Home> 闘争記事 > 三里塚: 2012年12月アーカイブ

三里塚: 2012年12月アーカイブ

団結街道裁判、成田市の「類型論」の破綻を追撃

s20121219b-1.jpg 12月18日、千葉地裁民事第3部(多見谷寿郎裁判長)において団結街道裁判の弁論が開かれ、三里塚芝山連合空港反対同盟と支援の労働者・学生・市民が法廷を埋めて闘った。成田市は、2010年5月に、天神峰の市東孝雄さんをはじめ近隣の農民・住民の生活にとって必要不可欠の道であった「団結街道」を封鎖・廃道にし、成田空港会社(NAA)に格安で払い下げた。第3誘導路工事と一体の、市東さんに対する追い出し攻撃以外のなにものでもない。
 被告の市側は、路線廃止処分を6つに類型化し、本件は5番目の「公共事業等の公益上の目的のために必要な土地で、路線を廃止しても支障ないと判断できる場合」にあたるという「類型論」を主張してきた。 

農地裁判で市東さんがNAAの「請求一部放棄」を徹底弾劾

s20121211a-1.jpg 12月10日、千葉地裁民事第3部(多見谷寿郎裁判長)で市東孝雄さんの行政訴訟・農地法裁判が開かれ、三里塚芝山連合空港反対同盟をはじめ、労農学市民が傍聴席を埋め、全力で闘いぬいた。
 この日は予定されていた萩原進事務局次長の証人尋問が延期となり、口頭弁論となった。成田空港会社(NAA)は12月7日付で突然「請求の一部放棄書」を出し、“市東家が一度も耕したことのない土地”として当初から土地の特定の誤りが問題になっていた「南台41-9」について「請求を放棄する」と言い出したのである。しかもその理由はというと、「NAAが占有を回復したから」というふざけきった言いぐさだ。 

Home> 闘争記事 > 三里塚: 2012年12月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top