Home> 安保・沖縄 > | 戦争・改憲阻止 > | 闘争記事 > 国際連帯で戦争は止められる! 各地で10・21国際反戦デー行動 広島

国際連帯で戦争は止められる! 各地で10・21国際反戦デー行動 広島

20181025i-1.JPG 10月21日、広島大学学生自治会と改憲・戦争阻止!大行進実行委員会広島の主催する国際反戦デー集会に50人が結集し、原爆ドーム前の集会から広島市内を席捲するデモを打ちぬきました。
 13時、原爆ドーム前で10・21国際反戦デー集会を開催。司会を学生自治会委員長の森田君が務め、基調提起は、大学でともに改憲阻止を闘ってきた学生が担いました。
 基調報告では安倍改造内閣、特に麻生や片山さつきを徹底的に批判し、「生きてるのにつらい社会なんて、ナンセンス!」「現状、労働者のための政党など存在しません。資本に都合のいい政治家たちに代わる、労働者階級による運動が必要です。労働者階級だけが戦争を止められるのです!」とアピール。参加者の圧倒的な拍手、修学旅行の学生も大注目で集会も盛り上がります。

20181025i-2.JPG 基調報告後には、平和公園の管理を市から委託を受けている警備員が「のぼりを下ろせ」「市に連絡するぞ」「右翼が来たらどうするんだ」と妨害に来ましたが、広島市労働組合の福井委員長がマイクをとり「広島が反戦運動を抑圧するのは恥ずかしい。労働者が反戦反核の先頭に立とう」とアピール。教育労働者も職場で仲間を組織し、「改憲・戦争阻止!広島教職員100人声明」への賛同がすでに50人近く集まっていることを報告。婦人民主クラブ、動労西日本の発言も続きます。
 そして、いよいよデモです。原爆ドーム前から元気よくデモに出発します。「改憲発議絶対反対!」「自衛隊明記は戦争のため!」「緊急事態条項はナチスの手口だ!」と学生や女性が代わるがわるコール。デモ隊は本通りのアーケードを通り、八丁堀を通り、原爆ドーム前まで行進しました。アーケードでは圧倒的注目で若者から高齢者まで手を振り、どんどんスマホで写真・動画撮影をしていきました。
 デモ隊は再び原爆ドーム前に戻り、安倍政権の打倒、11・4労働者集会への大結集の決意を込めて団結ガンバローで締めくくりました。11・4労働者集会に1万人の結集をつくり出すために、広島からも大結集します。(広島大学学生自治会・森田寛隆)
写真広島のデモは本通りのアーケードで大きな注目を浴びた

Index of all entries

Home> 安保・沖縄 > | 戦争・改憲阻止 > | 闘争記事 > 国際連帯で戦争は止められる! 各地で10・21国際反戦デー行動 広島

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top