Home> 闘争記事 > 三里塚: 2012年3月アーカイブ

三里塚: 2012年3月アーカイブ

市東さん農地法裁判、証人尋問巡り大攻防

s20120327d-1.jpg 3月26日、三里塚反対同盟・市東孝雄さんの行政訴訟・農地法裁判が千葉地裁で開かれた。3・25全国総決起集会の成功を受け、反対同盟を始め労働者・農民・学生・市民が傍聴席を埋めてともに闘った。
 攻防の焦点は、暫定滑走路北延伸の決定当時(2006年)、国土交通省成田空港課長だった石指雅啓の証人尋問だ。成田空港会社(NAA)は前回、「証人は神戸で海上保安庁の要職にあり、現場を離れられない」などというデタラメを口実に、「神戸地裁の裁判官による尋問か、テレビ会議方式による証人尋問を求める」「それがダメなら代わりにNAA職員を申請する」と意見書を出した。 

3・25三里塚、市東さん農地死守の闘いと福島の怒りが固く結合!

s20120326a-1.jpg 3月25日、三里塚芝山連合空港反対同盟が主催する三里塚全国総決起集会が開かれ、①福島と連帯し原発再稼働を阻止する、②市東孝雄さんの農地を守る、という差し迫る二つの闘いが結合した文字どおりの総決起の場になった。
 前日の雨もあがり、東峰十字路北の市東さんの畑を会場に、全国から労農学人民1055人が結集した。演壇には急逝した鈴木謙太郎さんの遺影が飾られ、集会横断幕には「原発再稼働許すな! TPP反対! 農地取り上げ阻止!」と三つのスローガンがシンプルに明記されている。婦人行動隊・宮本麻子さんの司会で正午に開会。最初に参加者全員が鈴木謙太郎さんへの黙祷を捧げた。 

3・25総決起へ、千葉県三里塚集会開く

s20120319a-1.jpg 3・25全国総決起集会を1週間後に控えた3月18日、千葉市のDC会館で第6回千葉県三里塚集会が実行委員会の主催で開かれた。三里塚芝山連合空港反対同盟を迎え、青年を先頭とする千葉県の労働者、動労千葉組合員、農民、学生、三里塚現闘など80人が「市東さんの農地強奪を許すな!」を合い言葉に参加した。
 冒頭で3・11に福島・郡山を始め全国全世界で闘われた反原発闘争のビデオが上映された。ちば合同労組青年の司会のあいさつに続いて、反対同盟の北原鉱治事務局長が演壇に立った。 

Home> 闘争記事 > 三里塚: 2012年3月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top