3.JPG東海
 16日、東海合同労組は、名古屋の金山駅前で街宣を行い、『前進』を71部配布しました。受け取りはいつもよりすごく良く、戻って来て受け取る青年労働者もいました。
 東海合同労組青年部長を先頭に「米日韓労働者の国際連帯でシリア・朝鮮戦争を止めよう」「シリア・朝鮮戦争を止める力は労働者の団結、闘う労働組合の中にある」とマイクアピールを行いました。(東海合同労組執行委員長・坂野康男)

20170420b-4.jpg沖縄
 16日、沖縄労組交流センター呼びかけの街頭宣伝を北谷町美浜で行いました。約1時間で『前進』と『星野新聞』あわせて300部が配布されました。青年労働者と学生の訴えがその場の雰囲気を戦闘的に一変させ、青年・学生が次々に受け取っていきました。
     (沖縄 I)

Index of all entries

Home> 安保・沖縄 > | 戦争・改憲阻止 > | 闘争記事 > 米日の朝鮮戦争阻止へ決起 広島など各地で労組先頭に

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top