Home> 闘争記事 > | 安保・沖縄 > 戦争・改憲阻止アーカイブ

戦争・改憲阻止の最近のブログ記事

共謀罪の衆院採決弾劾 国会前 全学連、闘う労組が決起

20170525a-1.JPG 「採決強行ふざけるな! 共謀罪をつぶそう! 戦争をとめよう!」――5月23日午後4時半ごろ、国会議事堂西側の議員会館前に集まった約1千人の労働者人民が衆議院本会議での「共謀罪」法案の強行採決・可決を徹底弾劾した。
 「闘いはこれからだ! 社会を動かしている労働者にしかできない行動、ゼネストでこの社会をとめ、共謀罪を粉砕しよう」。全学連の斎藤郁真委員長の訴えは、この場で初めて出会った人びとをも勇気づけ、ともに参院段階の闘いを誓い合った。都議会議員選挙に杉並区から立候補する東京西部ユニオン副委員長の北島邦彦さんは、小池知事が安倍政権と完全に一体で戦争・改憲・共謀罪を推進する立場であることを弾劾し、「新しい労働者の政党が必要だ」と呼びかけた。

米日の朝鮮戦争阻止へ決起 広島など各地で労組先頭に

朝鮮戦争の切迫の中で、各地で戦争絶対反対の街頭宣伝とデモが闘われた。
20170420b-1.JPG広島
 15日、広島県労組交流センターと8・6ヒロシマ大行動実行委員会の呼びかけで、「シリア空爆弾劾、朝鮮戦争絶対阻止広島緊急行動」が行われました。中四国各地の仲間も含め40人の参加で原爆ドーム前での集会とデモ、街頭宣伝を打ち抜きました。
 デモ出発前の集会では、多くの平和公園・原爆ドーム訪問者、とりわけ中東や欧米などからの外国人訪問者の注目を集めました。多くの人びとが「トランプのシリア攻撃弾劾、朝鮮戦争阻止」という英語のスローガンが書かれた横断幕をカメラに収め、アメリカ人の来訪者が「すばらしい!」と叫んでともに横断幕を持ち、声を上げる場面もあり、広島から世界に訴える国際行動となりました。

〝朝鮮戦争やめろ〟 横須賀など各地で一斉行動

20170417e-1.JPG 4月15日、横須賀市で神奈川労組交流センターが呼びかける「朝鮮戦争阻止!全国統一行動」が行われた。全学連や婦人民主クラブ全国協、さらに横須賀をはじめ県内から50人が集まり、戦争絶対阻止を街頭宣伝とデモで訴えた。いじめや自死が相次ぎ、極限的な状態に置かれている自衛官やその家族にも、ともに立ち上がろうと訴えた。
 午後5時半、「ストライキで戦争を止めよう」の横断幕を先頭に横須賀中央駅前から出発したデモ隊は、多くの注目を集めた。若者や外国人がスマートフォンを向け、青年たちが手を振る。

京都大 斉藤征二さんが講演 原発と戦争を止めると決意

20170417b-1.jpg 4月13日、京都大学で「原発と戦争、どう止めるか」と題して、元原発労働者の斉藤征二さんを講師に招いて講演会を開催しました。(写真)
 斉藤さんは、戦争への怒りが自分の闘いの出発点であることを強調し、原発も戦争と同様、一握りの支配者の金もうけのために多くの人びとの命と生活を犠牲にするシステムであることを明らかにしました。
 講演の後、新入生や市民の方など、多くの参加者から質問や意見が出され、活発な質疑応答が行われました。中国からの留学生は、日本で中国に対する排外主義があおられている現状を涙ながらに訴え、「戦争をつくりだす一切の原因は安倍政権にある」と訴える斉藤さんの講演への感動を語りました。
 最後に、京大同学会の作部羊平委員長がまとめを行い、京大に巣食う原発御用学者との闘いを契機に同学会が再建されたこと、そしてこれまでの地平を発展させ軍学共同研究絶対反対の全学ストにむけて闘う決意を語って全体を締めくくりました。(京都大学・S)

北富士 沖縄県道104号越え実弾訓練移転演習に抗議

20161128a-1.JPG とめよう戦争への道! 百万人署名運動・山梨連絡会、同・郡内地区連絡会、山梨合同労働組合の3団体は11月22日、この日から12月2日までの日程でおこなわれる北富士演習場での沖縄県道104号越え実弾射撃訓練の移転演習に抗議し、北富士演習場正門前で申し入れをおこなった。
 午前8時に北富士演習場正門前へ集まった3団体は、最初に朝鮮戦争のための演習を強行する米海兵隊と自衛隊に抗議のシュプレヒコール。その後、3団体はそれぞれの申入書を読み上げ、南関東防衛施設局の担当者に手渡した。

10・21朝鮮戦争阻止!全国で行動 広島 日米共同演習直ちに中止を

20161024c-1.JPG 8・6ヒロシマ大行動実行委員会の呼びかけで「10・21国際反戦デー・ヒロシマ行動」が行われ、勤務を終えた労働者や市民ら35人が原爆ドーム前に集まり集会・デモを行った。
 午後6時半、「日米共同演習中止せよ! 朝鮮戦争阻止・韓国ゼネスト連帯」の横断幕を広げ集会を開始。広島連帯ユニオンの壹貫田康博書記長が「国際連帯とゼネストで始まる前に朝鮮戦争を止めよう」と開会あいさつ。8・6実行委共同代表の大江照己・動労西日本委員長が10・21ヒロシマ・アピールを発し、朝鮮戦争絶対反対を掲げて国際反戦デーを闘い、民主労総と動労千葉が呼びかける11月国際共同行動への大結集を訴えた。

10・21朝鮮戦争阻止!全国で行動 東京・渋谷 職場から闘い11・6集会へ

20161024b-1.JPG 東京では「韓国ゼネスト連帯!朝鮮戦争阻止!11・6日比谷へ」を掲げ、150人が渋谷区の代々木公園ケヤキ並木通りで集会を行い、渋谷駅前を通るデモを打ち抜いた。
 冒頭、トラックの荷台に設置された巨大スクリーンに、民主労総第2次ゼネストの闘いが上映された。民主労総の歴史的決起に誰もが心を突き動かされる中で、集会は始まった。

10・21朝鮮戦争阻止!全国で行動 京都 処分撤回求め京大学内デモ

20161024a-1.JPG 「韓国で闘う学生のように、ベトナム反戦闘争を闘った当時の学生運動のように、本気で世界を変える闘いをやろう!」(集会基調より)。京大同学会中執と全学連が呼びかけた「10・21国際反戦デー闘争in京都」は、韓国ゼネストと連帯し、学生の自己解放的な怒りと行動で戦争・改憲をうち破る闘いとして成功した。
 当日昼の京大キャンパス集会&デモは大高揚した。本部時計台前には4学生処分撤回ののぼり旗と「バリスト1周年/戦争阻止! 処分撤回!」と書かれた看板がいくつも並び、太鼓とブブゼラが鳴り響く。解放的雰囲気の中、集会開始が宣言された。

京大同学会の呼びかけで、京都でサミット粉砕デモ

s20160526f.JPG「サミット粉砕! 安倍を倒せ!」――サミット厳戒態勢を突き破る50人の明るく解放的なデモが、京都の繁華街を席巻した。
 5月25日、京都大学同学会中央執行委員会の呼びかけで、「サミット粉砕!京都デモ」が闘われた。同学会中執は今年2〜3月の反戦バリスト弾圧を粉砕し、労働者人民の先頭で闘いを呼びかけた。今回のサミット粉砕デモは、6月3日まで京都大学キャンパスで行われる同学会執行部選挙のただ中で行われた。
 夕暮れ時の午後7時から三条河原で始まった集会には、京都大学の闘う学生たちと全学連、仕事を終えた労働者が続々と駆けつけた。

「日韓合意無効!」叫ぶ韓国での闘いに、東京・杉並と川崎で連帯行動

s20160303f-1.JPG3・1独立記念日97周年を迎えた3月1日、韓国全土24都市で「韓日日本軍『慰安婦』合意無効・全国行動の日」が取り組まれた。ソウルでも1500人が「ハルモニたちの願いは、戦争のない世の中です」の横断幕を掲げ、集会・デモ行進が闘われた。
 年末から62日間、ソウルの日本大使館前で「平和の少女像」を守ってきた学生たちが闘いを牽引し、民主労総のチェジョンジン委員長職務代行も最前列で参加した。3月7日から始まる米韓軍事演習を目前に控え、朝鮮半島での戦争切迫情勢に対し、労働者・学生・市民が戦争絶対阻止へと動きだしているのだ。
 この韓国全土での闘いに呼応し、東京都杉並区と神奈川県川崎市で連帯行動が取り組まれた。

next archives

Home> 闘争記事 > | 安保・沖縄 > 戦争・改憲阻止アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top