Home> 闘争記事 > 三里塚: 2011年2月アーカイブ

三里塚: 2011年2月アーカイブ

市東さん農地裁判でNAAが窮地! 土地特定の破産認める

s20110223b-1.jpg 2月22日、千葉地裁で三里塚芝山連合空港反対同盟・市東孝雄さんの二つの農地裁判の口頭弁論が連続して開かれた。土地特定での誤りを反対同盟側から徹底的に追及され窮地に陥った成田空港会社(NAA)は2月15日、焦点の土地「南台41―9」について、「訴えの一部取り下げ」なる書面を提出した。NAAは「地主」の顔をして市東さんに「賃貸借契約は終わりだ。明け渡せ」と訴訟を起こしておきながら、市東家がここを耕作したことがない動かぬ事実を突きつけられ、ついに己の破産を渋々認め、この土地についてだけ訴訟を取り下げるという奇策に出たのだ。開廷を前にこの事実を知らされると、人びとの怒りは倍加した。 

市東さん先頭に、「切り回し道路」への切り替えを徹底弾劾!

s20110214a-1.jpg 2月14日、成田空港会社(NAA)は天神峰の市東孝雄さん宅の目の前の「切り回し道路」への切り替えを強行した。三里塚芝山連合空港反対同盟と労働者・学生は怒りに燃えて早朝から現場に総結集し、市東さんを先頭に厳寒をものともせず徹底的に弾劾しぬいた。
 NAAは第3誘導路建設に向けて市東さん宅前の旧小見川県道をトンネル化するために、この切り回し道路を造り、1月中に開通することを市東さんに一方的に通告していた。市東さんをこの地から追い出すことだけが目的の第3誘導路関連工事など、絶対に許すことはできない! 

2月4日、三里塚現地と東京高裁前で同時決起やりぬく

s20110205a-1.jpg 第3誘導路関連工事本格化を許すな! 2月4日、三里塚芝山連合空港反対同盟が呼びかける緊急現地闘争が闘われ、この日狙われていた切り回し道路への切り替えを粉砕した。
 午前9時、市東さん宅南の開拓組合道路に反対同盟と支援の労農学60人が結集した。市東孝雄さんが最初に「こんな工事は認められない。怒りを込めてデモをやろう」と呼びかけ、続いて全学連の織田陽介委員長が「街頭、世界中に怒りがあふれている。三里塚から日帝打倒を!」と叫んだ。 

Home> 闘争記事 > 三里塚: 2011年2月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top