Home> 闘争記事 > 三里塚: 2017年9月アーカイブ

三里塚: 2017年9月アーカイブ

市東さん迎え労農連帯 北原さん追悼 群馬で三里塚集会

20170918-1.jpg 9月17日、台風18号の豪雨をつき、前橋総合福祉会館に三里塚反対同盟の市東孝雄さんを迎えて、「市東さんの農地を守ろう!北原鉱治さん追悼 群馬集会」が43人の参加で開催されました。
 冒頭に「三里塚闘争不屈の50年」上映の後、北原鉱治事務局長をしのんで黙とうを捧げました。 主催者を代表して、交通事故で入院中の高階ミチさんにかわって大塚正之さんが「本日は、8月9日に逝去された北原事務局長をしのんで、私たち一人ひとりが三里塚と自分との原点にたって、市東さんの農地を守る取り組みの意を固める集会としたいと思います」とあいさつ。一部・二部とあわせて30人以上が次々と発言にたちました。2日前の金曜行動で初めて出会った方など、初参加の7人を含めて、ほとんどが「高校生の時に三里塚を見に行った」「学生の時に援農に行った」と、一度は三里塚に足を運んだことがあるとのこと。三里塚闘争のもつ根源性と大衆性は、「三里塚は革命の策源地」とあらためて教えてくれました。

市東さんとの団結固め 農地守る会・福島が総会

20170914b-1.JPG 8月27日、「市東さんの農地を守る会・福島」の総会を、郡山駅前の会場で開催しました。三里塚50年の闘いを記録したDVD上映後、冒頭に北原鉱治さんへの黙禱(もくとう)を行いました。
 代表あいさつに立った鈴木光一郎さんは「三里塚のサラサラな土と、市東さんの無農薬で育てた野菜を食べれば150歳まで生きられる。それをコンクリートで覆い尽くすことは絶対に許さない」と農地強奪と第3滑走路建設を阻止する決意を表明しました。
 連帯のあいさつでは、ふくしま合同労組の丹治満さんが「北原さんは、絶対反対・実力闘争の指導者だった。その遺志を継いでいく」、動労福島の遠藤義人さんが「反対同盟と動労千葉の精神を引き継ぐ組合として動労福島をつくった。今、郡工でJRのエルダー制度への絶対反対の闘いが始まっている」、婦人民主クラブ全国協の長尾洋子さんが「三里塚の体を張った闘争の中に真の女性解放を見てきた。10・8全国集会に結集しよう」と訴えました。

Home> 闘争記事 > 三里塚: 2017年9月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top