Home> お知らせ: 2012年12月アーカイブ

お知らせ: 2012年12月アーカイブ

都政を革新する会が衆院選で、山本太郎候補の断固支持を訴える

 都政を革新する会は、「原発廃炉」「改憲阻止」を掲げて東京8区(杉並)から立候補した山本太郎候補を断固支持し、ともに闘う声明を発しました。そして12月4日の告示以降、山本候補の当選勝利をかちとるための選挙戦に全力を挙げて突入しています。今回の衆院選で「全原発の即時廃炉」を真っ向から掲げて闘う候補者は、山本候補ただ一人です。今、杉並の街頭は、ついに労働者・民衆の新自由主義への怒りと原発絶対反対の熱い思いを体現して闘う候補が現れたことに、沸き立っています。この闘いは同時に、安倍や石原に代表される戦争・改憲勢力との激突です。その意味でも杉並は一大焦点となっています。情勢は白熱しています。14日と15日の終盤2日間の闘いが今や決定的です。都政を革新する会の呼びかけに応え、全国から総決起し、山本候補の応援にかけつけよう!
 以下、都政を革新する会の声明を転載します。 

Home> お知らせ: 2012年12月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top