Home> 主張 > 戦争と労働改悪阻止の大デモを 「安倍を監獄へ」こそ人民の声だ 野党共闘や共産党では勝てない

戦争と労働改悪阻止の大デモを 「安倍を監獄へ」こそ人民の声だ 野党共闘や共産党では勝てない

20171031a-1.JPG 10・22衆院選が、議席数では与党の「圧勝」に終わったにもかかわらず、安倍政権への怒りは選挙前よりもはるかに広く、深く渦巻いている。労働者階級は安倍に「白紙委任」を与えたわけでもなければ、戦争・改憲を許したわけでも断じてない! この怒りを、11・5総決起集会と改憲阻止1万人大行進で示そう。そして自公だけでなく腐敗した野党をも打倒して、闘う労働組合と新しい労働者の党の登場をかちとろう!

戦争あおり辛うじて延命
 安倍・自公政権は総選挙を通じて「北朝鮮の脅威から日本を守れ」と絶叫し、森友・加計疑獄への追及から必死に逃げ回りながら、小選挙区制の「マジック」と野党の崩壊状態に助けられて辛くも政権を維持した。だがこの選挙結果が示すものは、「安倍首相に対する国民の信任」(自民党幹事長・二階俊博)などでは断じてない。
 今回、自民党の議席占有率は76%に達したが、有権者全体に占める自民党の絶対得票率は小選挙区で25%、比例区で17%にすぎない。投票率も53・68%と、戦後最低を記録した前回(14年)に次ぐ戦後2番目の低さだ。海外でも「安倍は選挙には勝てたが、(国民の)多数は彼に首相をやってほしくない」(ロイター通信)という報道が流れているとおり、安倍の続投を「望まない」との声は選挙後も過半数を超える。
 こうした中で、副首相兼財務省の麻生太郎は26日、自公が選挙で勝てた理由について「明らかに北朝鮮のおかげ」と発言した。Jアラート(全国瞬時警報システム)を使って「北朝鮮の脅威」を仰々しくあおり立ててきたのは、安倍政権の危機を乗り切るための「演出」だったと認めたに等しい。もはや戦争と排外主義をあおる以外に延命できないほど腐敗しきっているのが安倍政権なのだ。
 こうして選挙を逃げ切った安倍は、今秋の臨時国会の開会を見送り、首相指名選挙を行うだけの特別国会を11月1〜8日に開く意向を表明した。連休とトランプ来日で実質審議は3日間程度となり、今年の国会開会日の累計は戦後最短となる見通しだ。安倍政権は「おしゃべり小屋」としての国会すら満足に開けなくなったということだ。
 そうであれば、もはや労働者階級の側もこんな議会政治に自分たちの運命を託すわけにはいかない。全国の職場・学園を拠点に団結して闘いを開始しよう。ストライキ、デモ、実力行動で戦争を阻止し、社会を変革する闘いに踏み出そう。11・5集会と1万人大行進はその出発点だ。
小池も枝野も改憲勢力だ
 今回の選挙で明らかになったのは、安倍政権の底なしの腐敗と危機だけではない。「反安倍」を掲げて労働者民衆の安倍への怒りを取り込もうとした野党勢力の破産と裏切りもあらわになった。
 東京都知事・小池百合子率いる希望の党が大惨敗した最大の理由は、一部の民進党員を「排除」したからではない。あの「排除」発言とともに、小池が安保戦争法と改憲を推進する安倍と同類の極右ファシストでしかないことが暴かれ、それへの労働者民衆の怒りが爆発したからだ。その怒りは小池だけでなく、前原誠司ら民進党出身者に対してもたたきつけられた。
 その結果として、枝野幸男率いる立憲民主党が希望の党を上回り野党第一党となった。だが今回の選挙で斎藤いくま全学連委員長が徹底的に批判したように、枝野は「憲法に自衛隊を加筆する」という改憲私案を13年の時点で発表した根っからの改憲派であり、11年3・11福島原発事故に際して「ただちに健康に影響はない」と放射能安全論を振りまいて被曝を拡大した張本人だ。
 立憲民主党は今回、安倍政権への広範な怒りの声を一時的に取り込むことで「躍進」したが、枝野ら改憲派の正体はこれからますます明らかになり、その矛盾はさらに爆発していく。
4人に1人が共産党離反
  そして今回の選挙結果で何よりも特筆すべきなのは、日本共産党の劇的な大没落である。
 共産党は議席数で21→12と公示前を9議席も下回った。「野党共闘」路線に転換する前の14年衆院選との比較で、比例区での得票数が606万→440万と28%も激減し、実に4人に1人が共産党を見放した。
 今回、共産党は破綻寸前の「野党共闘」路線のもとで立憲民主党の太鼓持ちを担う一方、特に選挙戦の後半は「比例は共産党」のスローガンを『赤旗』などで連呼した。だがその結果は、比例区での得票が目標の850万票の約半分、小選挙区は16の「必勝区」で当選者1人と惨敗だった。
 この理由は明白だ。この間、共産党は「野党共闘」の名のもとに日米安保容認・自衛隊活用(「自衛戦争」賛成)を公然と打ち出し、天皇制も原発再稼働も容認してきた。ブルジョア政党にすり寄るために、労働者階級として絶対にゆずれない原則を投げ捨ててきたのだ。何より決定的なのは、共産党が「革命」の旗を完全に投げ捨て、国鉄闘争を先頭とする労働組合の闘いに背を向けたことだ。
 私たちは共産党の裏切りに怒るすべての労働者、青年・学生に心から訴える。今こそ共産党と決別し、新しい労働者の政党をともにつくろう。11・5労働者集会と改憲阻止1万人大行進の大成功をかちとり、全世界の労働者民衆と固く連帯して、社会を根本から変革する階級的労働運動を鮮烈に登場させよう!
写真〕「この国に革命を」と訴えて闘った衆院選(10月21日 荻窪)

Index of all entries

Home> 主張 > 戦争と労働改悪阻止の大デモを 「安倍を監獄へ」こそ人民の声だ 野党共闘や共産党では勝てない

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top