Home> 三里塚 > | 闘争記事 > 市東さん迎え労農連帯 北原さん追悼 群馬で三里塚集会

市東さん迎え労農連帯 北原さん追悼 群馬で三里塚集会

20170918-1.jpg 9月17日、台風18号の豪雨をつき、前橋総合福祉会館に三里塚反対同盟の市東孝雄さんを迎えて、「市東さんの農地を守ろう!北原鉱治さん追悼 群馬集会」が43人の参加で開催されました。
 冒頭に「三里塚闘争不屈の50年」上映の後、北原鉱治事務局長をしのんで黙とうを捧げました。 主催者を代表して、交通事故で入院中の高階ミチさんにかわって大塚正之さんが「本日は、8月9日に逝去された北原事務局長をしのんで、私たち一人ひとりが三里塚と自分との原点にたって、市東さんの農地を守る取り組みの意を固める集会としたいと思います」とあいさつ。一部・二部とあわせて30人以上が次々と発言にたちました。2日前の金曜行動で初めて出会った方など、初参加の7人を含めて、ほとんどが「高校生の時に三里塚を見に行った」「学生の時に援農に行った」と、一度は三里塚に足を運んだことがあるとのこと。三里塚闘争のもつ根源性と大衆性は、「三里塚は革命の策源地」とあらためて教えてくれました。

20170918-2.jpg 市東孝雄さんは「北原さんの葬儀には群馬から青柳晃敬和尚さんをはじめ多くの方においでいただきありがとうございました。北原さんの信念を引き継ぎ、私が負けずに闘います。私がガンッといることで敵は何もできない」「農地裁判で最高裁が反動判決を出しても農地は奪えない。NAAは裁判長からも『今、市東さんをどかすことが利益になるんですか?』と言われて、何も言えない」「第3滑走路や24時間化の核心は、『絶対反対』の反対同盟をつぶすことです。これからも信念を貫いて、原則を守って闘います。正義はわれわれにあります」と語りました。
 この間、成田空港の労働者に「労組を作ろう」「市東さんの農地を守ろう」とビラをまいている群馬合同労組も主催に加わりました。中央タクシー分会の柴崎貴博さんは、職場での勝利と群馬バスでの激闘を紹介し、「三里塚と市東さんの51年のたたかいを見習って闘います」と決意表明。
 集会の最後に清水彰二群馬合同労組委員長が「10・8三里塚現地集会、群馬合同労組の10・15デモ、11・5日比谷大結集で勝利しよう」と行動方針を提起しました。青柳晃玄さんから市東さんに、「群馬・市東さんの農地を守る会」34人の会費とカンパをお渡しして、群馬から10・8現地集会への大結集を約束しました。(群馬・市東さんの農地を守る会 田島俊昭



 

Index of all entries

Home> 三里塚 > | 闘争記事 > 市東さん迎え労農連帯 北原さん追悼 群馬で三里塚集会

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top