Home> 弾圧との闘い: 2017年2月アーカイブ

弾圧との闘い: 2017年2月アーカイブ

共同作業所弾圧 「詐欺」事件でっち上げを粉砕 高橋道子さんを奪還

20170226d-1.jpg 2月15日「詐欺」事件でっち上げで不当に逮捕されていた高橋道子さんを、24日午前11時、奪還・釈放を勝ち取りました。不当逮捕弾劾緊急署名はわずか数日間で全国から300筆を越え、檄文とカンパが集まりました。皆さんの数々のご支援、本当にありがとうございました。
 今回の弾圧は、横浜市内の社会福祉協議会の研修室を国鉄1047名解雇撤回闘争支援の交流会や地域の労働運動を担う労働者との会合のために利用したことを「差額をだましとった詐欺」だというものでした。警察のこうした筋書きは、高橋さんの釈放されたことによって、完全なデッチ上げであることが100%明らかになりました。弾圧に手を染めた神奈川県警公安3課を絶対に許さない。恥を知れ!

障害者作業所つぶし許すな デッチあげ逮捕に怒り拡大 髙橋道子さん釈放を! 共謀罪阻止!

20170223e-1.jpg 2月15、16日の神奈川県警公安3課による、障害者支援施設「にしおぎ館」代表・高橋道子さんデッチあげ逮捕と関連施設の不当家宅捜索(前号既報)に怒りが燃え上がっている。にしおぎ館とさまざまなつながりを持つ人たちが支援に駆けつけ、にしおぎ館では職員・仲間がいっそう団結を固め奮闘している。
 横浜や東京・杉並では弾圧粉砕の闘いが始まった。17、20、22日には神奈川労組交流センターがJR根岸線関内駅前で、19日には東京西部ユニオンや全学連などがJR中央線西荻窪駅前で街頭宣伝を行った。「デッチあげ逮捕許すな!」と訴えるビラが連日500〜600枚、通勤の労働者などに手渡され、「ひどい弾圧だ」「がんばって」と怒りの声が広がっている。横浜ではビラを読んだ労働者が「カンパを送りたい」と電話で申し出、杉並では「にしおぎ館を知っている」という男性などから総額1万3千円のカンパが寄せられた。釈放要求の署名は日々拡大している。

2・17 70人が徳島刑務所行動 面談を拒否する所長を弾劾

20170223c-1.JPG 2月17日午前、徳島刑務所に全国から70人が集まり、面会・差し入れと申し入れ行動が闘いぬかれた。
 黄色の星野ゼッケンを着けた全国の救援会を先頭に、星野文昭さんへの差し入れが始まった。わずか数十㍍先に星野さんがいる。刑務所の塀を前に実感がわいてくる。
 星野暁子さん、弟の修三さんとゆかりさんが、拍手に送られて面会に入った。その間、3人1組になっての差し入れを続けながら、駐車場では北海道から沖縄まで全国から集まった人びとが感想や報告を述べ合い、団結をいっそう固めた。

全学連弾圧 青野君を不起訴で奪還 新共謀罪を徹底粉砕しよう

20170220c-1.jpg 「青野君を取り戻したぞ!」「権力犯罪をうち破ったぞ!」――2月17日午後1時、釈放決定を受けて全国学生は歓喜に沸きました。「昨年3月の京都地裁内での公務執行妨害」をデッチあげられ、1月29日から逮捕・勾留されていた東北大学医学部・青野弘明君の奪還をかちとったのです!
 安倍政権は今通常国会で、新共謀罪(テロ等準備罪)新設を狙っています。その先取りともいえる全学連への政治弾圧を、闘う学生・労働者・市民の団結の拡大でうち砕きました。多大な支援と連帯を寄せてくださったみなさん、本当にありがとうございました!

2月19日 作業所弾圧粉砕の街宣署名 釈放要求署名80筆以上

20170220b-1.jpg 2月19日、作業所弾圧粉砕の街宣署名を、「にしおぎ館」直近の西荻窪駅北口で行いました。
15~16時半の1時間半でしたが、杉並をはじめ東京各地のユニオン、全学連、総勢22人もの参加で大ブレイク! ビラ400枚はあっという間になくなり、神奈川労組交流センター呼びかけの釈放要求署名は80筆以上。爆発的でした。
 カンパは、「にしおぎ館を知っている」という男性が1万円札を出していく(「けしば派」の人だそうです)など、総額12760円。事前にカンパの意思一致をしっかりしていたら、もっと集まっていたと思います。

神奈川県警の「詐欺」事件をでっち上げ逮捕に抗議し街宣

20170218d-1.JPG 2月17日早朝、神奈川県警が「詐欺」事件をでっち上げ、Aさんをでっち上げ逮捕した(2月15日)ことに抗議し、JR根岸線関内駅前で街宣行動を行いました。
 神奈川労組交流センターに結集する仲間を先頭に、動労神奈川、婦人民主クラブ全国協議会、さらに合同労組かながわの仲間、15名が参加し、出勤する市役所で働く労働者をはじめチラシを配布しました。用意した600枚のチラシは1時間で撒き切りました。
 参加した仲間が次々とマイクを握り訴えました。逮捕されたAさんと同じ共同作業所で働く仲間は「共同作業所で働き、生きるために活動することがどうして詐欺なんだ。許せない」「作業所で労働組合をつくって何が悪いんだ」と、また動労神奈川中村委員長は「人を人として扱わない神奈川県警、権力は許せない」と訴えました。
 こんな不当な弾圧は絶対に許せません。私たちは、Aさんを即時奪還するために全力で闘います。
 全国の闘う仲間の皆さん、即時釈放を求める署名と弾圧粉砕救援カンパへのご協力をお願いします。
以下、神奈川労組交流センターの弾劾声明です。

青野君を取り戻そう! 2・14京都市内デモ 京都府警の反戦弾圧許さない

20170216e-1.JPG 「青野君を今すぐ返せ! 反戦運動・学生運動弾圧許さないぞ!」。2月14日夜、京都の街にデモコールが響き渡りました。昨年3月14日の「京大反戦スト弾圧の勾留理由開示公判」での「公務執行妨害」をデッチあげ、東北大学・青野弘明君を1月29日に不当逮捕して2週間余り。いまだ青野君を中京警察署に勾留する京都府警と京都地裁を弾劾し、京都大学同学会と全学連は怒りのデモに立ちました。
 デモ出発前に三条大橋の下で京大生が「共産党の『赤旗』ではなく、同学会の青旗のもとに団結する私たちにこそ戦争を止める力がある!」と決意表明。京都市中心部や中京警察署前などで全国の学生が情宣活動を続けてきて京都市民はこれまでで最高の反応でした。
 (沖縄大・赤嶺知晃)

写真〕京都市民の大注目の中をデモ。京都市内に「青野君を今すぐ返せ!」と京大同学会・全学連、労働者のデモコールが響き渡った(2月14日 京都市)

京都地裁を徹底追及 勾留理由開示公判 青野君即時釈放を迫る

20170213a-1.jpg 2月9日、デッチあげの「公務執行妨害」で1月29日に仙台で不当逮捕された東北大学・青野弘明君の勾留理由開示公判が京都地裁で行われた。記者も10人以上傍聴に駆けつけた。
 大法廷は100人近い満員だ。開廷前に10日間の勾留延長が決定し怒りが充満する中、法廷に入ってきた青野君の元気な姿に傍聴席から拍手と歓声が上がった。
 裁判官・斎藤正人は、昨年3月に2015年10月の京大反戦ストを理由として不当逮捕された6学生の勾留理由開示公判において、青野君が「エレベーターホールで法廷警備員の足を1回蹴ったから、疑うに足りる」とうそぶいた。傍聴席からは「機動隊を入れたのは誰だ!」と怒りの声が飛んだ。

埼玉弾圧の3人を奪還 「白タク」デッチあげ打ち破る

20170209b-1.JPG 2月7日、「白タク営業」容疑をデッチあげられて1月18日に不当逮捕され勾留されていた3人の仲間を奪還した。
 さいたま地検は勾留期限満期の7日ぎりぎりまで「結論は出ていない」とあがいて勾留を続けたが、記者会見開始直前の午後5時に釈放を決定せざるを得なかった! 2月5日の浦和デモ230人を頂点とする、実力でもぎりとった大勝利だ!
午後5時30分から、さいたまユニオン、NAZEN埼玉が埼玉県庁内で記者会見を開き、多くのマスコミが参加した。会見では冒頭、さいたまユニオンが怒りの声明を読み上げた。また、不当弾圧に怒る埼玉の労働者・市民、婦人民主クラブ全国協の代表など支援の仲間や家族も会見場に集まり、3人の登場を今か今かと待った。3人が元気な姿を見せると、会見場は歓喜の声に沸き、待ちかねたように記者の質問が飛ぶ。終了後も記者が駆け寄り、質問と応答が続いた。
 その後、場所を移して勝利報告の小集会を行い、3人がそれぞれに「支援と団結の力で勝利した」など感謝の言葉と今後の決意を述べた。


青野君を直ちに釈放しろ 京都地裁包囲し怒りのデモ

20170209a-1.JPG 「青野君を取り戻そう! 2・7京都地裁包囲デモ」は、1月29日に不当逮捕された東北大生の青野弘明君を取り戻すために全国から学生が結集し、元気に打ち抜くことができました!
 デモ前の打ち合わせで斎藤郁真・全学連委員長は、青野君の逮捕は反戦運動・学生運動弾圧であることを明らかにし、赤嶺知晃・沖大自治会委員長は、青野君への弾圧をはね返すことが社会を変える闘いだと訴えました。
 デモ中には住民が手を振って応援してくれました。「権力許せない。(デモを受けて)今日はすっきりした」と言って1万円のカンパを寄せてくれる人も! マスコミも取材に駆けつけていました。
 京都府警・地裁が一体となった異常なまでの過剰警備態勢は、両者の結託と腐敗を満天下に示しました。連日の街宣と今回のデモで、怒りの声が高まっています。
 府警・地裁は恥を知れ! 青野君を絶対に取り戻すぞ!
(広島大・森田寛隆)

埼玉「白タク」デッチあげ弾圧 3人を返せ!県警本部へデモ

20170206a-1.JPG 2年前の反原発福島ツアーを「白タク営業」とデッチあげられ不当逮捕(1月18日)された3人の即時釈放を要求して2月5日午後、JR浦和駅前から埼玉県警本部へ怒りのデモが闘われた。レンタカーの費用を「割り勘」にしたツアーが、どうして営利目的の「白タク営業」なのか! 絶対許せない。全国で怒りの声が上がっている。デモには230人が参加し、「反原発運動つぶしを許さないぞ」「逮捕すべきは東電と国だ」「共謀罪先取りの不当逮捕だ」「すぐに3人を釈放しろ」と声をあげた。沿道では市民が大注目。多くの人がビラを受け取り、警察への怒りをともにした。参加した労働者と学生、市民は3人の仲間の即時奪還と、3・11福島行動への総決起を誓った。

写真〕不当な勾留を続ける埼玉県警本部(右後方のビル)を弾劾して県庁前を進むデモ参加者(2月5日)

婦民会館で星野常設展が始まりました! さがみはら 鈴木文子

20170202d-1.jpg 1月29日に「星野文昭暁子 絵と詩 常設展」がオープンしました。場所は相模原の婦人民主クラブ全国協の本部である婦民会館の1階です。
 去年の秋ごろから文昭さん・暁子さんの承諾を得て計画、準備してきました。このスペースにどんな方法で絵を飾ることができるか、どう片付ければいいのか、いつオープンさせるのか、宣伝のためのチラシはどうするのか、開館前の宣伝と同時にその後の常設展の宣伝のために、パンフレットも必要ではないかなど、いろいろな課題が浮かび上がりました。

Home> 弾圧との闘い: 2017年2月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top