Home> 学生運動 > | 安保・沖縄 > | 戦争・改憲阻止 > | 闘争記事 > 官邸前で全学連が行動 改憲・戦争の安倍倒そう

官邸前で全学連が行動 改憲・戦争の安倍倒そう

20181217b-1.jpg 12月13日夕、全学連が呼びかけて永田町の首相官邸前で「改憲阻止! 辺野古新基地建設阻止!」の抗議行動が行われた。翌14日の土砂投入を安倍政権が公言する中、沖縄での闘いと連帯して打ち抜かれた。
 斎藤郁真前全学連委員長が基調報告で「辺野古土砂投入を許さない! 臨時国会での自民党改憲案発議は破産した。しかし危機に立つ安倍は、労働者民衆の団結を解体して改憲へ突っ走っている。2019年は決戦です。闘う労働組合と学生自治会をよみがえらせよう!」と訴えた。法政大の武田雄飛丸君、全学連三里塚現地行動隊が沖縄と連帯し闘う決意を述べた。
 改憲発議粉砕へ、来年1月末にも予定される通常国会開会日にすべての職場・キャンパスから大結集して戦争国会を包囲しよう!(全学連・A)
写真改憲阻止の先頭に立つ全学連(12月13日 東京・永田町)

Index of all entries

Home> 学生運動 > | 安保・沖縄 > | 戦争・改憲阻止 > | 闘争記事 > 官邸前で全学連が行動 改憲・戦争の安倍倒そう

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top