Home> 闘争記事 > 国際連帯アーカイブ

国際連帯の最近のブログ記事

トランプ・安倍を直撃 朝鮮戦争反対!国境越えて団結 11・5東京 日韓米独の労働者先頭に4800人決起

20171107b-1.JPG 訪日した米大統領トランプと安倍を直撃し、11月5日、「闘う労働組合をよみがえらせよう! 国鉄闘争勝利! 戦争と民営化・労働法制解体に反対する1万人大行動」が東京・日比谷野外音楽堂で開かれ、4800人が集まった。前半を「全国労働者総決起集会」、後半を「改憲阻止!1万人大行進」として開催し、改憲阻止へ歴史的アピールを発した。集会後、銀座デモを闘った。
階級的労働運動の再生へ
 トランプ・安倍の日米首脳会談は朝鮮侵略戦争発動に向けた戦争会談だ。9条改憲と労働法制改悪攻撃、連合の崩壊・打倒情勢の真っただ中で11月労働者集会が開かれた。「闘う労働組合の全国ネットワークを」を掲げて始まった11月集会は今年で20回目を迎えた。日本の労働者階級が自らの力で階級的労働運動の再生を切り開き、戦争を阻止する闘いにうって出る歴史的出発点を築いた。パククネを打倒し新自由主義の社会の大変革へ進撃する韓国・民主労総を始め、アメリカ、ドイツの闘う労組も結集し、労働者国際連帯こそ戦争阻止の力だと示した。

国際連帯で戦争とめる! 11・4 日米韓独の労働者が集会

20171107a-1.JPG 11月4日、「改憲阻止!トランプ・安倍戦争会談粉砕!」のスローガンのもと労働者国際連帯集会が千葉市内で開かれ、300人が会場を埋めた。11・6日米首脳会談を前に、日本と韓国、アメリカ、ドイツの労働者と在日・滞日外国人労働者が一堂に会し、労働者の国際連帯で戦争を止めることを宣言する歴史的な場となった。
 オープニングに全世界の労働者の闘いが上映された後、司会の動労千葉・北嶋琢磨副委員長が開会を宣言した。港合同の木下浩平執行委員が「今日明日の闘いは戦争・改憲との闘いの出発点だ」と開会あいさつ。主催者から動労千葉・田中康宏委員長が「戦争を止めることは日本の労働者の特別な任務だ。韓国の労働者に銃を向けることは絶対できない」「労働者の権利を奪い、団結を破壊する攻撃は戦争準備とひとつだ。この攻撃を打ち砕く一つの力になるような国際連帯をつくろう」と呼びかけた。

8・5広島 戦争反対へ日韓ともにおう サード配備撤回闘争委員会・キムヒョンゲさん

20170814g-1.JPG 東アジアの戦争危機が高まっています。ソンジュの住民は去年7月16日、テレビ・ニュースでソンジュにサードが配備されることを知りました。当時のパククネ政権は、ソンジュの人びとを動物扱いしたのです。その日から今日まで、戦争反対・サード配備反対の闘いを続けてきました。
 ロウソク行動はパククネを監獄にぶち込みましたが、社会革命には至りませんでした。労働者民衆は直接民主主義に訴えましたが、野党の国会議員たちが国会でパククネ弾劾の形にして、ロウソク闘争の成果をとってしまったのです。今も韓国では、非正規職撤廃・サード配備反対、労働者の権利のための闘いを絶え間なく続けています。

7・30東京 国際連帯共同行動研究所を設立 世界革命への挑戦

20170814b-1.JPG 7月30日、東京・大田区民センターで「国際連帯共同行動研究所」設立準備委員会が主催する国際連帯集会が開かれた。「戦争・民営化と闘う労働運動をよみがえらせよう」「世界の労働者階級の国境をこえた団結=新しいインターナショナルをつくろう」の呼びかけのもとに510人が結集した。
 冒頭に「パククネ打倒後の民主労総の闘い」と題する30分のビデオが上映され、革共同の鎌田雅志さんが基調報告を行った。

7・30国際連帯集会――世界革命への新たな挑戦が始まった

20170731e-1.JPG 7月30日、東京・大田区民センターで「国際連帯共同行動研究所」設立準備委員会が主催する国際連帯集会が開かれた。「戦争・民営化と闘う労働運動をよみがえらせよう」「世界の労働者階級の国境をこえた団結=新しいインターナショナルをつくろう」の呼びかけのもとに510人が結集した。
 冒頭に「パククネ打倒後の民主労総の闘い」と題する30分のビデオが上映された。①最低賃金1万ウォン、②非正規職撤廃、③労働組合活動の権利の要求を掲げて6・30社会的ゼネストへと上りつめる韓国の闘いが大迫力で映し出され、会場の熱気を高めた。
 医療労働者と全学連の学生が司会を務め、集会が始まった。

大阪・鶴橋でデモ 韓国ゼネストに連帯し

20170706a-1.jpg 韓国・民主労総のゼネストに連帯する行動が6月30日、大阪・鶴橋で闘われました。主催は関西合同労組、外登法・入管法と民族差別を撃つ関西実行委員会、朝鮮戦争に反対する在日朝鮮人の会の3者です。
 基調報告を関西労組交流センターの村山晃代表が行い、「韓国ゼネストとひとつの闘いとして、私たちは都議選決戦に決起しています。韓国でパククネを打倒したのは、鉄道労組を中心とした民主労総の力です。労働者階級のゼネスト決起こそ、腐りきった社会をひっくり返す力です。私たちも国鉄闘争を基軸に、戦争・改憲・民営化の攻撃に対しゼネストから革命に突き進もう」と訴えました。

非正規職撤廃・基地撤去へ沖縄闘争 民主労総と共にゼネストへ 「復帰」45年集会で団結固め

20170515a-1.JPG 米日帝国主義の朝鮮侵略戦争が切迫する中、「復帰」45年の沖縄闘争が青年労働者・学生を先頭に大高揚した。13〜14日の闘争を報告します。(編集局
 5月13日、沖縄・那覇市内での国際通りデモを意気高く打ち抜いた労働者・学生は、夕方から沖縄県青年会館で「非正規職撤廃・基地撤去! 朝鮮侵略戦争を阻止しよう! 『復帰』45年5・13沖縄集会」を250人の結集でかちとった。
 全学連の学生と沖縄の郵政労働者が司会を務めた。始めに国鉄闘争全国運動・沖縄呼びかけ人で北中城村議会議員の宮城盛光さんが主催者あいさつで、「3月19日、国際連帯・共同行動沖縄の結成総会をかちとり、今日は韓国から民主労総ソウル地域本部から2人の仲間を迎えている。この団結で沖縄闘争勝利へ!」と元気にアピールした。

11月訪韓闘争の記録DVDを一挙公開!@movie

2016年11月12日、100万人が決起した韓国民衆総決起闘争に動労千葉訪韓団220名が決起した。
マスコミが決して報道しないパククネ打倒の巨万の決起の核心点を余すことなく明らかにする報告DVDを特典映像(2日目、3日目、セウォル号ダンス)もふくめて一挙公開します。(「続きを表示」で全部見れます)

韓国民衆ゼネスト連帯行動 広島 「熱い気持ちが伝わってくるデモ」

20161201d-1.jpg 11月30日、広島市では午後6時半から30人が原爆ドーム前に集まり、「韓国民衆ゼネスト連帯行動」を行った。
 午後6時40分から広島連帯ユニオンの宮原亮青年部長の司会で始まった集会では、高陽第一診療所労組の矢田三恵書記長が基調提起を行い、動労西日本の岡崎昭夫執行委員、婦人民主クラブ広島支部の大江厚子さん、広大学生自治会の森田寛隆委員長らが、パククネ打倒の韓国のゼネスト・革命に連帯し、日韓軍事情報保護協定粉砕、朝鮮戦争阻止、安倍打倒へ闘う決意を述べた。午後7時過ぎ、ソウルでの青瓦台へのデモと心を一つにして市内デモに出発した。

11・30韓国民衆ゼネスト連帯神奈川総行動 横浜・桜木町街宣、伊勢佐木モールデモ 相模原・補給廠デモ

20161201c-2.JPG 11・30韓国民衆ゼネスト連帯神奈川総行動は、<横浜行動>JR桜木町駅前街宣-横浜イセザキモール(商店街)デモを50名の結集で、<相模原行動>JR相模原駅街宣-相模補給廠デモを30名近くの参加で元気良く闘いました。
 《横浜行動》は、神奈川労組交流センターと国鉄闘争全国運動・神奈川の呼びかけで、<相模原行動>は、神奈川労組交流センター湘北ブロック・湘北合同労組・婦人民主クラブ全国協相模原支部の呼びかけで行われました。
 夕方6時からの桜木町駅前街宣ではのぼりを立ててビラをまき、仕事を終えて集まった労働者がマイクでゼネスト連帯を訴えました。韓国の闘いとひとつとなった連帯集会となりました。

next archives

Home> 闘争記事 > 国際連帯アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top