Home> 闘争記事: 2012年1月アーカイブ

闘争記事: 2012年1月アーカイブ

都政を革新する会が2012年の旗びらき

s20120130a-1.jpg 都政を革新する会2012年団結旗びらきが、95人の結集で開催されました。例年にない厳しい寒さの中、旗びらきにかけつけてくださった多くの仲間のみなさんにお礼申しあげます。
 長谷川英憲代表の主催者挨拶に続いて、北島邦彦より「都政を革新する会は2012年をどう闘うか」と題した提起をしました。昨春杉並区議会議員選挙について、原発絶対反対を掲げて「政治休戦」「自粛」を撃ち破って情勢を切り開いた階級的意義をはっきりさせ、しかし議席を死守できなかった都政を革新する会の組織としての課題をしっかりと見すえることを約束しました。 

1・24国会開会日、「共謀罪」提出阻止・原発廃止を訴え

s20120125a.jpg 1月24日の国会開会日、厳戒態勢も路面凍結もなんのそので、国会前に労働者や市民、若者ら「共謀罪」阻止を掲げる仲間たちが集い、右翼と対峙しながら座り込みと昼集会を行いました。民主党野田政権が、1月4日付産経新聞に1面トップで“5月までに共謀罪新設が国際公約”とデマを扇動させ、一方で野田首相会見に対して「共謀罪は『現代の治安維持法』」との声があげられるなど焦点化。翼賛国会の下、“反対運動さえなければいつでも出せる”という煮詰まりきった状況の中で、4度目の提出阻止へ闘いの火ぶたを切って落としたのです。
 

2012年八尾北・西郡決戦へ新年団結旗開きかちとる

s20120119a.jpg 1月14日、八尾北労組・全国連西郡支部・八尾北命と健康を守る会の団結旗開きが八尾北医療センターで行われれた。青年先頭に地元、関西各地から110名が結集し、熱気あふれる旗開きとなった。
 司会が動労千葉のメッセージを読み上げたあと、連帯・共闘の挨拶が続いた。差し押さえ弾劾裁判弁護団、関西労組交流センター、婦人民主クラブ、全学連、そして道州制・民営化と闘う共闘会議から関西合同労組大阪東部支部が、八尾北・西郡決戦を自らの闘いと一体で闘う闘争宣言を発した。 

広島で革共同集会、4時間の白熱・感動の集会としてかちとられる

s20120117a-1.jpg 空前の革命情勢を迎えている2012年の冒頭、1月15日、革共同中四国政治集会が広島市東区民文化センターにおいて開催され、130名が結集した。4時間にわたる集会は最後までかつてなく白熱的、感動的にかちとられた。
 冒頭、11月集会報告ビデオが圧倒的迫力の大画面で上映され、戦闘的シュプレヒコールで集会が始まった。中四国地方委員会の労働者同志が開会のあいさつに立ち、2011年の闘いの総括を核心的に提起して本集会の獲得目標を鮮明にさせた。反戦被爆者の会の下田礼子さん、動労西日本から連帯のあいさつを受けた。 

Home> 闘争記事: 2012年1月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top