Home> 闘争記事: 2015年12月アーカイブ

闘争記事: 2015年12月アーカイブ

羽越線事故10周年弾劾抗議行動 動労総連合・新潟 JR新潟支社に怒りの声たたき付け

20151226a-1.JPG 12月23日夕方、JR新潟支社前で、動労総連合・新潟、新潟地域一般労組、国鉄闘争全国運動・新潟が、羽越線事故10周年弾劾の抗議行動に立った。星野動労総連合・新潟委員長、杉野書記長らがマイクを握り、参加者は、「JRは羽越線事故の責任取れ」「NTS(新潟鉄道サービス)は非正規職の使い捨てをやめろ」「JRは最高裁決定に従え! 採用しろ」と書かれたプラカードや旗・のぼりをもって怒りの声をJR新潟支社にたたきつけた。また、『前進』最新号を配布しながら、民主労総ゼネストとの連帯を訴えた。

改憲阻止へ大田集会 韓国の民衆総決起と連帯

20151225a-1.JPG 12月19日、東京都大田区内で「戦争絶対反対!許すな改憲!大田集会」が開かれ110人が参加した。韓国での第3次民衆総決起闘争と同日に開かれた集会は、民主労総との固い連帯を誓うとともに、7月参院選決戦の勝利を通じて日本でもゼネストを実現するという決意にあふれた。
 主催者を代表してなんぶユニオンの仲間があいさつし、東京中部ユニオンの原由美子委員長が訪韓闘争の報告をした。

西郡国賠 〝追い出しは無効だ〟 国の居直りを徹底弾劾

20151224b-1.JPG 12月18日、西郡住宅追い出しを弾劾する第3回国賠裁判を大阪地裁第16民事部(森木田邦裕裁判長)で闘った。
 前回、国に対して「一審判決で前代未聞の住宅追い出しの仮執行宣言を付けた理由を明らかにせよ」と89歳の島瀬とよ子さんを先頭に追及した。
 国は、今回出してきた準備書面で、なんと「判決の末尾に適用条文を記せば理由を述べたことになる」「 それ以上に判決理由を明らかにしろと言うこと自体が間違いだ」「判決に是正されるべき間違いが存在し、違法な行為があったとしても国に損害賠償の責任はない」と傲慢(ごうまん)に述べた。理由を明らかにすることによって裁判所に「悪意があった」ことが暴かれることを恐れ、開き直ったのだ。ふざけるな!

東京・関東に拠点を 部落解放東日本共闘が総会 階級的労働運動進め

20151224a-1.JPG到達地平に確信
 部落解放東日本共闘会議の第24回総会が12月20日、東京・文京区の全水道会館で開催され、東京・関東から60人が結集した。結成以来23年にわたる闘いの到達地平に立った、歴史的な総会としてかちとられた。
 司会の動労水戸執行委員が開会を宣言し、主催者あいさつを田中康宏議長(動労千葉委員長)が行った。
 田中議長は、東京の清掃・屠場(とじょう)職場を例に、「労働運動の最強の拠点は、同時に部落解放運動の拠点だった。労働運動と部落解放運動が一体となって歴史を動かしてきた」ことを押さえ、「その方向性を与えるのが階級的労働運動だ」と強調した。

国際連帯で戦争とめる 12・8真珠湾74周年杉並集会 山本弘行さん、西川重則さんが講演

20151211b-1.JPG 12月8日、東京都杉並区のセシオン杉並で「真珠湾74周年、記憶の継承―国際連帯の今」集会が、戦後50年を問う8・15労働者市民のつどい実行委員会の主催で行われ、30人が集まった。(写真)
 会場では11・14訪韓闘争のDVDが上映され参加者は韓国・民主労総の闘いに胸を熱くした。元杉並区議で東京西部ユニオンの北島邦彦副委員長の司会で集会が始まり、実行委員会を代表して葉山岳夫弁護士が「米韓の『作戦計画5015』と安倍政権の戦争法の施行で、来年の朝鮮戦争の開戦は十分にありうる。絶対に阻止しなければなりません」とあいさつ。

12・5福井 もんじゅ闘争に1200人 労働組合の闘いで廃炉へ

20151211a-1.JPG 12月5日、福井市内で「15もんじゅを廃炉へ!全国集会」と「高浜原発3・4号機の再稼働を本気で止める!全国集会」がジョイント形式で開催され、1200人の労働者や市民が集まった。
 前半の屋内集会で行われた「核燃料サイクルの是非を問う!」と題する対談では、原子力規制委員会が高速増殖炉「もんじゅ」の運転主体の変更勧告を日本原子力研究開発機構に突きつけたことは核燃サイクルの見直しのチャンスだと指摘された。

「市東さんの農地を守る会・江戸川」が結成集会

20151210a-1.JPG 12月6日、東京都江戸川区内で「市東さんの農地を守る会・江戸川」の結成集会が開かれ、30人が参加した。「江戸川産直の会」が中心となり、千葉県成田市天神峰の農家、市東孝雄さんの農地を守り営農を支えるために生まれた会だ。
 司会者の開会あいさつに続き、「市東さんの農地を守ろう」と題したビデオが上映された。成田空港会社による理不尽な農地取り上げ訴訟に対し、祖父の代から耕してきた農地を守って農業に励む市東さんを映像で紹介する小作品で、その素朴で飾りのない人柄と「農地死守」の不動の決意が、参加者の心に響いた。

使用不許可取り消せ 高槻市・植木団地闘争 市役所に怒りの抗議行動

20151204d-1.JPG 11月22日、植木団地労働組合と全国水平同盟高槻支部は、「植木団地追い出し絶対反対!自主管理闘争で誇り高く生き抜くぞ!1周年闘争」を、120人の結集で成功させました。そして26日には高槻市役所前で市を弾劾する抗議行動、30日には大阪地裁大法廷での植木団地裁判(不許可決定取消訴訟と明渡請求訴訟の2件を同時審理)と連続的に闘いぬきました。

橋本動労福島委員長が記念講演 NAZEN福岡結成4周年集会

20151204b-1.JPG 11月28日、福岡県農民会館で「すべての原発いますぐなくそう!全国会議(NAZEN)福岡」の結成4周年集会が42人の参加で開かれ、福島から動労福島委員長の橋本光一さんが参加し、記念講演が行われました。
 講演に先立ち、国労原告団の羽廣憲さんが登壇。「国鉄分割・民営化反対、解雇撤回の闘いと、原発反対の闘いに共通するのは、国策と対決し絶対反対を貫くこと。そのために動労千葉、動労水戸、そして動労福島に続いて、九州の地に闘う労働組合をつくっていく。解雇撤回を貫いてきた私たちと、JRの現職労働者の団結をつくり出し、青年の未来を守るために闘う」と、動労総連合建設への決意を表明しました。

Home> 闘争記事: 2015年12月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top