Home> 闘争記事 > 三里塚: 2012年6月アーカイブ

三里塚: 2012年6月アーカイブ

市東さん農地裁判、山崎証人が"NAAの言いなりだった"と自認

s20120627a-1.jpg 6月25日、千葉地裁民事第3部(多見谷寿郎裁判長)で市東孝雄さんの農地裁判(行政訴訟と農地裁判が併合)が開かれ、市東さんを先頭に三里塚芝山連合空港反対同盟、顧問弁護団、支援・傍聴の労働者・農民・学生・市民が一丸となって闘った。今回の証人調べは、元成田市農業委員会事務局長の山崎真一。2006年7月3日、成田空港会社(NAA)は市東さんの耕作地の賃貸借契約解除のための申請書を成田市農業委員会に提出した。市東さんと反対同盟はNAAの違法や土地特定の誤認を強く指摘したが、同委員会はそれを無視して異例のスピードで手続きを進め、NAAの言うがままに「転用相当」の結論を出し、千葉県に進達した。山崎はその実情を知る人物だ。 

Home> 闘争記事 > 三里塚: 2012年6月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top