Home> 闘争記事 > 安保・沖縄アーカイブ

安保・沖縄の最近のブログ記事

〝戦争訓練をやめよ〟 東京西部ユニオン 都に申し入れ

20180205a-1.jpg 1月31日、内閣官房の主導で自衛隊、総務省消防庁、東京都、警視庁、東京消防庁、さらに新宿・渋谷・千代田の3区を動員して、「国際的スポーツイベント開催中に競技施設や繁華街で複数のテロ発生」を想定した非公開での「共同図上訓練」が行われた。
 これに先立つ1月26日、東京西部ユニオンは都庁レストラン闘争の仲間とともに、小池都知事への申し入れ行動に立ち上がった。対応に現れた総合防災部の担当課長に対し要請書を読み上げた。1・2220180205a-2.jpg20180205a-3.jpgミサイル避難訓練への抗議を表し、1・31図上訓練を中止するよう強く迫った。「北朝鮮脅威」をあおり、大軍拡、治安弾圧、憲法改悪へと進む安倍政権を弾劾し、自治体と公務員は戦争訓練実施を拒否せよと訴えた。
 「要請趣旨は分かるが国民保護法による仕事」との回答に対し、「〝国民保護〟は大嘘だ。福島原発事故に対して都と小池知事は何をやっているか。子どもたちは、避難者はどう保護されているのか!? その上反対する者をクビにしている」と突きつけると深くうなだれた。さらに、「安倍の言いなりではなく、公務員として憲法に基づいて動員を拒否するのが仕事だ」とだめ押しした。その後、都庁の労働組合にもこの要請行動を報告した。
 1月31日当日は、朝のビラまきを行い、訓練直前の昼休みには抗議の宣伝を展開した。(東京西部ユニオンY・S)

写真〕〈上〉都庁前で戦争のための訓練を弾劾。都庁や周辺に勤める労働者が注目した。
    〈下左〉申し入れ行動で担当者に要請文を手渡す。
    〈下右〉都庁1階ロビーでは迷彩服の自衛官を確認(1月31日)

横須賀 〝Jアラート訓練やめろ〟 デモ、街頭宣伝で断固抗議

20180201d-1.JPG 1月31日、神奈川県はJアラート(全国早期警報システム)発動を想定した「国民保護サイレン一斉再生訓練」を強行した。横浜市と川崎市を除く県下の全地域で一斉に「国民保護サイレン」を鳴らすものだ。自治体や学校にも避難訓練の実施が要請された。
 29日には、横須賀市など在日米軍基地がある国内4都市でミサイル弾頭が爆発したという想定での「国民保護訓練」も行われた。横須賀市の場合、「核実験およびICBM(大陸間弾道弾)発射実験を繰り返しているN国」からミサイルが発射され弾頭が爆発、自衛隊駐屯地がある横須賀市武山上空で火の玉と爆風が発生しキノコ雲ができた、などの想定で市、県、県警、自衛隊、海上保安部などが図上訓練を行った。

全学連先頭に国会闘争 あらゆる怒り束ねて闘うと決意

20180125i-1.JPG 1月22日昼、全学連を先頭とする学生・労働者は通常国会開会を弾劾し、改憲と労働法制改悪に突き進む安倍打倒の国会前行動を闘った。(写真
 「改憲実現の時」「働き方改革を断行する」とうそぶく安倍に対して全労働者・学生の怒りの声を束ね、職場・大学で闘いぬく決意が次々と表明された。
 斎藤郁真全学連委員長は「安倍政権は戦争を実際にやることで改憲を進めようとしている。戦争動員や大学自治破壊に対してあらゆる場所から闘おう」「憲法に書かれている労働者・学生の権利を闘いでよみがえらせ、18年改憲発議阻止を」と訴えた。動労東京の吉野元久委員長は「国鉄闘争を闘いぬいてきた力で朝鮮戦争、核戦争阻止のゼネストへ闘おう」と訴え、動労千葉の中村仁執行委員は「改憲・労働法制改悪反対の闘いの真ん中に労働組合が立つ」と宣言した。さらに自治体労働者、婦人民主クラブ全国協議会、都庁ふくしま署名解雇を許さない会などの労働者・学生がアピールを行い、改憲絶対阻止のこぶしを上げた。

戦争動員の訓練やめろ 西川重則さんを先頭に申し入れ

20180125f-1.JPG 1月17日、「とめよう戦争への道!百万人署名運動」は、22日に文京区で行われようとしている「弾道ミサイルを想定した住民避難訓練」をやめさせるために、文京区と同区職員労働組合に対して、訓練の中止と非協力を求める申し入れを行った。
 まず区長宛ての要請文を渡すため、西川重則事務局長を先頭に9人で区の広報課と危機管理課を訪ねた。
 訓練の中止を求める理由を説明した上で、なぜ文京区からなのか、どれくらい動員するのか、区の職員や地下鉄の労働者も動員しているのかなどを質問した。広報課と危機管理課の職員は、以前に都から依頼があった、あらかじめ参加協力を要請した町会と事業者だけの訓練だ、区や地下鉄の労働者も一定の動員がある、と返答した。

〝国・都・区は戦争訓練やめろ〟 文京区ミサイル避難訓練に抗議

20180125a-1.JPG 国会開会日の1月22日の朝、小雪が舞う中、国と東京都主導で、東京都内初の「弾道ミサイルを想定した住民避難訓練」が文京区役所が入る文京シビックセンター周辺と東京ドームシティなどで行われた。
 これに対して、東京労組交流センターと百万人署名運動の総勢50人が、東京ドームシティ前と文京シビックセンター前で抗議行動を展開した。
 「X国から弾道ミサイルが発射された」という想定で、地域住民や企業動員の労働者約350人が、10時から10時10分まで、都営交通・メトロの地下鉄構内や文京シビックセンター地下、礫川(れきせん)公園地下駐輪場などに避難する、というものだが、こんなものは住民の命を守るものでは全くない。安倍と小池の狙いは、「意味のない」訓練に自治体・地下鉄などの労働者と住民を動かすことで、北朝鮮脅威をあおり立て、戦争に動員するたことだ。戦中の「竹やり訓練」「防空演習」と同じだ。

佐世保闘争50年で秋山元全学連委員長が講演

20180122c-1.JPG 1月19日、1968年の原子力空母エン―プライス佐世保寄港阻止闘争から50年目のこの日、「19日佐世保市民の会」が「エンプラ闘争から50年」の集会を開催し、当時全学連委員長であった秋山勝行さんがお話をした。「19日佐世保市民の会」は、佐世保闘争のあった1968年1月の翌月の2月19日より、50年間にわたって毎月19日に佐世保闘争を継承するデモ行進を行ってきている。

12・29宜野湾 米軍基地はいらない 父母と高教組・沖教組ら600人

20180111d-1.jpg 上空を米軍のCH53ヘリやオスプレイが威嚇(いかく)するかのように飛行する。12月29日、沖縄・宜野湾市役所前で、「米軍基地被害から子どもを守り、安心・安全な教育環境を求める市民大会」が600人の結集で開催され、参加者は不退転の決意を固めた。
 12月22日、県高校PTA連合会・緑ヶ丘保育園・沖教組・高教組・県退職教職員会(沖退教)・県高校障害児学校退職教職員会(高退教)の6団体が呼びかけ、1週間で43団体の賛同が集まった。
 司会の稲福京子高教組書記長の開会あいさつで始まり、大会実行委員長の仲西春雅県高校PTA連合会会長が「子どもの生命と安全を守るために強い気持ちで抗議の声を上げよう」とあいさつした。
 続いて「普天間基地の現状」として島袋純琉球大学教授が「普天間基地から飛行機を飛ばすこと自体が子どもたちが教育を受ける権利を侵害している」と指摘し、自分たちの尊厳を守るために抗議の声を上げることを呼びかけた。

「日韓合意」粉砕へ川崎でデモ 国際連帯で朝鮮戦争とめる

20171218c-1.JPG 12月16日、川崎市教育文化会館(神奈川県)で「『日韓合意』2周年弾劾! 朝鮮侵略戦争阻止! ハルモニとともに川崎反戦集会」が婦人民主クラブ全国協議会の呼びかけで開催されました。集会には会場あふれる136人が結集しました。
 集会後のデモは在日の集住地域である川崎市南部の桜本地域を通って行いました。「民族・国籍・国境を越えて団結して戦争とめよう」「ハルモニ・オモニの決起とつながろう」というデモコールに、沿道から子どもたちからお年寄りまで熱い支持、連帯の声が上がりました。
 年配の在日の方が自転車で「戦争反対!」と叫んでデモ隊を追いかけてきました。しかし、許しがたいことに神奈川県警がデモへの合流を妨害しました。デモ隊は「警察は弾圧をやめろ!」と弾劾し、怒りがひとつになり彼女はデモに合流しました。

沖縄 県民集会 米軍に怒り渦巻く 『前進』に注目集まる

20171218b-1.JPG 昨年の名護市安部(あぶ)海岸へのオスプレイ墜落からちょうど1年目の12月13日に、普天間飛行場所属のCH53ヘリから重さ約8㌔の窓枠が普天間第二小学校の校庭に落下するという衝撃的な事故が起こった。窓枠が落ちた所から一番近くにいた児童までわずか10㍍、子どもたちが校庭を駆け回る休み時間開始まで10分という時だった。
 その日以来、校庭から子どもたちの姿は消えた。6日前にはこの学校から1㌔の所にある保育園の屋根に、同じ機種の部品が落下しているのが発見された。
 米日帝による朝鮮侵略戦争の切迫情勢下で、沖縄はさながら戦場の状況にたたき込まれ、沖縄県民の生活と命が脅かされ、奪われている。この現実への我慢ならない怒りが全島を覆い尽くしている。

「在日朝鮮人の会」を結成 〝朝鮮戦争 必ず止める団結を〟

20171012b-1.JPG 10月9日午後1時から、大阪市立生野区民センターで「朝鮮戦争に反対する在日朝鮮人の会」結成集会が開催され、50人が結集しました。
 まず、韓国・民主労総の6月ゼネスト闘争のDVDが上映されました。そして、司会を務める集会実行委員会の深町加代子さんの「朝鮮侵略戦争切迫情勢下での本日の集会は決定的位置を持っている」という力強い開会宣言で幕を開けました。
 続く結成宣言は、会の代表であり、春闘行動への不当弾圧と闘う関西合同労組阪神支部支部長の許用皓(ホヨンホ)さんです。

next archives

Home> 闘争記事 > 安保・沖縄アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top