Home> 闘争記事: 2018年1月アーカイブ

闘争記事: 2018年1月アーカイブ

京大から改憲へ反撃 立て看板規制・処分に怒り 京都 市内デモで市民と合流

20180129c-1.jpg 1月27日、「改憲・学生自治破壊を許さない!京都市内デモ」が京大生と全国学生の結集で闘われました。安倍政権の改憲・戦争を許さず、全国大学キャンパスから反撃をたたきつけるための本年第1波のデモです。
 厳しい寒さの中、デモ行進に先立って、三条大橋下で京大同学会主催の集会が行われました。「立て看板規制反対、学生への処分粉砕!」「学生自治破壊の改憲・戦争に怒りの声を!」と大書きした横断幕が多くの通行人の足を止め、学生から次々と意気高くアピールが発せられます。まず、同学会委員長の作部洋平君が「今日のデモは、立て看板規制撤回、学生への処分撤回を掲げています」と、京大・山極総長体制が京都市「景観条例」を口実に学生の自由な表現活動を弾圧していることを徹底弾劾。京大闘争の知名度は高く、橋の上から労働者・若者が大注目しています。

全学連先頭に国会闘争 あらゆる怒り束ねて闘うと決意

20180125i-1.JPG 1月22日昼、全学連を先頭とする学生・労働者は通常国会開会を弾劾し、改憲と労働法制改悪に突き進む安倍打倒の国会前行動を闘った。(写真
 「改憲実現の時」「働き方改革を断行する」とうそぶく安倍に対して全労働者・学生の怒りの声を束ね、職場・大学で闘いぬく決意が次々と表明された。
 斎藤郁真全学連委員長は「安倍政権は戦争を実際にやることで改憲を進めようとしている。戦争動員や大学自治破壊に対してあらゆる場所から闘おう」「憲法に書かれている労働者・学生の権利を闘いでよみがえらせ、18年改憲発議阻止を」と訴えた。動労東京の吉野元久委員長は「国鉄闘争を闘いぬいてきた力で朝鮮戦争、核戦争阻止のゼネストへ闘おう」と訴え、動労千葉の中村仁執行委員は「改憲・労働法制改悪反対の闘いの真ん中に労働組合が立つ」と宣言した。さらに自治体労働者、婦人民主クラブ全国協議会、都庁ふくしま署名解雇を許さない会などの労働者・学生がアピールを行い、改憲絶対阻止のこぶしを上げた。

戦争動員の訓練やめろ 西川重則さんを先頭に申し入れ

20180125f-1.JPG 1月17日、「とめよう戦争への道!百万人署名運動」は、22日に文京区で行われようとしている「弾道ミサイルを想定した住民避難訓練」をやめさせるために、文京区と同区職員労働組合に対して、訓練の中止と非協力を求める申し入れを行った。
 まず区長宛ての要請文を渡すため、西川重則事務局長を先頭に9人で区の広報課と危機管理課を訪ねた。
 訓練の中止を求める理由を説明した上で、なぜ文京区からなのか、どれくらい動員するのか、区の職員や地下鉄の労働者も動員しているのかなどを質問した。広報課と危機管理課の職員は、以前に都から依頼があった、あらかじめ参加協力を要請した町会と事業者だけの訓練だ、区や地下鉄の労働者も一定の動員がある、と返答した。

婦民全国協が杉並で旗開き

20180125e-1.jpg 婦人民主クラブ全国協議会の18年新春旗開きが13日、東京・杉並区内で開かれた。青・白・赤の3色旗が掲げられ、テーブルには会員持ち寄りのごちそうがいっぱいに並ぶ。
 はじめに関東ブロック代表の高木美佐子さんが「昨年1年、1月の白タク弾圧、橫浜・杉並障害者作業所弾圧から関西合同労組弾圧、大坂正明さんへの弾圧など共謀罪弾圧と婦民も真っ向から闘い勝ちぬいてきた」と確信をもって話し、18年から20年、改憲・戦争阻止に立とうと訴えた。
 乾杯に続いて華やいだ雰囲気の中、動労千葉家族会の山田佐知子会長が「今年は動労千葉も勝負の年、一緒にがんばります」と来賓あいさつ。3月ダイヤ改定では内房線、外房線の大幅廃線が狙われているが、地域住民と共に反撃が開始されている。地域と共に闘うには労働者、労働者家族として女性の力が不可欠だ。

沖縄で革共同集会開く 青年の力結集しゼネストへ

20180125b-1.JPG 1月21日、那覇市内で革共同沖縄政治集会が開催されました。(写真
 米日韓の朝鮮侵略戦争の切迫下、安倍の改憲攻撃と「働き方改革」―戦後労働法制解体をめぐる歴史的な決戦の中で闘いとられました。路線的な立脚点を鮮明に、2018年沖縄全島ゼネスト戦取に向かって戦略的配置につくことを実践的に確認する画期的な集会として大成功しました。
 主催者あいさつとして、全電通(NTT)の労働者が「労働運動の力でゼネストを切り開き、青年・学生の党として革共同沖縄県委員会を建設しよう」と訴えました。続いて連帯あいさつを、国鉄闘争全国運動の呼びかけ人で北中城村議会議員の宮城盛光さん、国鉄闘争全国運動・沖縄、全国農民会議・沖縄、沖縄万人の力で星野さんを取り戻す会、婦人民主クラブ全国協議会沖縄支部の和田邦子さんから受けました。

〝国・都・区は戦争訓練やめろ〟 文京区ミサイル避難訓練に抗議

20180125a-1.JPG 国会開会日の1月22日の朝、小雪が舞う中、国と東京都主導で、東京都内初の「弾道ミサイルを想定した住民避難訓練」が文京区役所が入る文京シビックセンター周辺と東京ドームシティなどで行われた。
 これに対して、東京労組交流センターと百万人署名運動の総勢50人が、東京ドームシティ前と文京シビックセンター前で抗議行動を展開した。
 「X国から弾道ミサイルが発射された」という想定で、地域住民や企業動員の労働者約350人が、10時から10時10分まで、都営交通・メトロの地下鉄構内や文京シビックセンター地下、礫川(れきせん)公園地下駐輪場などに避難する、というものだが、こんなものは住民の命を守るものでは全くない。安倍と小池の狙いは、「意味のない」訓練に自治体・地下鉄などの労働者と住民を動かすことで、北朝鮮脅威をあおり立て、戦争に動員するたことだ。戦中の「竹やり訓練」「防空演習」と同じだ。

佐世保闘争50年で秋山元全学連委員長が講演

20180122c-1.JPG 1月19日、1968年の原子力空母エン―プライス佐世保寄港阻止闘争から50年目のこの日、「19日佐世保市民の会」が「エンプラ闘争から50年」の集会を開催し、当時全学連委員長であった秋山勝行さんがお話をした。「19日佐世保市民の会」は、佐世保闘争のあった1968年1月の翌月の2月19日より、50年間にわたって毎月19日に佐世保闘争を継承するデモ行進を行ってきている。

都革新が団結旗開き 〝地域に根ざし改憲阻止を〟

20180122b-1.JPG 1月20日、東京・杉並区で「あらゆる力集め改憲阻止大行進を! この国に革命を! 新しい労働者の政党をつくろう! 都政を革新する会団結旗開き」が開かれました。
 「前進チャンネル」の収録が現場で行われ、この間の闘いのビデオ上映の後、西部ユニオン青年部の元気な司会で開会しました。
 冒頭に都革新代表の長谷川英憲さんが60年代以来の都革新の闘いを語り、「改憲との、地域に根ざした闘いの重要な年を迎えました。皆さんと共に闘います」と決意を表明。
 続いて都革新事務局長・東京西部ユニオン副委員長の北島邦彦さんは次のように力強く訴えました。

愛媛・松山 伊方原発廃炉へ集会 県職労が呼びかけて

20180118b-1.JPG 1月13日、愛媛県職員労働組合が呼びかける「住民も労働者も被ばくしてはいけない 伊方原発再稼働阻止 このまま廃炉に」集会と松山市内デモが行われ、80人が参加しました。
 昨年12月13日に広島高裁が伊方原発3号機の運転差し止めを命じる仮処分を決定して以来、市内デモは初めてです。私たちの闘いは、1月22日予定だった伊方原発再稼働を現実に止めるまで追い込んでいます。
 最初に愛媛県職労の宇都宮理委員長が、12・13決定とこの間の取り組みについて報告し、「労働者・住民の立場で原発に反対にする。私たちの組合は、戦争を二度としないためにつくられた組合です。原発反対に取り組めない時期もありましたが、フクシマの後は絶対に許されない。戦争反対、核兵器反対、原発反対の労働組合を青年労働者に引き継いでいきます。県民の生活と生命を守ることが県職員の使命です」と、力強く決意を述べました。

京都・舞鶴 高浜原発今すぐ止めろ 自治体労働者を軸に

20180118c-1.JPG 新しい年、2018年を切り開く闘いとして、関西全域から110人が集まり、京都府職労舞鶴支部などが呼びかける1・14反原発舞鶴行動をやりました。
 「高浜原発今すぐ止めろ! 大飯原発再稼働絶対反対! 朝鮮侵略戦争絶対反対!」を掲げて、舞鶴に登場しました。
 正午からJR東舞鶴駅前と商業施設ラポール前で関西全域から駆けつけた仲間たちの訴えが辺りに響き渡り、労働者・市民・兵士の大きな注目を集めました。用意していたビラは次々に受け取られて、あっという間になくなってしまいました。

中四国革共同集会開く ゼネストで核戦争阻むと誓い

20180118a-1.JPG 1月14日、広島市東区民文化センターで革共同中四国政治集会が開催され、102人が集まった。
 マルクス主義青年労働者同盟の同志が開会を宣言し、連帯あいさつを動労西日本の大江照己委員長、婦人民主クラブ全国協議会広島支部、中四国救援連絡センターの新川登茂宣(とものり)弁護士から受けた。
 革共同の大津幸三同志が「連合打倒しゼネスト実現する労組拠点建設を」と題し第1報告を行った。大津同志は17年決戦と中四国の拠点建設の前進を確認し、「階級的原則に立ちながら柔軟に職場、キャンパス、地域で労働者、学生と結合しよう」と課題を明らかにした。そして「改憲と労働大改悪を粉砕する階級的労働運動を全産別・職場からつくろう」と訴えた。

12・29宜野湾 米軍基地はいらない 父母と高教組・沖教組ら600人

20180111d-1.jpg 上空を米軍のCH53ヘリやオスプレイが威嚇(いかく)するかのように飛行する。12月29日、沖縄・宜野湾市役所前で、「米軍基地被害から子どもを守り、安心・安全な教育環境を求める市民大会」が600人の結集で開催され、参加者は不退転の決意を固めた。
 12月22日、県高校PTA連合会・緑ヶ丘保育園・沖教組・高教組・県退職教職員会(沖退教)・県高校障害児学校退職教職員会(高退教)の6団体が呼びかけ、1週間で43団体の賛同が集まった。
 司会の稲福京子高教組書記長の開会あいさつで始まり、大会実行委員長の仲西春雅県高校PTA連合会会長が「子どもの生命と安全を守るために強い気持ちで抗議の声を上げよう」とあいさつした。
 続いて「普天間基地の現状」として島袋純琉球大学教授が「普天間基地から飛行機を飛ばすこと自体が子どもたちが教育を受ける権利を侵害している」と指摘し、自分たちの尊厳を守るために抗議の声を上げることを呼びかけた。

京都・崇仁で住民交流会 "体を張って店と家を守る"と決意

20180111b-1.JPG 全国水平同盟崇仁・東三条支部で新たな出会いと団結が生まれている!
 昨年の12月18日、京都弁護士会館で、西郡支部や高槻支部の参加も得て、京都・崇仁での懇談会に新しく参加された住民と交流会をもちました(写真)。崇仁・東三条支部のビラをずっと読んでいて、「自分も同じ目にあっている、同じ気持ちでいる」と参加したのです。
 崇仁の改良住宅でも京都市立芸大が移転してくることを口実に突如として住宅の建て替え問題が浮上しました。市は店舗付住宅からの立ち退きを迫ってきています。住宅の建て替えは、部落の共同体を解体し家賃を高額にして追い出す、新たな更地化攻撃です。

"3億円払い出て行け" 植木団地裁判で大阪地裁が超反動判決

20180111c-1.JPG 12月13日、植木団地裁判(「植木団地使用不許可決定取消訴訟」と「植木団地明渡等請求訴訟」)の判決を迎えました。大阪地裁に、植木団地の労働者が勢ぞろいし、地域の労働組合をはじめ関西の労働者が大法廷を埋め尽くしました。三輪方大裁判長は、高槻市側の明け渡しと損害賠償請求を全面的に認める超反動判決を言い渡しました。
 激しい怒りとともに、「こんなことで負けてたまるか。地域や全国の仲間と団結して闘って未来を切り開く」と再度決意を固め、12月26日に大阪高裁に控訴しました。
 今回の判決は、まず、どんな理不尽なことも、生かすも殺すも、高槻市長の裁量だというものです。植木・園芸業を営んでいく上で植木団地がどんなに必要な場所であり、そこで先輩や仲間と協同して誇り高く働いてきた労働者の渾身(こんしん)の訴えを一顧だにしていません。

狭山再審へ高裁包囲デモ 石川一雄さんと熱く合流 全国水平同盟と東日本解放共闘

20180108b-1.JPG 12月18日、狭山第3次再審闘争勝利へ向け東京で終日行動が取り組まれた。12・16川崎―17銀座デモの高揚を継ぎ、安倍の戦争・改憲、労働大改悪阻止の18年決戦突入の号砲となった。
 「石川一雄さんは無実だ! 東京高裁は再審を行え!」。昼の霞が関にシュプレヒコールが響いた。全国水平同盟と部落解放東日本共闘会議呼びかけの今年3度目の高裁包囲デモだ。広島解放共闘もかけつけ、星野再審連絡会議、動労千葉・動労水戸も先頭に。
 東京高裁は狭山裁判の第3次再審請求から11年もたつのに事実調べすら行わない。石川さんをでっち上げで54年間も「殺人犯」にしている。この権力犯罪を許せるか。怒りに燃えるデモ隊は高裁を徹底弾劾し、厳しく冷え込む中で年内最後の高裁前アピール行動に立つ石川さんと熱く合流。団結し共に狭山闘争に勝利する決意を新たにした。

Home> 闘争記事: 2018年1月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top