Home> 世界の闘い > ソウル 非正規職撤廃へ共同闘争 旭支会長ら最前線で決起

ソウル 非正規職撤廃へ共同闘争 旭支会長ら最前線で決起

20181119a-1.jpg 韓国・民主労総は、11・10全国労働者大会で11・21ゼネストを宣言した。週明けの12日から非正規職労働者が「非正規職撤廃!」を掲げムンジェイン政権との実力闘争に突入した。
 解雇撤回・原職復帰闘争を闘う旭非正規職支会、韓国GM、現代キア自動車など金属労組傘下の非正規職争議労組からの提案を受け、民主労総や全国不安定労働撤廃連帯などで構成する非正規職共同闘争団(共闘団)が5日間の共同闘争に取り組んだ。

20181119a-2.jpg 12日午後2時、金属労組や仁川空港、ソウル大学病院、韓国ジョブワールド、春川市環境事業所、学校などの非正規職労働者100人が集まり、政府ソウル庁舎前で記者会見を行った。「〝非正規職ゼロ時代〟をつくると言っていたムンジェイン大統領が、最低賃金法を改悪し、非正規職賞与金と手当てを奪った。公共部門では子会社を拡大し、労組破壊の財閥は釈放している」と弾劾し、「したがって我々は、非正規職の権利を自ら勝ち取るために共同闘争を始める」と宣言。「労働悪法撤廃」「不法派遣使用者処罰及び正規職転換」「公共部門の非正規職のまともな正規職転換」などを実現するために、ムンジェイン大統領との直接面談を要求し、デモ行進で青瓦台(大統領府)に向かった。
 青瓦台前では約500人の武装警察がデモ隊の行く手を阻み、これを突破し前に出ようとするデモ隊と衝突。午後3時30分頃、非正規職の代表者数人が前に出て、青瓦台に対して面談要求に応じろと要求したが、道は開かれず、さらなる激突となった。
 13日の検察庁前座り込みに続き、14日午後、共闘団は国会前に登場し、与党「共に民主党」のホンヨンピョ院内代表との面談を要求する記者会見に臨んだ。ホンヨンピョこそ、5月の最低賃金法改悪を主導した労働者の敵だ。
 非正規職労働者が横断幕を広げた瞬間、十数人の警備職員が横断幕を奪おうと襲いかかった。この中で現代車非正規職労働者が5㍍引きずられ負傷した。
 院内代表の不在を口実に面談を拒否する共に民主党に対し、旭支会のチャホノ支会長を始め代表者5人(韓国ジョブワールド、特殊雇用労働者、旭硝子、現代自動車、韓国GM)が阻止線の前に座り込んだ。政府与党への要求は、「派遣法廃止」「期間制法廃止」「労組法改正」などだ。
 同時刻、国会外では警察が非正規職労働者の座り込みテントを奪おうとして衝突になった。
 民主労総は14日からゼネスト前日の20日まで座り込みに入っている。金属労組は13日に「18万組合員全体がゼネストに服務することを決定」、公共運輸労組もゼネストを決議。非正規職労働者の燃え上がる怒りが、ムンジェイン政権を揺るがす民主労総の11・21ゼネストの原動力となっている。
 民主労総ゼネストと連帯し、改憲・戦争阻止、安倍政権の働き方改革粉砕へ闘いぬこう。
写真武装警察と激突する非正規職共同闘争団。旭支会のナムギウン首席副支会長も奮闘(11月12日 ソウル・青瓦台前)
    国会前で座り込むチャホノ旭支会長(右から4人目)ら(14日)

Index of all entries

Home> 世界の闘い > ソウル 非正規職撤廃へ共同闘争 旭支会長ら最前線で決起

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top