Home> 闘争記事: 2010年9月アーカイブ

闘争記事: 2010年9月アーカイブ

宮城盛光議員、7期目の当選勝ちとる!

s20100913b-1.jpg 9月12日の沖縄・北中城村議会議員選挙で、宮城盛光候補が激闘の末、堂々の7期目の当選を勝ちとった(396票、14位)。
 宮城候補は、保育所民営化絶対反対・辺野古新基地建設絶対阻止を掲げて、激しい選挙戦を闘いぬいた。とくに今回の選挙戦の最大の争点が保育所の民営化問題にあり、民営化を強行する新垣村政とそれを支持する他候補との真っ向からの激突として闘われた。選挙戦は、絶対反対派としての宮城候補に、他の全候補・既成勢力が襲いかかるという構図だった。しかし、それに対して、ともに闘う仲間や家族(親戚)、労働者・住民の固い団結で跳ね返し、みごとに勝利を勝ちとった。とくに、宮城議員とともに保育所民営化絶対反対で闘ってきた保育所で働く労働者や保護者(同じ労働者だ)の支持は大きかった。 

「難民に自由を!」と叫び、9・8東京入管収容所にデモ行進

s20100910b-1.jpg 9月8日、台風のまっただ中で品川駅から東京入管収容所に対するデモが闘われました。スリランカ難民を支援する会などでつくった「難民に光を実行委員会」の呼びかけで100人に達するかという大デモが実現したのです。
 難民申請者に対する収容、再収容・再々収容の攻撃が民主党政権・千葉法務大臣のもとで激しくなっています。長期収容から仮放免された直後にまた収容されるという拷問的事態まで起きています。絶対に許せません。
 午後1時に品川に到着すると、台風にもかかわらず、すでにたくさんの難民の方々が集まっていました。一瞬止んだ雨は、デモ出発点の芝浦中央公園に移動するころから激しく降り始め、デモが港南大橋を渡るころには、橋上が5センチくらいの水流で川のようでした。 

西郡住宅-貯金差し押さえ裁判の不当判決弾劾!

s20100908a.jpg 9月3日、大阪地裁大法廷での西郡住宅裁判(貯金差し押さえ弾劾裁判)の判決に、家賃供託者を先頭に部落解放同盟全国連西郡支部、八尾北労組、八尾北命と健康を守る会、全関西・東京から闘う仲間90人が大結集した。2年間の裁判をとおして明らかになった応能応益家賃制度の破綻と闘いの正義性、事実関係の一切を踏みにじり、稲葉重子裁判長は原告9人の訴えを却下する暴挙を行った。「不当判決だ! こんな判決は絶対認めることはできない」。岡邨洋全国連西郡支部長が立ち上がり、裁判長を弾劾。原告を先頭に傍聴席の仲間たちが一斉にシュプレヒコール。被告の八尾市代理人は誰も来なかった。裁判官たちは逃げ去った。彼らの不正義は暴かれた。 

Home> 闘争記事: 2010年9月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top