Home> 弾圧との闘い: 2012年11月アーカイブ

弾圧との闘い: 2012年11月アーカイブ

星野再審全国集会に640人、全証拠開示大運動への総決起誓う

s20121125a-1.jpg 11月23日、東京・北区の赤羽会館で「フクシマ・オキナワの怒りと一体で獄中38年を打ち破れ!星野再審全国集会」が開かれた。1971年11月の沖縄闘争を最先頭で闘いぬいた星野文昭同志は、日帝権力の階級的報復のデッチあげ「殺人罪」弾圧と真正面から対決し、38年間の獄中闘争を徳島刑務所で闘っている。この星野同志を一日も早く奪還しようと、全国の救援会を中心に640人が集まった。各氏の発言・決意表明を通して全参加者がひとつに団結した。来年を再審開始-星野同志奪還の勝利の年とするために、全証拠開示大運動を全国に広げて闘うことを誓いあった。 

Home> 弾圧との闘い: 2012年11月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top