Home> 弾圧との闘い: 2010年7月アーカイブ

弾圧との闘い: 2010年7月アーカイブ

前進社違法捜索への国家賠償請求訴訟始まる

s20100709a.jpg 7月8日、前進社本社への昨年10月23日の違法・不当な捜索に対する国家賠償請求裁判の第1回口頭弁論が東京地裁で開かれた。この国賠は、警視庁が公安条例違反をデッチあげて前進社に家宅捜索に入った際に、メディア類(パソコン等の記録媒体)1223点を含む1418点にも及ぶ捜索・押収を行ったことに対し、損害賠償に訴えたものである。前進社を代表して6人の同志が原告として決起し、違法な捜索を強行した警視庁(東京都)と令状発布した裁判官(国)を被告として提訴した。この日の口頭弁論では、原告の6同志が警視庁による違法・不当な捜索と押収の実態を法廷で怒りを込めて弾劾した。 

Home> 弾圧との闘い: 2010年7月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top