Home> 闘争記事 > 三里塚: 2016年7月アーカイブ

三里塚: 2016年7月アーカイブ

三里塚第3誘導路裁判、騒音問題で国・NAAを追及

20160720b-1.JPG 7月19日、千葉地裁民事第3部(阪本勝裁判長)で、第3誘導路裁判の弁論が開かれた。三里塚芝山連合空港反対同盟と顧問弁護団、支援の労働者・学生・市民は、天神峰の市東孝雄さんを追い出すためだけに巨費を投じて建設された、成田空港の第3誘導路への怒りを新たに、この日の闘いに臨んだ。
 午前10時30分に開廷し、弁護団はこの日提出した騒音問題についての準備書面を陳述した。

三里塚反対同盟が第39回の周辺一斉行動

20160720a-1.JPG 三里塚芝山連合空港反対同盟と支援連は7月16日、第39回の空港周辺地域一斉行動を展開した。7月3日の三里塚闘争50周年集会の成功で意気上がる中、午前8時30分、成田市天神峰の市東孝雄さん宅離れに、全員が集合した。
 事務局員の伊藤信晴さんから「7月3日の集会、11日の耕作権裁判闘争ごくろうさんでした。しかし、第3滑走路推進の4者協議会が8月末から9月初めに予定され、その後住民への説明会が一斉に開かれる情勢だ。今日の一斉行動もそうした攻撃との対決としてがんばろう」と提起された。

三里塚耕作権裁判闘争で千葉地裁へ向け市内をデモ

20160712a-1.JPG 7月11日、千葉地裁民事第2部(内田博久裁判長)で市東孝雄さんの耕作権裁判の弁論が開かれた。7・3三里塚50周年東京集会を大成功させた三里塚芝山連合空港反対同盟と顧問弁護団、支援の労働者・農民・学生・市民125人は、農地取り上げ攻撃への怒りも新たに、意気高くこの日の闘いに臨んだ。
 午前9時、開廷を前に千葉中央公園に結集し、太郎良陽一さんの司会で集会が始まった。最初に東峰の萩原富夫さんがマイクを握り、「昨日の参院選で自民・公明の与党が3分の2勢力を形成したが、これと対決し三里塚から社会を変えていこう」と呼びかけた。

三里塚50周年東京集会盛大にかちとる

20160707a-1.JPG  7月3日、東京・すみだ産業会館で「三里塚闘争50周年!これからも闘うぞ――農地を守り、沖縄・福島と結ぶ7・3東京集会」が、三里塚芝山連合空港反対同盟の主催で開催され、全国から630人が参加した。
 1966年、千葉県成田市三里塚に「新東京国際空港建設」が閣議決定され、反対同盟は「空港絶対反対・農地死守」の原則で闘いを貫き、ついに半世紀の歴史を刻んでこの日を迎えたのだ。

Home> 闘争記事 > 三里塚: 2016年7月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top