Home> 闘争記事 > 三里塚: 2015年4月アーカイブ

三里塚: 2015年4月アーカイブ

三里塚一坪共有地裁判で更新意見

20150418b-1.JPG 4月16日、千葉地裁民事第5部(松並重雄裁判長)で、一坪共有地裁判が開かれ、三里塚芝山連合空港反対同盟と顧問弁護団、支援の労働者・学生は、勝利の気概に燃えて闘った。
 今回は冒頭に、右陪席裁判官の交代に伴う更新手続きとして、弁護団から意見陳述が行われた。
 この裁判は、千葉県が成田空港4千㍍滑走路北端近くにある駒井野の一坪共有地を、土地の共有者である故鈴木幸司さん、いとさん夫妻に明け渡すよう求めて06年に提訴したものだ。

三里塚一斉行動 3万署名達成へ奮闘 3・29集会の大成功を報告

20150418a-1.JPG 4月12日、三里塚芝山連合空港反対同盟と支援連は、第24回目の一斉行動に取り組んだ。
 朝8時30分に成田市天神峰の市東孝雄さん宅の離れに集まり、刷りたての「反対同盟ニュース」第19号を受け取った。
 打ち合わせの冒頭に東峰の萩原富夫さんが訴えた。「3・29集会は大成功だった。成田市の中心部で行ったことで注目度も高く、参加人数も増えた。6月15日から千葉地裁での耕作権裁判も再開される。本日も農地裁判控訴審での東京高裁の反動判決を許さない3万人署名、がんばりましょう」と一同を激励した。

3・29三里塚総決起集会@movie

Home> 闘争記事 > 三里塚: 2015年4月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top