Home> 弾圧との闘い: 2018年5月アーカイブ

弾圧との闘い: 2018年5月アーカイブ

高松で記者会見

20180514b-1.JPG 4月24日、四国地方更生保護委員会への申し入れに先立ち、香川県弁護士会館で記者会見を行いました。星野暁子さんと再審弁護団の星野さん解放の訴えを、この日の夕方、KSB瀬戸内海放送が報道しました。6・3高松集会のポスターも大きく放映されました。

「星野さん解放」は全民衆の声だ 高松 四国更生保護委に申し入れ 思いつまった要望書を提出

20180514a-1.jpg 1971年沖縄闘争を闘い、無実であるにもかかわらず43年も投獄され、30年も徳島刑務所で下獄している星野文昭さんの仮釈放の可否が、今初めて、四国地方更生保護委員会で審理されています。星野さんは今すぐに解放されて当然です。星野さんの解放を要求して、7回目となる申し入れ行動を熱く闘いました。
 「一緒に暮らす」と暁子さん請願
 4月24日、星野暁子さんと星野さんのいとこの星野誉夫さん、再審弁護団、星野全国再審連絡会議共同代表の狩野満男さん、香川・星野さんを救う会の吉田康彦さんらがそれぞれ「申入書」や「請願書」を持ち、高松市にある四国地方更生保護委員会(以下保護委と記す)へ申し入れました。
 保護委は、星野さんの下獄期間が30年になった昨年7月から1年以内に星野さんの仮釈放審理を始めることになっています。私たちは昨年7月から6回にわたり申し入れを行ってきました。今年になり、星野さんへ保護監察官が面会に行くなどの具体的動きが始まっていました。ところが、更生保護委は突然人事を全面的に一新したのです。今回対応に出てきたのは、磯久調整指導官でした。

Home> 弾圧との闘い: 2018年5月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top