Home> 闘争記事 > 三里塚: 2013年6月アーカイブ

三里塚: 2013年6月アーカイブ

団結街道裁判で、空港の手先となった成田市を追及

20130619a-1.jpg 6月18日、千葉地裁民事第3部(多見谷寿郎裁判長)で団結街道裁判が開かれ、三里塚芝山連合空港反対同盟と支援の労働者・学生は、市東孝雄さんの農地を守る気概に燃えて傍聴席を埋め、ともに闘った。
 被告・成田市は、「団結街道の廃止が適正であったことを同じような前例を示すことで証明する」と言っていたにもかかわらず、完全に行き詰まってしまった。耕作している農地が隣接している道を廃止する、などという暴挙には「前例」などまったくないことが明らかになったのだ。

三里塚緊急署名で関西統一街宣 農地取り上げに圧倒的な怒り

20130618a-2.jpg 6月16日、泉州住民の会のよびかけで取り組まれた関西統一街宣は、185筆の署名が集まり、あらためて三里塚闘争への共感を確信するものとなりました。
 大阪市内・京橋に関西各地から結集して、市東さんの農地強奪絶対反対、TPP絶対反対を通行人に訴えました。メキシコで社会科を教えているという50代の教育労働者が「かつて三里塚は行ったことがある。がんばってください」と署名とカンパを寄せてくれました。50代の女性は「反対運動は長いことがんばっておられますね」と近寄ってきて署名をしてくれました。 

Home> 闘争記事 > 三里塚: 2013年6月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top