Home> 闘争記事: 2013年8月アーカイブ

闘争記事: 2013年8月アーカイブ

反原発金曜行動 「世界の人が再稼働許さない」官邸前で怒りの声

20130828a-1.jpg 8月23日午後6時から首相官邸前・国会前で恒例の反原発金曜行動が闘われた。
 汚染水問題で重大事態が次々と明らかになる一方、安倍政権の再稼働攻撃が強まることに対して危機感をもった労働者人民が全国から駆けつけ怒りの声を上げた。とりわけ全国の原発立地の住民の発言が多くなされ注目を浴びた。
 毎回参加して発言している女性は、汚染水問題と除染の破綻的現実に対して、「海も山も放射能で汚してしまった。世界の人が再稼動を絶対に許さない。私も許せない」と熱烈な訴え。 

三里塚反対同盟が判決後初の一斉行動

20130826b-1.jpg 8月25日、三里塚芝山連合空港反対同盟は、市東孝雄さんの農地裁判判決後最初の一斉行動を行った。
 反対同盟と支援連はこの日総出で、午前から夕方まで地元の下総地区、大栄地区、多古町などを、「緊急3万人署名」に応じてくれた家を中心に一軒一軒回った。そして農地裁判判決を報告するビラを手渡し、闘争への支援・激励に対するお礼と控訴審でのさらなる闘いの決意を伝えた。 

「改憲と戦争に絶対反対!」8・15集会に520人

20130819a-1.jpg 8月15日、「憲法改悪と戦争に絶対反対!8・15労働者・市民のつどい」が東京・中野ゼロ小ホールで開催され、520人が結集した。日帝・安倍政権が戦争・改憲と原発再稼働に政権自身の延命をかけて必死に突き進む中で、これと真っ向から対決し、改憲阻止・安倍打倒への堂々たる戦闘宣言を発する歴史的な集会となった。「改憲攻撃を粉砕する力は、労働者階級人民の団結した闘いだ」「階級的労働運動の前進と国際連帯の力で安倍の反動的突進を打ち砕こう」――この熱気が壇上での全発言と、会場全体にみなぎった。
 

「汚染水を止めろ!」「再稼働するな!」 首相官邸前で怒りの声が次々に

20130818a-1.jpg 「終戦記念日」の翌日となる8月16日、首相官邸・国会前、経産省前一帯に多くの労働者民衆が集まり、原発再稼働に突き進む安倍を弾劾して闘いぬいた。自民党・安倍と東京電力など電力資本への怒りは日を追うごとに激しさを増し、闘いは非妥協的に発展している。「原発やめろ!」「再稼働反対!」「輸出もするな!」。官邸前に向け、激しいコールが30分以上にわたって続いた。
 

8・9長崎集会 福島と被爆地・長崎が結び核も原発もない世界へ

20130813a-1.jpg 8月9日午後、すべての原発いますぐなくそう!全国会議ナガサキ(NAZENナガサキ)主催の「核をなくせ!原発をなくせ!フクシマの怒りとともに8・9長崎集会」が長崎県勤労福祉会館で開かれ、75人が集まった。
 冒頭、主催者あいさつでは「NAZENナガサキは去年2月の結成から1年6カ月、7月にはついに高島で福島の子どもたちを迎えて保養をやり、そしてきょう8月9日、68周年目の被爆の日に集会をやるところまで私たちの力をつけることができました」と述べた。福島と被爆地・長崎が結びついて核も原発もいらない世界をつくっていく決意を表明した。「NAZENナガサキは、この被爆地ナガサキで全世界の闘いと結びついて核廃絶と原発をなくすための運動体として頑張って大きくなりたいと思います」 

8・9長崎、安倍の式典参加を徹底弾劾する怒りの集会・デモ

20130812c-1.jpg 長崎に原爆が投下されてから68年目の8月9日、8・9安倍首相平和祈念式典出席弾劾デモが、8・6広島-8・9長崎反戦反核闘争全国統一実行委員会の主催で闘われた。再稼働と改憲に突き進む安倍、非正規職化と労組破壊の安倍に対する怒りの集会・デモとして闘われた。
 午前10時、市内の城栄公園にはNAZENナガサキ、NAZEN福岡やレイバーユニオン福岡を始めとした労働組合ののぼり、星野救援会ののぼりや、広島大学、岡山大学、京都大学の大学旗などが真夏の太陽のもと鮮やかに翻った。
 京都大学の学生の司会で集会が始まった。冒頭、福島の椎名千恵子さんが「山下俊一を追いかけて長崎まで来ました!」と8日の長崎大抗議行動に触れ、福島の現状を怒りを込めて報告した。 

九州電力長崎支社に再稼働申請撤回を申し入れ

20130812b-1.jpg 8日午後、8・6広島-8・9長崎反戦反核闘争全国実行委員会は、長崎大学抗議行動に続き、九州電力長崎支社に「玄海原発および川内原発再稼働申請を撤回せよ」との申し入れを行った。
 闘いは怒りのシュプレヒコールから始まった。「原発再稼働反対! 九州電力は原発再稼働をやめろ! 安倍政権を打倒するぞ! 福島とともに闘うぞ! 被爆者とともに闘うぞ! 川内原発を動かすな! 玄海原発を動かすな!」
 

長崎大学に山下俊一副学長解任を申し入れ

20130812a-1.jpg 被曝68周年の8・9長崎闘争は、長崎大学弾劾行動から始まった。8・6広島-8・9長崎反戦反核闘争全国実行委員会の呼びかけで8日正午、長崎大学正門前で山下俊一と長崎大学を弾劾する街頭宣伝、署名活動が始まった。「福島の子どもたちの被ばくを推進する山下俊一副学長徹底弾劾!」の横断幕が広げられ、広島大学、岡山大学、京都大学の旗も掲げられた。地元のNAZENナガサキ、NAZEN福岡を始め全国から参加した労働者、市民、学生など25人が参加した。 

「8・6ヒロシマ大行動大集会」が1250人の結集で大成功

20130809a-1.jpg 被爆68周年8・6ヒロシマ大行動実行委員会主催による「8・6ヒロシマ大行動大集会」が8月6日午後、広島県立総合体育館小アリーナにおいて1250人の結集で行われ、その後の市内デモと合わせ、大成功をおさめた。前日の「再稼働阻止・全原発廃炉 ヒロシマ世界大会」と、当日早朝から行われたヒロシマ・アピール集会―安倍首相の式典出席抗議デモの高揚感がそのまま持ち込まれ、会場は集会開始前から早くも解放感と熱気でいっぱいだ。 

8・6記念式典 怒りのコールが安倍を射抜く

s20130808b-1.jpg 8月6日早朝、「被爆68周年 8・6ヒロシマ大行動実行委員会」が呼びかけた集会とデモで、全国、全世界の怒りが安倍と中国電力にたたきつけられた。
 「安倍首相の式典出席弾劾!」「松井市長は恥を知れ!」。平和公園での記念式典で、式台に歩み寄ろうとした安倍を怒りのシュプレヒコールが射抜いた。原発の再稼働と輸出を強行しようとする安倍、「原爆と原発は別」と言い放ち、安倍を式典に引き入れた広島市長。ヒロシマとフクシマ、反核と反原発の闘いを分断し、踏みにじることなど許さない。 

7・29市東さん農地裁判判決@movie

革共同集会が画期的成功 大恐慌-大失業・戦争と対決し国鉄決戦で世界革命の道進む

20130801a-1.jpg 7月28日、東京・豊島公会堂で革共同政治集会が開催され、885人の結集で大成功を収めた。動労水戸の被曝労働拒否のストライキ闘争と参院選・山本太郎氏当選という7月決戦の2大勝利を踏まえ、ついに国家権力のスパイ荒川を摘発・打倒した革共同の歴史的到達地平を確認した。そして、今や全党をあげて国鉄10万筆署名運動と1万人『前進』読者網づくりを推進し、9・25反動判決阻止へ進撃する決意を打ち固めた。かつてない勝利感と躍動感があふれる歴史的な革共同集会となった。
 

Home> 闘争記事: 2013年8月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top