Home> 闘争記事: 2016年8月アーカイブ

闘争記事: 2016年8月アーカイブ

三里塚一坪共有地裁判、最終局面へ

20160830b-1.JPG 8月25日午後、千葉地裁民事第5部(鹿子木康裁判長)で、一坪共有地裁判の弁論が開かれた。この裁判は、三里塚芝山連合空港反対同盟の鈴木幸司さん(故人)、いとさん夫妻が共有権を持つ駒井野の一坪共有地について、2006年に千葉県が明け渡しを求めて起こした訴訟だ。この悪辣な土地強奪攻撃に対して反対同盟、顧問弁護団、支援の労働者・学生は一丸となって闘ってきた。10年に及ぶ裁判はこの日実質的弁論を終了し、次回に最終弁論となる。
 原告・千葉県は、「成田国際物流複合基地」なる貨物施設整備計画のために、一坪共有地を奪い、一帯を造成して成田空港会社(NAA)に売り渡すという。だがこの計画自体、「債務130億円が残る」と新聞報道されたような破綻した代物だ。

反対同盟一斉行動 第3滑走路に怒り 同盟ニュースが影響力発揮

20160825a-1.JPG 8月21日、三里塚反対同盟と支援連絡会議は、第40回の空港周辺地域一斉行動に立ち上がった。
 第3滑走路推進のための4者協議会開催が迫る中で、午前8時30分、全員が緊張した面持ちで、天神峰の市東孝雄さん宅離れに集合した。
 萩原富夫さんが最初に、「お盆明けの行動できょうは重要な一日だ。第3滑走路への批判を一層強めよう。東京高裁での農地法裁判反動判決から1年が経つ。9・7最高裁包囲デモ・署名提出行動を〝実力闘争〟として、三里塚らしい闘いをやろう」と呼びかけた。市東さんは、「うちの畑の隣の花植木センター跡地に成田市場が移転する話が具体化している。航空客だけではやっていけない成田空港が、農産物や海産物の輸出なども使って生き残りを図ろうとあがいている。そういう動きの中で、きょうもニュースを届け、本当のことを住民に知らせよう」と訴えた。

伊方原発の再稼働弾劾 「被曝労働拒否」訴えて抗議

20160818a-1.JPG核武装のための再稼働
 四国電力資本は8月12日、伊方原発3号機(愛媛県)の再稼働を強行した。3・11福島原発事故の現実を開き直り、原発再稼働を強行した四国電力と安倍政権を打倒し全原発を止めよう。
 伊方原発3号機はプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を用いるプルサーマル発電であり、まさに核武装のための再稼働である。

三里塚団結街道裁判、全証人の採用を求める

20160810a-1.JPG 8月5日、千葉地裁民事第3部(阪本勝裁判長)で団結街道裁判の弁論が開かれた。三里塚芝山連合空港反対同盟と顧問弁護団、支援の労働者・学生は、成田市による団結街道の廃道処分への怒りを新たにしてこの日の法廷に臨んだ。
 成田市は2010年6月、天神峰の市東孝雄さんが日常的に営農で使っていた市道=団結街道を、夜陰に乗じて暴力的に封鎖・廃止し、その土地を成田空港会社(NAA)に格安で売り飛ばした。市東さんは南台の畑に通うために、それまでの3倍もの道のりの「代替道路」往復を強制されている。現に営農で住民が使っている道を行政が一方的に廃道にするとは明らかに違法であり、成田空港関連でも前例のない暴挙だ! そしてこの廃道は、第3誘導路建設のために強行された。すべては市東さんを天神峰から追い出すための攻撃だ。絶対に許せない。

8・6広島 朝鮮戦争阻止・安倍内閣倒せ ヒロシマ大行動 大集会・デモに950人 日韓労働者が熱い連帯

改憲阻止・国際連帯8・14大集会へ
20160808c-1.JPG被爆71年の8月6日、広島で改憲と朝鮮戦争・核武装の安倍改造内閣打倒の闘いの火ぶたが切られ、「ゼネストと国際連帯で戦争も基地も原発もなくそう」という熱い呼びかけが発せられた。5日の動労西日本のストライキに始まり、各産別労働者集会と青年労働者集会、学生集会、6日の原爆ドーム前集会と安倍の式典参加弾劾デモ、8・6ヒロシマ大行動が高揚し、闘いは長崎へ引き継がれた。この地平から改憲阻止8・14大集会の成功をかちとり、労働法制大改悪と改憲粉砕の今秋決戦、日韓労働者が呼びかける11月東京・ソウル・全世界共同行動へ進もう。
 6日昼から広島県立総合体育館で「被爆71周年8・6ヒロシマ大行動大集会」が950人の参加で開催された。オープニングの「希望診療所」「ソリダリティ」の歌に続き、「安倍政権反対」とメッセージを書いて朝のデモに参加した中学3年生が「戦争で将来の夢を奪われたくない。私たちの力で暴走している政府を止めましょう。核をなくしましょう」と飛び入りアピール。

原爆ドーム前集会 核武装狙う安倍弾劾 右翼・警察の妨害うち破り

20160808b-1.JPG 6日早朝、広島市の平和記念公園・原爆ドーム前でヒロシマ・アピール集会(被爆71周年8・6ヒロシマ大行動実行委主催)が行われた。原爆で命を奪われた20万人もの人びと、被爆者の怒りと悔しさ、新たな戦争を絶対阻止するという決意をともにし、510人の労働者・学生が結集した。「改憲・核武装宣言の安倍を倒せ! 国際連帯で朝鮮戦争・核戦争阻止!」――これが全参加者の思いだ。
 安倍の先兵として集会を暴力的に破壊しようとうごめく右翼、警察、市当局と対決して集会は闘われた。全学連の学生たちと広島の青年労働者が次々とマイクを持ち、決意をみなぎらせて集会への参加を訴えた。機動隊は公園入り口を封鎖し、ドーム前に集まった人びとの結合を阻もうと躍起になったが、それをものともせずドーム前は闘いの熱気が満ちあふれた。

11月東京・ソウル・全世界共同行動へ 革共同集会で今秋決戦方針 天田書記長が基調報告 ゼネストと革命を訴え

20160808a-1.JPG  7月31日、東京・江戸川区総合文化センターで革共同政治集会が開催され、950人の結集で大成功をおさめた。集会は、何よりも参院選決戦が切り開いた巨大な勝利の地平を確認するとともに、今夏〜秋の闘い、とりわけ11月の東京・ソウル・全世界共同行動の歴史的成功に向けて、党の飛躍をかけて全力で挑戦する決意を打ち固め、2016年決戦後半戦への号砲を鳴らした。

7・24関空反対全国闘争 今こそ32年間の関空闘争の真価を発揮するとき! 動労水戸迎え135人で成功

20160801a-1.jpg 7月24日、大阪府泉佐野市の末広公園で「戦争反対!改憲と労組破壊の安倍打倒!関空の軍事使用反対!」関西空港反対全国集会を行いました。地元40人をはじめ135名が結集し、ビラを見た近所の婦人が「子や孫を戦争に行かせたくない、戦争だけは絶対にダメ」と参加されました。
 司会は関西新空港絶対反対泉州住民の会の小林順子さんと中山綾子さん。冒頭、「沖縄高江での工事再開強行弾劾! 安倍政権を許さないぞ! 沖縄と連帯して闘うぞ!」のシュプレヒコールで集会が始まりました。

Home> 闘争記事: 2016年8月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top