Home> 世界の闘いアーカイブ

世界の闘いの最近のブログ記事

韓国全土で民衆大会 「生きさせろ!」の闘い続く

20170713d-1.jpg 7月5日〜8日、民主労総の呼びかけた社会的ゼネストの総括集会として、光州や大邱、釜山など全国で民衆大会が開催された。
 ソウル・光化門広場では7月8日、「最低賃金1万ウォンをかちとろう! サード(THAAD、高高度迎撃ミサイルシステム)配備撤回! 農民・ペクナムギ氏への国家暴力責任者処罰! 露天商パクタンスンさん(死亡事件の)真相究明と責任者処罰!」のスローガンを掲げて民衆総決起闘争本部と万ウォン行動(最低賃金1万ウォン・非正規職撤廃共同行動)が主催する民衆大会が開催された。
 6月19日、ソウル・江北区で露天商を営んでいた60代の女性・パクタンスンさんが区庁の露店摘発によって脳出血を起こし亡くなるという事件が起こった。国家権力がまたも人の命を奪ったのだ。この日の大会には、事件の真相究明を求める露天商の人びともパクタンスンさんの遺影を抱いて数多く駆けつけた。

韓国・全教組が不屈の闘い 法外労組通知の撤回求め

20170710a-1.JPG 「すべての労働者が民主労総と一緒に、社会的ゼネストで自分の人生と現場、世界を変えよう!」(民主労総・大会宣言)と闘われた6・30社会的ゼネスト。全国教職員労働組合(全教組)は、「法外労組撤回! 労働3権獲得!」のスローガンを高々と掲げて参加した。大会で宣言された「今すぐ! 労組に加入して自由に労働組合活動をすることができる権利をすべての労働者に!」は、全教組の絶対的な要求だ。
 87年春、学生たちが死を賭して民主化闘争に立ち上がる中、子どもたちを死なせるわけにはいかないと教員たちが大挙して街頭に飛び出した。闘いは労働者大闘争へと燃え広がり、この中から89年、全教組が生まれる。99年、金大中政権下で合法化をかちとったが、パククネ政権下で解雇者を組合員とする労働組合は認められないと法外労組とされた(現在、解職者57人)。以来、パククネ政権退陣へ、全教組はろうそく集会の先頭で闘ってきた。

韓国民主労総が非正規職ゼネスト 5万7千人がスト突入 〝私たちの手で社会変える〟

20170703a-1.JPG 6月30日、韓国・民主労総(全国民主労働組合総連盟)は、「最低賃金1万ウォン」などを掲げて初の「非正規職ゼネスト」を打ち抜いた。公共部門の非正規職労働者を中心に5万7千人がストに立った。パククネ打倒から約4カ月、新政権発足から2カ月、革命の第2段階へ労働者階級の力強い前進が始まった。
非正規職が主力のストは史上初めて
 6月30日の社会的ゼネストは、学校や清掃、警備、病院など公共部門の非正規職や財閥大企業の下請け労働者、「一人親方」とされて労働者とみなされない建設現場の請負労働者など、非正規職労働者が主役となった全面ストライキとして闘われた。民主労総の歴史においても初めての画期的なゼネストだ。その主力は公共部門、とくに学校非正規職を先頭とする圧倒的な女性労働者だ。
 打倒されたパククネに代わって登場したムンジェイン(文在寅)政権は社会の「改革」を口にするが、労働者の状況、とりわけ非正規職労働者に強いられている極度の低賃金、強労働、人間扱いされない過酷な現実は何も変わらない。だがその非正規職労働者が組織的に団結し、自ら社会変革の主体として決然と立ち上がったのだ。

パククネ政権倒した韓国 6・30ゼネストへさらに追撃

20170619b-1.jpg社会丸ごと変革する壮大な闘い
 6月30日、約80万人の組合員からなる韓国の民主労総(民主労働組合総連盟)が、非正規職撤廃―最低賃金1万ウォンを掲げて「社会的ゼネスト」に立ち上がろうとしています。非正規職化や失業による社会の崩壊、切迫する戦争の危機......目の前の現実を変えるため、労働者のストライキを軸に農民や露天商、学生などあらゆる人びとがひとつに団結し、その力を政府に突きつけていく闘いです。
 今年3月の前大統領パククネの罷免(ひめん)は、まさにこうした闘いによってかちとられました。政権と財閥との癒着・腐敗が暴かれたことをきっかけに、一握りの大資本が社会全体を支配し、人間の命よりも金もうけが優先される転倒した社会のあり方に対して怒りが爆発したのです。「積弊(これまでの政権のもとで積み重ねられてきた弊害)清算」がスローガンとなり、新たな社会を求める労働者民衆のエネルギーが延べ1700万人のキャンドル集会となって光化門広場を埋めつくしました。

ハンサンギュン委員長釈放を 民主労総 実刑確定に怒り新た

20170605b-1.jpgムンジェインの立場示した判決
 5月31日、韓国の最高裁判所にあたる大法院は、2015年のゼネストと民衆総決起闘争を指導したことをもってパククネ政権下で逮捕・起訴された民主労総のハンサンギュン委員長に懲役3年と罰金50万ウォンの実刑を下した。警察の主張をそのまま受け入れた、絶対に許せない決定だ。
 パククネを打倒した最大の力は、ハンサンギュン委員長のもとでゼネスト闘争を通じてあらゆる人びとをひとつに団結させた民主労総の闘いだ。そのことを全否定する今回の判決は同時に、のべ1700万人もの労働者民衆が立ち上がった偉大な闘いの地平をも否定するものだ。

帰還を強制するな 福島県に署名提出 北島さんも参加し訴え

20170522a-1.JPG 5月18日、「被曝と帰還の強制反対署名運動」は、福島県に第4次集約分7千筆の署名を提出した(提出数合計2万7千筆)。あわせて呼びかけ人の布施幸彦ふくしま共同診療所院長、椎名千恵子NAZENフクシマ代表ら14人が申し入れを行った。(写真
 県からは、1月13日の申し入れ13項目への回答がなされたが、「検査の縮小は考えてない」「帰還の強制はしていない」などいずれも事実と異なるもので、参加者の怒りは倍化した。
 原発事故当時4歳の男児が小児甲状腺がんの手術を福島県立医大で受けていたにもかかわらず、県民健康調査検討委員会発表の185人には数えられていなかった。県は、「県民健康調査の枠の先は把握できない」とシラを切ったが、布施院長が「そもそもがん登録のシステムがあるわけだから、県として掌握してないはずがない」と厳しく追及した。
 甲状腺がんの手術を半年前に受けたばかりの大越良二さんも、「県民健康調査は何のためにやっているんですか。ザルじゃダメでしょ。ザルにして『経過観察』に回してるから、明らかになっていないがんが増えている。県立医大がやっていることは県民への背信行為です。犯罪だと思います」と怒りを突きつけた。
 都議選決戦の最中、かけつけた北島邦彦さんも、小池都政による自主避難者への住宅追い出しの現状を暴いた。そして、小池が避難者に対して住宅からの立ち退き訴訟を起こすことなど、県としても絶対させてはならないと訴えた。「福島の怒り」の結集軸として、署名運動の意義はますます大きくなっている。全力で集めよう。(福島診療所建設委員会・遠藤義人)

韓国 大統領選へて新たな闘い 6・30社会的ゼネストへ

20170518c-1.jpg●大統領選は革命の本格的始まり
 5月9日に投開票が行われた韓国大統領選挙において、保守野党「共に民主党」の前代表ムンジェイン(文在寅)が41・08%の得票で当選した。次点の保守派・自由韓国党のホンジュンピョ(洪準杓)は24・03%で、倍近い差がついた。
 今回の選挙は、労働者民衆が自らの力でパククネの弾劾―罷免を実現し「今こそ積弊の清算をやりぬき、社会を根本から変えるときだ」「朝鮮半島を再び戦場にすることは絶対に許さない」という決意を固める中で行われた。これに対して保守勢力は米日帝国主義とともに「北朝鮮の脅威」をあおることで延命と巻き返しを図り、サード(THAAD=高高度迎撃ミサイルシステム)配備強行や米韓合同軍事演習もそのために強行された。

米で学校・港湾封鎖  韓国は2万人大会

20170508c-1.jpg20170508c-2.jpg 5月1日、アメリカではILWUローカル10(国際港湾倉庫労組第10支部)が「警察のテロを止めよ! 移民弾圧反対! 戦争反対!」を掲げてサンフランシスコ地域の全港湾を止め、メーデーの先頭に立った(写真左)。トランプと闘う全米の労働者が、年頭から「国際労働者の日」を組織化したため、各地で職場・学校の閉鎖が実現した。
 韓国では、民主労総(全国民主労働組合総連盟)が全国でメーデー大会を開き、ソウルでは2万人が最低賃金1万ウォン、非正規職撤廃、財閥解体やサード配備撤回などを、「今すぐ!」実現させようと叫んでデモ行進した。(写真右)

韓国 セウォル号惨事に怒り新た

20170417c-1.jpg 4月15日、ソウル・光化門広場で、パククネ退陣非常国民行動が主催する第22回汎国民行動が開催され、16日のセウォル号惨事3周忌を前に10万人が集まった。セウォル号惨事は、新自由主義のもとで引き起こされた国家犯罪だ。これに対する怒りは「この社会を根本的に変えなければいけない」という思いとなり、青年・学生の決起とパククネ打倒の大きなうねりを生み出した。朝鮮半島をめぐる戦争情勢の急切迫と対決し、戦争絶対反対の声も広場に響いた。

韓国・済州島 〝南北分断の打破へ闘う〟 蜂起の精神継承し労働者大会

20170413b-1.jpg平和と統一求め新社会建設訴え
 4月2日、韓国・済州島(チェジュド)で「親日・分断体制清算!朝鮮半島平和体制実現!サード配置全面廃棄!済州軍事基地化阻止!」を掲げて「4・3抗争69周年精神継承全国労働者大会」が開催され、鉄道労組の青年労働者を先頭に全国から2500人が駆けつけた。
 「4・3抗争」とは、1948年4月3日に済州島の全住民によって闘われた米軍政打倒の武装蜂起のことだ。その「精神継承」を掲げて開かれた集会は、韓国で始まった革命の圧殺をかけて朝鮮半島での戦争発動に突き進んでいる米日帝国主義と真っ向から激突する闘いの宣言にほかならない。

next archives

Home> 世界の闘いアーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top