Home> 弾圧との闘い: 2016年10月アーカイブ

弾圧との闘い: 2016年10月アーカイブ

三里塚で記者会見開き、農地強奪の上告棄却を弾劾

s20161028a-1.jpg10月27日、三里塚芝山連合空港反対同盟は、最高裁による農地法裁判上告棄却に対して、記者会見を開いて弾劾声明を発表した。「強制執行」の脅しを伴った反動的決定を断じて許さず、市東孝雄さんの農地を実力で守り抜くことを高らかに宣言した。
 午後1時、天神峰の市東さん宅離れを会場に、マスコミ各社の記者20人が詰めかけ、反対同盟の第一声を報じるため固唾を飲んで身を乗り出す中、太郎良陽一さんの司会で会見が始まった。最初に反対同盟事務局を代表し、東峰の萩原富夫さんが「弾劾声明」を読み上げた。「最高裁第三小法廷大谷剛彦裁判長は、10月25日付『上告棄却』決定を下した。これは最高裁による強制収用宣言であり、断じて許されない暴挙である。われわれは、強制収用阻止へ断固として決起することをここに宣言する」

Home> 弾圧との闘い: 2016年10月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top