Home> 弾圧との闘い: 2011年1月アーカイブ

弾圧との闘い: 2011年1月アーカイブ

星野再審連絡会議が東京高裁に署名提出・申し入れ

s20110120a-1.jpg 1月14日、「星野さんをとり戻そう! 全国再審連絡会議」は、霞が関の裁判所前でビラまき・宣伝活動の後、東京高裁第11刑事部に対して第2次の署名提出と申し入れを行った。申し入れの内容は3点だ。「再審弁護団が請求した34点の証拠開示を検察官に命令せよ」「公判を開き、事実調べを行え」「星野文昭さんの再審開始決定を行え」である。参加した人びとは、無実の星野さんが36年もの獄中生活を強いられていることに怒りを燃やし、係官を徹底的に追求した。
 昼前、裁判所前は色鮮やかな「星野のぼり」「星野ゼッケン」で制圧された。マイクを持つ星野暁子さんらの訴えが一帯に響きわたった。ビラが配られ、星野署名が呼びかけられる。足を止めて署名に応じる人が次々に現れた。「頑張ってください」とカンパをする人、「会員になります」と約束する人もいる。 

Home> 弾圧との闘い: 2011年1月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top