Home> 闘争記事 > 三里塚: 2014年1月アーカイブ

三里塚: 2014年1月アーカイブ

三里塚一斉行動 署名170筆集める

20140131b-1.jpg 1月26日、三里塚芝山連合空港反対同盟による新年第1回目の周辺地域一斉行動が行われた。午前9時に約30人が市東孝雄さん宅に集まって意思一致を行った。
 集まった面々に反対同盟ニュース第4号が配られた。周辺住民を対象にしたこの号では、「新3万人署名を」の訴えとともに、千葉県経済利権団体による「3本目の滑走路要求」に対する批判が強調された。

天神峰やぐら裁判、NAAの「却下請求」を弾劾

20140124a-2.JPG 1月22日、千葉地裁民事第3部(多見谷寿郎裁判長)で、天神峰やぐら裁判の口頭弁論が開かれた。年が明けて最初のこの三里塚裁判に、三里塚芝山連合空港反対同盟を始め、支援の労働者・学生が結集しともに闘った。

2014年三里塚新年旗開き@movie

三里塚旗開きで、萩原進さんの遺志を継ぎ農地決戦勝利を誓う

20140114a-1.JPG 1月12日、三里塚芝山連合空港反対同盟の新年初の敷地内デモと団結旗開きが行われた。年末に急逝した萩原進事務局次長が遺した路線と方針を武器に、この1年、悲しみをのりこえて全力で闘う気概を胸に、反対同盟と労農学人民が結集した。
 快晴のもと、午前10時に新年恒例の東峰神社のしめ縄の付け替えを行った。頭上40㍍を数分おきにジェット機が轟音を立てて着陸する。手際よく作業を終えた後、北原鉱治事務局長が2014年の第一声を上げた。「今日の旗開きをもって、3月へ向けて戦闘を開始する。萩原事務局次長はこの東峰神社に木を植えた。順調に育っていけばNAAは切ることを要求してくるだろう。これも闘いになる。今の悪政を許さず、若者の未来のために闘おう」

Home> 闘争記事 > 三里塚: 2014年1月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top