Home> 闘争記事: 2017年10月アーカイブ

闘争記事: 2017年10月アーカイブ

11・5大結集へ各地で決起 那覇 沖縄労働者集会 職場・基地に団結を

20171026f-1.JPG 10月22日、「71年沖縄ゼネストを検証する-10・22沖縄労働者集会」が那覇市で25人の結集で開催されました。国鉄闘争全国運動・沖縄が主催し、当時のゼネストを闘った基地労働者、教育労働者、全電通労働者が発言しました。
 国鉄闘争全国運動呼びかけ人で北中城村議会議員、当時全軍労の宮城盛光さんが開会のあいさつを行いました。
  当時全電通の金城幸男さんが、「71年沖縄ゼネストを検証する」と題して問題提起を行いました。金城さんは、ロシア革命ではゼネストが革命につながったことを明らかにし、ゼネストは革命の問題であることを提起し、1971年11・10ゼネストが基地労働者(全軍労)を先頭に闘い抜かれ、右翼との激突を通してゼネストへと上りつめていった様子を、当時の集会・デモの様子の写真や新聞記事、また手作りの地図などを用いて生き生きと語られました(写真)。また今日の青年労働者の置かれている現実、とりわけ非正規職の増加に対して、「当時とは違う形であっても、ゼネストは可能である」という提起がなされました。

11・5大結集へ各地で決起 名古屋 元自衛隊兵士が闘いを呼びかけ

20171026c-1.JPG 台風21号の強い雨の中、10・22東海集会in名古屋を開催しました。パククネ退陣を闘った韓国民主労総ゼネストのDVD上映で集会の雰囲気は盛り上がりました。それを受けて動労千葉訪韓団に初参加する青年が絶大な訪韓カンパを訴えました。
 11・5集会に参加する池田頼将元3等空曹(写真左)は「今ほど隊員や家族が自衛隊からのパワハラや人格否定に苦しんでいる時はありません。国賠裁判は来年が勝負です。皆さんの力を貸して下さい」と語りました。池田イラク派兵負傷の国賠訴訟弁護団の増本弁護士はパワハラ暴行などで池田さんが退職に追い込まれた経緯を明らかにした上で「その時の警務隊記録の文書提出命令を求めています。来年には公開の法廷に戻ります。支援者が詰めかければ裁判所が重要性を認識します。傍聴をお願いします」などと報告しました。

11・5大結集へ各地で決起 東京北部 地域での運動の広がりを確信

20171026b-1.jpg 10月3日、「安倍政権による戦争と改憲を許さない北部集会」が練馬区内で開かれ、45人が参加した。動労総連合の青年の司会のもと、集会冒頭、自治体労働者が「戦争と外注化・労働組合破壊が一体で進められている今、自らの闘いで未来を切り拓く時だ。私は、斎藤全学連委員長の衆院選出馬の決断とともに、若い世代に闘う労働運動を引き継ぐ決意をもって労働組合の執行委員になる」と決意を表明した。
 都庁ふくしま署名解雇者の柿沼庸子さんは「小池のどの口が『原発ゼロ』か!」と小池打倒を宣言。動労東京八潮支部が登壇して初ストライキ決行を宣言し、満場の拍手を浴た。「君が代」不起立を闘う教育労働者は、Jアラートを使った学校での戦時訓練への警鐘を乱打した。

戦争・改憲阻止!11・5へ 「この国に革命を」に2931票 団結の力で安倍倒すゼネストへ

20171023a-1.JPG 衆院選において、斎藤いくま候補は東京8区・杉並で「この国に革命を」を真っ向から掲げて2931票をかちとりました。この1票1票はまぎれもない「革命」への固い支持です。青年の代表として斎藤いくま全学連委員長に未来と希望をたくし、社会の根本的な変革を求める決起です。安倍による解散・総選挙というクーデターに対して、29歳の斎藤候補が、石原伸晃の「保守の牙城」であり党派的激突のるつぼである杉並で敢然と立ち、「革命」をすがすがしく、力強く訴えたことそのものが革命でした。安倍への怒りは衆院選直後から激しく爆発します。これから始まる1千万人の決起への歴史的な出発点がかちとられたのです。
青年・学生の心つかんだ
 斎藤いくま候補は「この国に革命を。生きる誇り、とりもどそう」と訴えて青年・学生、労働者の心をわしづかみにしました。朝鮮戦争切迫下で、戦争・改憲に絶対反対し団結の力を取り戻す革命的選挙闘争となりました。日本におけるゼネストと革命への巨大な一歩がかちとられたのです。

常磐線開通式典を粉砕 動労水戸 JR東社長を直撃

被曝を強制するな富岡駅延伸を弾劾
20171023b-1.JPG JR東日本が10月21日、福島第一原発事故以来不通になっていた竜田駅から富岡駅(福島県富岡町、福島第一原発から10㌔圏内)まで常磐線を延伸したことに対して、動労水戸はストで反撃に立ち、富岡駅で怒りの抗議行動をたたきつけた。抗議行動には動労福島、動労総連合・新潟や仙台、福島、東京からも駆けつけ、50人が雨の中、午前9時から2時間にわたりJR東日本を徹底弾劾した。
 安倍政権とJR東日本は動労水戸の4月1日の浪江闘争によって開通記念セレモニーを完全粉砕された。今回は富岡現地にJR東日本の冨田哲郎社長がのりこみ、JR社員、富岡町職員、警察権力などを動員して抗議の声を力づくで圧殺しようとした。しかし、衆院選闘争を全力で闘いながら決起した動労水戸と動労総連合、福島県民は根底から怒りを爆発させ、富岡駅前でのセレモニーを実質的に粉砕した。冨田は抗議行動で40分も駅構内に閉じ込められたのだ。

住宅闘争勝利へ集会 崇仁・東三条で闘い進む

20171019f-1.jpg  水平同盟の久原正子委員長は8月の八尾北夏祭りを頂点にした地域拠点建設の進展を報告。西郡住宅を市の直営に戻させることなどを求める住民訴訟の意義、八尾北医療センターが地域ソビエトの拠点となる位置にあることを語りました。
 高槻の仲間は植木団地追い出し絶対反対の地平が富寿栄(ふすえ)住宅の建て替え(追い出し)計画を阻止していると報告、11月23日の植木闘争3周年集会への結集を呼びかけました。
 集会は、全国水平同盟の推薦候補、斎藤いくまさんの衆院選決戦のただ中で開催されました。斎藤さんのようにストレートに追い出し・首切り反対、非正規職撤廃を訴えたら響く情勢であり、各地域で組織化していこうと確認しました。

安倍・石原伸晃打倒を この国に革命を 斉藤いくま全学連委員長を国会へ 斎藤候補を先頭に600人が阿佐谷デモ

20171016d-1.JPG20171016c-1.JPG10月10日から始まった衆院選挙。
 唯一の日曜日である10月15日午後。小雨が降る中、阿佐ヶ谷駅前から杉並区役所まで、斎藤いくま候補を先頭に600人がデモ行進した。〝この国に革命を〟と書かれたのぼりを林立させ、太鼓の音に合わせて「安倍も小池も監獄へ!」「斎藤いくまを国会へ!」と元気よくコールを響かせた。

「在日朝鮮人の会」を結成 〝朝鮮戦争 必ず止める団結を〟

20171012b-1.JPG 10月9日午後1時から、大阪市立生野区民センターで「朝鮮戦争に反対する在日朝鮮人の会」結成集会が開催され、50人が結集しました。
 まず、韓国・民主労総の6月ゼネスト闘争のDVDが上映されました。そして、司会を務める集会実行委員会の深町加代子さんの「朝鮮侵略戦争切迫情勢下での本日の集会は決定的位置を持っている」という力強い開会宣言で幕を開けました。
 続く結成宣言は、会の代表であり、春闘行動への不当弾圧と闘う関西合同労組阪神支部支部長の許用皓(ホヨンホ)さんです。

「この国に革命起こそう」 ロシア革命100年 革共同が記念集会 衆院選勝利へ斎藤委員長が訴え

 20171004b-1.jpg 10月1日、東京・北区の北とぴあで開催されたロシア革命100年記念集会は、青年・学生を先頭に21世紀革命を必ず実現しようという熱気に満ち、790人で大成功した。改憲・戦争阻止の最大の決戦として斎藤いくま全学連委員長を押し立てた衆院選決戦への号砲が打ち鳴らされた。
 冒頭にはDVD「映像でよみがえるロシア革命」が上映され、各界からの連帯アピールが続いた。ふくしま共同診療所の杉井吉彦医師、山本志都弁護士、国際連帯・共同行動沖縄代表呼びかけ人の水島満久さん、動労福島の橋本光一委員長、八尾北医療センターの末光道正医師が次々と登壇。「福島の問題は国家の問題」と断じた杉井さんをはじめそれぞれが自らの経験や闘いをふまえて、戦争を阻止し、社会を根底から変革する革命の時代が来たと訴えた。

斎藤委員長の陳述、法廷を圧倒 全学連国賠 警視庁はビデオ映像を出せ

20171005a-1.JPG 10月2日、東京地裁民事第31部(小野寺真也裁判長)で、公安警察による全学連大会襲撃事件(昨年9月)に対する国家賠償請求訴訟の第3回口頭弁論が行われました。斎藤いくま全学連委員長が意見陳述に立ち、法廷を圧倒しました。
 「公安警察が撮影したビデオカメラの映像をすべて出せ!」――これが今回の焦点でした。被告である公安警察と東京都は、事件当日の動画の存在を認めつつも、提出をかたくなに拒否しています。大会襲撃を「正当な視察活動」などと居直り、動画の提出を拒否する理由については「警視庁との兼ね合いがあるので言えない」などと逃げ回る始末。森友・加計疑獄同様、国家権力に都合の悪い証拠はすべて隠蔽(いんぺい)する。まさに国家犯罪です!

Home> 闘争記事: 2017年10月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top