Home> 弾圧との闘い: 2018年11月アーカイブ

弾圧との闘い: 2018年11月アーカイブ

星野文昭さんを自由に 高松市内を650人がパレード 更生保護委は仮釈放決定を

20181129e-2.JPG 11月25日、「沖縄闘争を闘い獄中44年 星野文昭さん絶対解放 11・25全国集会in高松」(主催・星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議)が、四国地方更生保護委員会のある高松市の香川県民ホールで開かれ、全国各地の星野救援会を先頭に650人が結集した。殺人罪の冤罪で無期懲役が確定してから31年、星野さんの仮釈放をめぐる審査が更生保護委員会で始まっている。緊迫の正念場を迎え、「星野さんを今すぐ解放せよ」の声が響き渡った。
 要望書1万4千通
20181129e-1.JPG 好天に恵まれたJR高松駅前、集会に先立つ街頭宣伝では、この日、朝日新聞東京本社版に掲載された全面意見広告が掲げられた。
 集会冒頭、消灯された舞台に光を放つ「星野さんを自由に」の文字が浮かび上がった。地元高松の教育労働者たちの見事な作品だ。
 全国再審連絡会議の共同代表・戸村裕実さんが、「更生保護委員会への星野さん仮釈放をという要望書は、1万4235通になりました。無実の星野さんの自由を奪うことの不正義、理不尽、不合理。人権、人道に反する国家のあり方を糾弾せずにはいられない」と開会あいさつ。

東洋大ビラまき弾圧を粉砕 全学連破壊断じて許さぬ 改憲阻止・共謀罪粉砕へ闘おう

20181127d-1.JPG 公安警察は、学生自治会の再建―学生運動の復権のために闘う全学連の仲間に対し、「建造物侵入」を乱発した不当な逮捕・勾留、起訴を繰り返しています。安倍政権・文科省は大学の商業化(民営化・私物化)を通じて、大学をカネで従う御用機関とし、改憲・戦争へ向けて不都合な言論を排斥する体制をつくろうとしています。この弾圧に勝ち抜けるか否かは、改憲阻止決戦の発展の成否がかかった一大攻防です。中核派はすべての労働者・学生に共に闘うことを訴えます!
 11月22日、7月に都内の東洋大学でビラをまいたことをもって「建造物侵入」だと言われ、11・4労働者集会直前に不当に逮捕された内海佑一君・作部羊平君の2同志の奪還をかちとりました! 弾圧に怒り、声を上げ、共に闘ってくれたすべての人々の勝利です。いただいた多くの支援に本当に感謝します!

関西生コン支部弾圧弾劾

 11月21日、国家権力・大阪府警は、全日本建設運輸連帯労組関西地区生コン支部への新たな弾圧を強行した。武建一委員長を再逮捕し、武洋一書記長ら4人を威力業務妨害罪で逮捕した。これは関西生コン支部が昨年12月の輸送ゼネストの一環として実施した、宇部三菱大阪港SS(セメント出荷貯蔵基地)と中央大阪生コンにおけるストライキを口実とした弾圧だ。
 11月21日付産経新聞は「武被告と3容疑者は、ほかの幹部らと共謀。昨年12月12〜13日、......ミキサー車の前に立ちふさがるなどして、業務を妨害した疑い。武被告は、当時現場にはいなかったが......一連の行為を指示した」と報じた。労働組合がストを協議したこと自体を犯罪とする、共謀罪弾圧そのものだ。
 しかし、この間の大弾圧に関西生コン支部の全組合員が完全黙秘・非転向で団結を堅持して闘い、弾圧をその根幹で粉砕している。改憲・戦争の時代の共謀罪との闘いに攻勢的に挑み、勝利している。「労働組合つぶしの大弾圧を許さない!12・8集会」(午後6時30分、大阪市立中央区民センター。主催・労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会)にすべての労働者は結集し共に闘おう。

全学連 東洋大で弾圧粉砕・改憲阻止訴え

20181122b-1.JPG 11月21日、全学連は都内の東洋大学白山キャンパス正門前および東京地裁前で、「11・4東洋大反戦ビラまき弾圧」を弾劾する情宣活動に立った。東洋大当局はサークル棟でビラを配ったことを理由に2人の学生同志を「建造物侵入」ででっち上げ逮捕させた。その一方で、逮捕に抗議する学生を監視・弾圧する公安警察には自由に学内に入構させている。大学自治の原則すら踏み破り、公安警察に直接、言論弾圧を行わせているのだ。大学として腐敗の極みだ。
 昼休み、全学連の仲間たちがキャンパスの学生に向かって東洋大の現状を訴え、弾圧粉砕と改憲阻止への決起を真剣に訴えた。高原恭平委員長は「大学、大学生はどうあるべきかが問われている」と呼びかけた。東洋大生が次々とビラを受け取り、立ち止まって耳を傾けた。
 東洋大弾圧を打ち破り、さらに京都で不当逮捕された2学生を直ちに奪還しよう。
写真高原恭平全学連委員長をはじめ首都圏の学生が東洋大生に弾圧粉砕を訴え、ビラを配布(11月21日 東洋大学前)

京大での新たな弾圧弾劾

 11月20日、京都府警は、京都大学で学生運動に取り組む全学連の学生2人を今年の4月17日に京大構内に入ったとして、2人を「建造物侵入」容疑で不当逮捕した。また同日、同じく建造物侵入罪で10月29日に起訴された京大生の高田暁典君を、新たに4月12日と5月30日の「建造物侵入」容疑で再逮捕した。
 この間の東洋大学でのビラまき弾圧でもそうであるように、「大学は当局・理事会の私有物だ」と言わんばかりに「建造物侵入」を用いた全学連への弾圧が続いている。この弾圧は一見、労働者民衆の最低限の抵抗活動すら困難に追い込む凶暴なものに見えるが、まさしくその凶暴さ、「民主主義」の建前すら放棄する横暴なものであるがゆえに労働者民衆の怒りと危機感を呼びおこし、改憲阻止決戦の発展の展望を開くものとなっている。
 全学連はこの弾圧に立ち向かい、むしろ学生自治会の再建・改憲阻止決戦へ向けた最高の宣伝に変えて闘い抜きます。
 ご支援・ご協力を訴えます! 共に闘いましょう!(全学連・S

吉中誠同志を奪還

 11月15日、1年にわたり東京拘置所に勾留されていた吉中誠同志を奪還した。吉中同志は昨年11月、東京・江戸川区の前進社本社に住所を移す住民異動届が虚偽だとされ逮捕された。
 改憲・戦争情勢下、労働者階級の団結を恐れる日帝・国家権力は、前進社に住民登録することすら罪にしようとしている。マスコミは吉中同志が大坂正明同志を支援した疑いがあるとの警察発表を垂れ流し、この弾圧を擁護した。
 裁判で明らかになったことは、警視庁公安一課が吉中同志の動向を転居前から監視し、江戸川区役所で手続きを行った当日に「事件」をでっち上げ、1年後に逮捕するまでの違法捜査の数々だ。でっち上げを隠蔽(いんぺい)するために証人の区役所職員をビデオリンク方式で尋問するなどした。しかし弾圧は日帝の危機の裏返しだ。吉中同志は完全黙秘・非転向で保釈をかちとった。
 次回公判は12月25日(東京地裁426号法廷、午後1時30分)、被告人質問だ。傍聴にかけつけよう。

無実の星野文昭さん解放を 11・25高松集会-パレードへ

44年投獄は残虐な刑罰 角田義一・元参院副議長が弾劾
20181119c-2.JPG 獄中44年、無実の星野文昭さん(徳島刑務所在監)を今こそ取り戻そう。星野さん解放へ正念場を迎えています。11月14日、香川県高松市の四国地方更生保護委員会に対する11回目の申し入れ行動が行われ、家族・弁護団を先頭に「星野さんを直ちに解放しろ」と強く申し入れました。この地平を引き継ぎ、高松市で開かれる星野さん解放11・25全国集会・パレードに大結集し、労働者民衆の力で絶対に取り戻そう。
 14日の申し入れ行動には妻・星野暁子さんといとこの誉夫さん、再審弁護団、角田義一弁護士(元参議院副議長)ら12人が参加しました。そして、①星野さんの健康状態を調査し仮釈放審理の中心にすえろ、②不当極まる懲罰を仮釈放拒否の理由にするな、③委員は家族と直接話をしろ、④請願を拒否するな――と詰め寄りました。対応した磯久隆夫調整指導官は「伝えます」と回答せざるを得ず、力関係を転換させる闘いをうちぬきました。

全学連2同志を今すぐ返せ 開示公判 東洋大ビラまき弾圧を弾劾

 公判分離の暴挙
 「東洋大反戦ビラまき弾圧」で11月4日に建造物侵入をでっち上げられ、不当逮捕・勾留されている作部羊平君(元全学連書記長)と内海佑一君(元全学連副委員長)の勾留理由開示公判が11月15日、東京地裁刑事第14部(多田裕一裁判官)で行われた。完全黙秘を貫いて不屈に闘う2人との熱い合流をかちとるべく、首都圏・全国から多くの仲間が傍聴に駆けつけた。同日、多田裁判官は2人に7日間の勾留延長を決定し接見禁止も付けた。公安警察の言うがまま逮捕状を発行し、勾留を認める裁判所を許してはならない。
 しかも、東京地裁はまったく同じ内容の「容疑」で同時に逮捕された2人の勾留理由開示公判を統一することを拒否した。裁判所そのものが共謀罪攻撃にシフトする中で起きている事態だ。団結破壊の策動に怒りを燃やし、駆けつけた仲間は2回の公判のいずれも傍聴席を埋め尽くした。

前進社への不当捜索弾劾

 11月13日午前8時過ぎ、警視庁公安部は、東京・江戸川区の前進社本社に家宅捜索を強行した。11月4日に「建造物侵入」容疑をでっち上げられ、不当逮捕された全学連の作部羊平さんと内海佑一さんの件でである。断じて許さない。
 2人は、7月に東洋大学白山キャンパス(文京区)でサークル棟にいる学生に戦争反対の行動を呼びかけるビラを配布しただけだ。第2次大戦下のドイツで反ナチスの宣伝ビラをミュンヘン大学でまいたことで5人の学生と教授が逮捕され処刑された。起きていることは同じではないか。
 全学連は直ちに緊急抗議声明を発し(前々号1面掲載)、共に弾圧を打ち破る行動に参加しようと、すべての民衆に訴えている。そして連日、霞が関での情宣に立ち上がっている。
 弾圧を知った多くの学生は心底怒っている。行動を呼びかける学生、2人を国家権力に売った東洋大当局と警視庁を弾劾するビラを自ら作りキャンパスで配布する学生も現れている。
 改憲・戦争へ突き進む以外に延命の余地のない安倍政権は、労働者人民の怒りの爆発におびえ、共謀罪にすがるしかなくなっている。しかしそれを打ち破る闘いは勢いを増している。連帯労組関西地区生コン支部は、完全黙秘・非転向を貫いて逮捕された23人中19人を奪還した。完全黙秘・非転向で闘う作部さん、内海さんと団結し、2人を直ちに奪還しよう。

吉中裁判 違法捜査もみ消し許すな ビデオリンク尋問を強行

 吉中誠同志は、前進社本社に住所を移した住民異動届が虚偽だとして電磁的公正証書原本不実記録・同供用をでっち上げられ起訴された。第4、5回公判が10月26日と11月8日に東京地裁刑事第10部(小森田恵樹裁判長)で開かれた。違法捜査を開き直った公安警察官のデタラメな証言が終わり、一般証人への尋問が行われた。
 冒頭、検事は、出井(いずい)武一証人を別室でテレビモニターを通して証言させるビデオリンク方式にするよう要求した。同証人は住民異動届の手続きを行った江戸川区役所区民課戸籍住民係の責任者だ。警視庁公安一課の岡野直人は、吉中同志が住民票を異動したその日に「たまたま」区役所を訪れ「偶然」知ったと偽証した。この証言には裁判所すら疑問を抱いている。出井証人はでっち上げの全貌を明らかにする重要な人物だ。

全学連への弾圧粉砕を

 「11・4東洋大ビラまき弾圧」への怒りが広がっている。勾留されている作部羊平君と内海佑一君の取り調べで、公安刑事は「これは前進チャンネルと全学連・高原新委員長体制への弾圧だ」と公言し、改憲阻止決戦を闘う全学連が学生・青年と結びつき発展することへの恐怖を吐露している。2学友は毅然と完全黙秘・非転向で闘っている。
 不当逮捕を弾劾する声が学友から次々と上がっている。「公安は学生運動を弾圧する一方で、日大のトップがヤクザと関わっていても何も動こうとしない」(日大生)、「この2人の逮捕の後には、数万、数十万、数百万人の逮捕や痛みが続いています」(高校生)、「党派や思想信条が異なっていても、大学内で政治的なビラを配布するだけで逮捕される社会になったら、大学内では政治的な言論が萎縮してしまう。それこそが権力の狙いなのであるから、今回の弾圧に抵抗の声を上げていきましょう」(民青同盟員)
 15日(木)の勾留理由開示公判に結集し、ただちに2学友を奪還しよう!

高槻・植木団地裁判 控訴棄却の反動判決 追い出し許さず最後まで闘う

20181101e-1.JPG 「3億円払って植木団地を明け渡せ」という昨年12月の大阪地裁の超反動判決を許さず、自主管理で植木・園芸業を続け闘われてきた控訴審の判決が大阪高裁大法廷でありました。
 高槻市が明け渡しを求めた裁判(第5民事部・藤下健裁判長)の判決は10月17日、富田園芸協同組合が高槻市による植木団地不使用決定の取り消しを求めた裁判(第2民事部・田中敦裁判長)の判決は10月26日でした。いずれも裁判長は控訴棄却を言い渡しました。傍聴に駆けつけた労働者や全国水平同盟の仲間が「ふざけるな」「ちゃんと審理したのか」と弾劾の声を上げる中、裁判官は逃げ去りました。

Home> 弾圧との闘い: 2018年11月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top