Home> 弾圧との闘い: 2012年4月アーカイブ

弾圧との闘い: 2012年4月アーカイブ

非正規職撤廃の先頭で闘う、ちば合同労組・A君をついに奪還!

 不当逮捕されていたちば合同労組の青年組合員A君が、4月27日夕、釈放をかちとり、仲間に出迎えられた。奪還直後にも関わらず、千葉の仲間を中心に多くの仲間が駆けつけ奪還勝利集会がかちとられた。仲間が続々と結集する中、獄内外の闘いの健闘を讃え合った。弾圧の怒り冷めやらないA君は、「職場闘争の実践で、受けた弾圧は倍にして返す」と決意を明らかにした。A君は完全黙秘・非転向の闘いの中で、一日一日鍛え上げられ、勝利者として、よりたくましくなって仲間の元に戻ってきた。権力の弾圧は完全に墓穴となった。
 今回の弾圧の性格は鮮明だ。2000万青年労働者が、この腐った社会のあり方に対し、闘いを開始していることそのものへの弾圧だ。A君は、非正規職の現場で原則的に労働組合をつくり、偽装請負を摘発し、解雇を撤回させてきた。この闘いの渦中で分会をつくり、賃上げをかちとり、非正規職闘争の先端的闘いを前進させてきた。 

星野ビデオ国賠裁判で権力による「証拠紛失」=隠滅を徹底追及

s20120426a.jpg 4月24日午後、東京地裁民事第45部で、星野文昭同志のビデオ国賠第6回裁判が行われました。証拠のビデオテープ2巻を、裁判所が違法にも警視庁公安部に預け、警視庁公安部が「紛失」(証拠隠滅だ!)したことに対する徹底弾劾と責任追及の裁判です。
 裁判開始前の昼休み、裁判所前で、東京高裁による再審棄却弾劾と全証拠の開示を求める街宣を12人で行いました。星野暁子さんがマイクで、「星野文昭は無実です。再審の重要な証拠を『紛失』することは許せません」と怒りを全身にみなぎらせて訴えました。19日に「反原発・処分撤回」の法大デモで不当逮捕された仲間の即時釈放を求める学生8人とともに、裁判所前を弾圧粉砕の怒りの闘いで席巻しました。 

ちば合同労組・A君に対する勾留延長弾劾! 今すぐ釈放せよ!

s20120421c.jpg A君に対する勾留が延長された。絶対に許せない! 勾留延長の翌日21日、ちば合同労組をはじめとする仲間が千葉中央警察署への弾劾行動を闘った!(写真)。 「仲間を返せ!」「千葉県警を許さない!」「A君の闘いが全国に広がっている!」「A君は非正規労働者の星だ!」千葉中央署に集まった仲間が、次々と怒りのアピールを発した。千葉中央署は、前回の抗議行動を上回る警備の人数を増やしたが、門を堅く閉ざし、終始うなだれていた。A君の闘いは階級的正義に貫かれている。「弾圧は倍にして返す」と、獄内外一体となり、仲間の団結はより強化されている。完黙非転向で闘っているA君を絶対に守りぬこう! 

星野全国再審連絡会議が東京高裁に怒りのデモ

s20120421b-1.jpg 4月20日、星野文昭同志が申し立てた再審請求の棄却を許さない、東京高裁弾劾デモが行われた。
 正午、日比谷公園霞門に110人の労働者学生市民が集まり、「星野さんをとり戻そう! 全国再審連絡会議」共同代表の狩野満男さんの司会で集会が始まった。最初に、再審請求棄却に対して、怒りのシュプレヒコールがたたき付けられた。星野暁子さんが、この日午前に行われた面会・手紙国賠訴訟の第2回裁判の報告をした後、「怒りなしには読めません」と再審棄却決定を徹底的に弾劾した。 

青年労働者への不当弾圧許すな! 千葉県警徹底弾劾に決起!

s20120416b.jpg 許し難い労働運動弾圧が行われている。千葉県警は、4月12日早朝、ちば合同労組の組合員A君を「電磁的公正証書原本不実記録・同共用」をもってデッチ上げ不当逮捕した。千葉県警は、「(A君が)転居先に住む意志がないのに虚偽の住所を記した転居届を提出し、住民基本台帳に記録させた」などと、勝手に決めつけている。ふざけるな!
 このA君不当逮捕に対する労働者人民の怒りが大爆発し、4月15日には、A君が拘束されている千葉中央警察署に、ちば合同労組青年部を先頭に千葉県内や東京各地から40人が結集して、千葉県警弾劾闘争が闘われた(写真)。 

星野文昭同志への再審請求棄却を弾劾する! 怒りの総決起を!

 3月30日、東京高裁第11刑事部(若原正樹裁判長)は、星野文昭同志の第2次再審請求を棄却した。腹の底からの煮えたぎる怒りを込めて徹底的に弾劾する。
 2009年11月27日に、27点の新証拠と共に提出した第2次再審請求書と、その後の補充書(1)(2)(3)によって、星野同志の無実はこの上なく鮮明にされている。検察官による無実の星野同志に対するデッチあげは、具体的に暴露され、完膚なきまでに粉砕されている。若原裁判長は、それを百も承知で「棄却決定」を下したのだ。百パーセント不正義の、1ミリの説得力も持たない、団結破壊の新自由主義攻撃そのものである。 

Home> 弾圧との闘い: 2012年4月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top