Home> 闘争記事 > 三里塚: 2015年7月アーカイブ

三里塚: 2015年7月アーカイブ

三里塚一斉行動 〝第3滑走路阻止〟訴え 5万人署名方針決定

20150724e-1.JPG 7月19日、三里塚芝山連合空港反対同盟の27回目を数える空港周辺地域一斉行動が闘われた。朝8時30分、いつも通り市東孝雄さん宅離れに約30人が集合した。(写真)
 冒頭萩原富夫さんから、農地法裁判の上告審闘争について方針が発表された。「7月12日に事務局会議の論議で最高裁にむけた緊急5万人署名運動に断固取り組むことを決めました。いつ判決が下ろされるか分からないのが最高裁です。年度内ではないかという予想もあります。判決が下りれば、すぐ実力闘争を構えるという緊迫した状況です。今度の署名はそうした決戦陣形を築く運動の一環としてやりたい。そのために、大々的に賛同団体を募る方式へと拡大させたい」と述べた。

市東さんと熱い交流 守る会・茨城が現地調査

20150724d-1.JPG 7月11日、「市東さんの農地を守る会・茨城」の8人が三里塚を訪れ、現地調査と市東孝雄さんとの交流会を行った。
 正午過ぎ、天神峰の市東さん宅に到着した一行は食事後、周辺の畑、やぐらなどを三里塚現闘の案内・説明で見て回った。小竹運輸労組副委員長の野澤英人さんはコメ農家でもある。市東さんのトラクターを借りて、畑を耕し始めた。市東さんとの気持ちの距離が縮まった。

三里塚 第3誘導路裁判、「成田に公共性はない!」と被告・国を弾劾

20150709a-1.JPG 7月7日、千葉地裁民事第3部(廣谷章雄裁判長)で第3誘導路裁判の弁論が開かれた。三里塚芝山連合空港反対同盟と顧問弁護団、支援の労働者・学生は、天神峰の市東孝雄さんを追い出すためだけに造られた第3誘導路への怒りを胸に、この日の闘いに臨んだ。
 航空法第39条には、「空港等の設置によつて他人の利益を著しく害してはならない」と書かれている。成田空港、とりわけ第3誘導路が、地元住民の利益を著しく害していることは明白だ。ところが被告・国は、住民の生活を侵害していても、空港に「公共性」があり、それなりの補償金を払えば問題ないと臆面もなく言う。とんでもない暴論ではないか!

Home> 闘争記事 > 三里塚: 2015年7月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top