Home> 闘争記事アーカイブ

闘争記事の最近のブログ記事

国鉄決戦に勝利し改憲阻止へ 1047名解雇撤回・ダイヤ改定阻止を 関西生コン支部弾圧に反撃誓う

20190214b-1.JPG 2月10日、千葉県・市川市文化会館で「国鉄分割・民営化による不当解雇から32年 2・10国鉄集会」(主催・国鉄闘争全国運動)が開かれ、620人が結集した。全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部に対する2月5日の大弾圧への怒りと反撃の決意に燃え、改憲と「働き方改革」に対し国鉄闘争を軸に一大反撃に出る出発点を築いた。国鉄分割・民営化に次ぐ大攻撃に乗り出したJRの3月ダイヤ改定と闘い、動労総連合の組織拡大をかちとると参加者は誓い合った。
 組織拡大に全力
 集会は国鉄闘争全国運動呼びかけ人の伊藤晃さんの開会あいさつで始まった。伊藤さんは関西生コン支部への弾圧や動労総連合の不当労働行為申し立てに対する千葉県労働委員会の審査打ち切りについて「団結権への正面攻撃だ」と弾劾し、「私たちの全国での闘いが全社会に広がる改憲攻撃との闘いだ」と位置づけた。そして、非正規職労働者の怒りの先頭で天皇即位と対決し、5・1メーデーに立とうと訴えた。

星野文昭さん今すぐ解放を 沖縄闘争貫く獄中44年は正義 全国36救援会が東京で集会・パレード

20190131d-1.JPG 1月27日、「星野文昭さん今すぐ解放全国集会」 が東京・すみだリバーサイドホール(墨田区)で開かれた。北海道から沖縄まで全国36救援会を先頭に集まった720人は、「戦争反対の星野さんを取り戻す闘いが、いよいよ安倍政権の改憲と戦争を阻止する。今が星野さん解放の時だ」(狩野満男さん)と思いを一つにした。集会後、「星野さん解放の炎の声を高らかに上げよう。首都・浅草をパレードし、星野さん解放の実践を」(戸村裕実さん)と、フリー星野の黄色い旗をたなびかせてパレードに出発した。つれあいの星野暁子さんがマイクで「沖縄を闘って無実なのに獄中44年、皆さん、一緒に声を上げてください」と呼びかけた。激動の2019年、改憲・戦争阻止の闘いと相互に強め合う星野闘争が力強く始まった。

韓国テグで詩画展と講演集会 沖縄・広島で深まった日韓連帯

20190131c-1.jpg 広島連帯ユニオンは国際連帯闘争としてテグの城西(ソンソ)工団労組と2013年から交流を深めてきました。その中で昨年の8・6ヒロシマ大行動には城西工団労組、そして城西労組と関係の深い民衆行動、そしてサード(THAAD・高高度迎撃ミサイルシステム)配備に反対するソンジュ(星州)から合わせて11人の仲間が参加されました。彼らはその場で星野闘争に触れ、これはぜひテグでも取り組みを行いたいということになりました。
 その後、テグからは直ちに76筆もの要望書が届き、そして今回の詩画展と暁子さんの講演という企画に結びついたのです。今回の取り組みは民衆行動代表のイドクチェさんが代表を務める「教育空間ワ」の主催です。

2・24沖縄県民投票勝利へ 3000人が「辺野古埋め立て絶対反対」

20190131b-1.jpg 1月26日に「県民投票を成功させよう! 県民投票キックオフ集会」(主催/新基地建設反対県民投票連絡会)が沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で開催され、3千人が結集した。
 2日前の24日には、辺野古の埋め立ての賛否を問う県民投票について、選択肢を賛否の2択から「どちらでもない」を加えた「3択」にする条例改正を県議会与野党が合意。全県での県民投票が実施される展望が出てきた。

都革新旗開き ほらぐちともこさんが決意 若者・女性・区民と団結し改憲・戦争阻止!を闘う

20190117d-1.JPG 1月14日の都政を革新する会の団結旗開きで、4月杉並区議会議員選挙に立候補予定のほらぐちともこさんが行った決意表明を紹介します。(編集局
 杉並区議選勝利への決意を述べたいと思います。
 私は幼い頃から、反戦運動を闘う両親に連れられ、三里塚や沖縄、広島の闘いを見て過ごしました。11歳の時に母を病気で失いました。戦争と差別を憎み、社会を変えようと訴え続けた母の生き方を引き継ぎたいと、私は2003年3月のイラク戦争開戦時、14歳で初めて自分の意思で戦争反対のデモに参加しました。
 私の原点は何よりも法政大学での学生運動、法大闘争です。08年5月に法政大学で学生運動に大きな弾圧がかけられ、2日間で38人の学生が逮捕されました。同世代の学生が逮捕や処分にも屈せず闘う姿に私は心を奪われました。19歳で法政大学に入学し、「一人の仲間も見捨てない」を合言葉に、仲間とともに、学生の自由や権利を奪う大学と闘いました。その過程で11年3・11があり、15年には戦争法反対の国会闘争にも連日参加しました。

4月区議選の必勝を 杉並区民ら155人で新年の集い

20190117d-2.JPG 1月14日、荻窪タウンセブン(東京・杉並区)で開催された都政を革新する会の新年の集い・団結旗開きに、杉並区民をはじめ155人が参加した。
 都革新の長谷川英憲代表が主催者あいさつに立ち、「ほらぐちさん、斎藤さんという若い候補者とともに青年・学生を先頭とした新しい運動を開始しましょう」と力強く訴えた。
 続いてほらぐちさんが決意表明に立った。「杉並から改憲・戦争阻止の大行進を巻き起こしましょう」。杉並区議選必勝へのはつらつとした決意に会場がわきたち大きな拍手で応えた。

狭山・星野が一体で前進 部落解放東日本共闘会議総会 絵画展の成功が解放運動の力に

20190110c-1.JPG 12月22日、部落解放東日本共闘会議の第27回総会が東京・秋葉原の国際連帯共同行動研究所で開催され、50人が参加した。
 2018年は、殺人罪でっち上げと55年にわたり不屈に闘う石川一雄さんの狭山闘争・部落解放闘争と獄中44年の星野文昭さんの解放―再審・無罪をかちとる星野闘争が結合し、一体化して前進する年となった。
 これを鮮明にさせたのは、まず「星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議」の狩野満男共同代表の連帯のあいさつだ。狩野さんは、星野さん解放の闘いが最大の山場を迎えているとした上で、星野闘争に立ち上がった元参院議員で部落解放同盟広島県連の小森龍邦さんの尽力で、星野さんの仮釈放を求める要望書への取り組みが県連に位置づいていると語った。

「平和教育」つぶし許さない 千葉県集会 高校教員先頭に熱気あふれ

20190110a-1.jpeg 「『平和教育』つぶしを許さない!改憲と戦争への道を止める!12・16千葉県集会」が昨年12月16日、船橋市東部公民館講堂で開かれ135人の参加で大成功しました。主催は改憲・戦争阻止!大行進運動・千葉。結成から3カ月。運動が広がり、2けたの高校の教員が参加し、改憲を打ち破る教育労働者の闘いを大きくつくりだす展望をつかみました。
 最大の焦点は、沖縄修学旅行に向けての事前学習で1995年の少女暴行事件を扱った学習プリントが校長の指示で回収され、千葉県教育委員会によって細かく検閲された問題です。平和教育つぶしは改憲をめぐる具体的な激突です。

12・23東京入管包囲デモ 被収容者から歓声

20181229a-2.JPG 12月23日午後、「入管法改悪弾劾! 難民・仮放免者を収容するな! 被収容者を解放せよ!」をスローガンに東京入管包囲デモが闘いぬかれた。全国労組交流センター、合同・一般労組全国協議会、外登法・入管法と民族差別を撃つ全国実行委員会の呼びかけに品川駅近くの東八ツ山公園に100人が集まった。
 小雨降る中、デモに先立ち合同・一般労組全国協の小泉義秀事務局長が闘いの意義を訴えた。安倍政権による12月8日未明の改悪入管法強行成立を弾劾し、新たな在留資格として来年4月スタートをもくろむ「特定技能1号・2号」が、現代の奴隷制、現代の徴用工そのものであり、安倍政権の働き方改革の切っ先であること、だからこそ「改悪入管法との闘いは労働運動の課題だ。東京入管には技能実習生も収容されている。ともに闘う日本の労働者として入管包囲デモに打って出よう!」と呼びかけた。

川崎で改憲・戦争絶対阻止行動 入管法改悪・辺野古土砂投入に反撃

20181219a-1.JPG 12月15日、改憲・戦争絶対とめよう川崎集会&デモ(主催 合同労組かながわ、同川崎支部、婦人民主クラブ全国協)が県内をはじめ90人の参加で開催されました。昨年の川崎・桜本での行動が改憲・戦争阻止!大行進神奈川準備会結成へと進み、新たな陣形での取り組みとなりました。
 12月8日の入管法改悪、14日の沖縄・辺野古への土砂投入強行。労働者民衆の安倍に対する怒りが渦巻いています。この中で「入管法改悪反対・外国人技能実習制度は廃止」を掲げた集会とデモを闘ったことは決定的でした。

next archives

Home> 闘争記事アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top