Home> 闘争記事 > 都革新旗開き ほらぐちともこさんが決意 若者・女性・区民と団結し改憲・戦争阻止!を闘う

都革新旗開き ほらぐちともこさんが決意 若者・女性・区民と団結し改憲・戦争阻止!を闘う

20190117d-1.JPG 1月14日の都政を革新する会の団結旗開きで、4月杉並区議会議員選挙に立候補予定のほらぐちともこさんが行った決意表明を紹介します。(編集局
 杉並区議選勝利への決意を述べたいと思います。
 私は幼い頃から、反戦運動を闘う両親に連れられ、三里塚や沖縄、広島の闘いを見て過ごしました。11歳の時に母を病気で失いました。戦争と差別を憎み、社会を変えようと訴え続けた母の生き方を引き継ぎたいと、私は2003年3月のイラク戦争開戦時、14歳で初めて自分の意思で戦争反対のデモに参加しました。
 私の原点は何よりも法政大学での学生運動、法大闘争です。08年5月に法政大学で学生運動に大きな弾圧がかけられ、2日間で38人の学生が逮捕されました。同世代の学生が逮捕や処分にも屈せず闘う姿に私は心を奪われました。19歳で法政大学に入学し、「一人の仲間も見捨てない」を合言葉に、仲間とともに、学生の自由や権利を奪う大学と闘いました。その過程で11年3・11があり、15年には戦争法反対の国会闘争にも連日参加しました。

 中学時代のイラク反戦運動から今日に至るまで戦争反対を自分の生き方として貫いてきたことが私の誇りです。その中でつかんだことは、社会を変える力は労働者民衆の団結した行動にあるということです。この教訓を生かして、杉並から改憲・戦争阻止の大行進をみなさんとともに巻き起こしていきたいと思います。
 私が挑戦したいのは、若者が政治を取り戻すこと、そして女性が声を上げられる社会をつくることです。4月の杉並区議選は、一つは改憲絶対阻止・安倍政権打倒の闘いです。二つは貧困・格差に若者・女性が声を上げる闘いです。三つに、2020年の東京オリンピックは返上以外にないと訴えたい。四つに、5月1日の天皇代替わりの「祝賀ムード」によるメーデー圧殺を許さない。五つに、小池都政の民営化・築地廃止に絶対反対で闘います。そして最後に、非正規職化や阿佐谷再開発を進める田中区政を許しません。私は区民のみなさんや全国の労働者、若者、すべての人たちと徹底的に団結して闘う政治家をめざします。
 3月1日にはセシオン杉並で改憲・戦争絶対反対の大集会を予定しています。ぜひ集まってください。そして周りの方々にぜひ、ほらぐちともこを広めてください。
 若者のボランティアも大募集しています。みんなの力と行動で杉並を、そして政治を変えましょう。
写真改憲・戦争阻止を掲げ杉並区議選・参院選必勝へ! 参加者全員が決意を新たにした(1月14日 東京・杉並区)

Index of all entries

Home> 闘争記事 > 都革新旗開き ほらぐちともこさんが決意 若者・女性・区民と団結し改憲・戦争阻止!を闘う

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top