Home> 闘争記事 > 三里塚: 2016年9月アーカイブ

三里塚: 2016年9月アーカイブ

三里塚新やぐら裁判、「NAAの解約は無効だ」

20160928a-1.JPG 9月26日、千葉地裁民事第2部(内田博久裁判長)で、新やぐら裁判第6回の弁論が開かれた。この裁判は、市東孝雄さんの天神峰の畑に立つやぐら、大看板などの4つの工作物について、収去とその底地の明け渡しを求めて、成田空港会社(NAA)が三里塚芝山連合空港反対同盟を訴えたものだ。農地法裁判一審判決では、これらの物件の所有者は市東さん個人とされたままだが(現在上告審段階)、同じ物について反対同盟の所有であることを開き直り的に認めて起こしたのがこの新やぐら裁判だ。こうしたNAAの矛盾したやり口に、農地強奪攻撃の違法とデタラメが如実に表されている。

群馬で市東さんを招き「三里塚映画の夕べ」

20160912a-2.JPG20160912a-1.JPG 9月11日、群馬県高崎市で「三里塚映画の夕べ」が、三里塚芝山連合空港反対同盟の市東孝雄さんを招いて開かれた。呼びかけは「東京―ソウル11月国際共同行動群馬実行委員会」。
 反対同盟の歴史と現在を克明に記録した映像作品「三里塚闘争不屈の50年」を全編上映し、会場20160912a-3.JPGは熱気と感動に満たされた。市東さんは群馬での取り組みにお礼を述べた上、「どんな判決が出ようと、私は天神峰で農業を続けていく」と揺るぎない決意を述べ、大きな拍手を浴びた。群馬合同労組を始め数多くの地元の人びとからの連帯発言を受け、最後に青柳晃玄さんが市東さんにカンパを手渡し、全員で10・9三里塚全国総決起集会への結集を誓い合った。(TN)

三里塚反対同盟、市東さんを先頭に最高裁へ第3次署名提出行動

20160908a-1.JPG 9月7日、三里塚芝山連合空港反対同盟の呼びかけで、最高裁判所への農地取り上げ反対署名の第3次提出行動がかちとられた。
 成田市天神峰で農業を営む市東孝雄さんに対し「成田空港会社(NAA)に農地を明け渡して出て行け」と命じる農地法裁判一審・二審判決への怒りに燃え、上告審で逆転勝訴をもぎとる決意をみなぎらせ、全国から労働者・農民・学生・市民120人が結集し、ともに闘った。

Home> 闘争記事 > 三里塚: 2016年9月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top