Home> 世界の闘いアーカイブ

世界の闘いの最近のブログ記事

韓国でも築地と同じ闘い ソウル 水産市場廃止を実力で阻止

20181210b-1.jpg 韓国・ソウル中心部のノリャンジン(鷺梁津)で長年営業を続けてきたノリャンジン水産市場で、市場廃止と新市場への移転に反対する商人の闘いが巻き起こっている。これは、小池都知事による築地市場廃止・移転攻撃に立ち向かう仲卸の仲間たちの闘いとまったく同じものだ。
 民間資本に開放して営利事業化
 この市場は100年近くも続いてきた歴史のある市場だ。しかし2002年以来の民営化政策によって、水産協同組合が建物と駐車場を所有し、民間資本との間で賃貸借契約を結んで管理・運営する形となった。市場の法的な開設者はソウル市だが、商人たちは市場法人である民間資本と契約して各店舗で商売を続けてきた。

韓国 全国民衆大会に1万5千人 ムン政権の改革逆行に怒り

「われわれ民衆が世の中の主人だ」
20181206d-1.JPG 「われわれが社会の主人だ! 民衆が主人となる世の中へと進もう!」――12月1日午後、ソウル・ヨイドの国会前で全国民衆大会が開催され、1万5千人が結集した。
 主催は、民主労総に加えて農民や露天商などの団体をはじめとする50以上の団体からなる「民衆行動」だ。参加者たちは、2015年に発足した「民衆総決起」陣形を引き継ぎ、パククネ政権打倒のろうそく革命に向けて体を張って闘い抜いてきた人々だ。ムンジェイン政権の発足後初となった今大会では、「止めろ!改革逆走行」というボードが会場を埋め尽くし、ろうそく革命を裏切って財閥優遇の政策を進めるムンジェイン政権と、積弊清算を妨げる勢力に怒りの声をたたきつけた。大会終了後には国会を包囲するデモが行われた。

仏で反マクロン大デモ 増税案を実力行動で粉砕

20181206b-1.jpg 12月1日、フランス全土で13万6千人がマクロン大統領の辞任を求めてデモに立ち上がった。パリでは都心のシャンゼリゼ通りを中心に暴動的闘いとなり、人民が警察と激突。催涙ガスなどで鎮圧にあたった警察により400人以上が拘束され、130人以上が負傷した。1968年の「5月革命」以来の激しい闘いだ。参加者は労働者、失業者、学生、退職者など多岐にわたっている。地方から参加した60代の教育労働者は、「黄色いベスト運動はフランスの貧困層を代表している。私たちは富裕層や大企業のツケを支払わされている」「ここに来られない多くの人々、そして子どもや孫たち、そして生きていけない状況に追いやられているすべての人々のために参加した」と語った。
 政府は4日に燃料税引き上げの6カ月間凍結と電気・ガス料金値上げの凍結を発表したが、5日、労働者民衆は増税案の撤回をかちとった。

韓国 民主労総16万人がゼネスト 労働組合で闘う権利求め

20181127c-1.jpg 財閥の利害代弁する政権に怒り
 「労働組合のもと団結し、交渉やストライキをできる権利をすべての労働者に!」――11月21日、ソウルをはじめ韓国全域で民主労総の組合員16万人がゼネストに突入した。主な要求項目は、長時間労働と賃金削減をもたらす「弾力勤労制」(変形労働時間制)拡大阻止、労組活動の権利保障、非正規職労働者の正規職化、年金改革だ。
 ゼネストの主軸を担ったのは金属労組だ。現代自動車、起亜(キア)自動車、韓国GM、現代重工業、大宇(テウ)造船をはじめ100以上の事業場で約13万人ほどがストに入った。
 国会前で行われた首都圏大会には1万人が結集。全国14地域でも同時刻にゼネスト大会が開かれ、計5万人の労働者が参加した。

ソウル 非正規職撤廃へ共同闘争 旭支会長ら最前線で決起

20181119a-1.jpg 韓国・民主労総は、11・10全国労働者大会で11・21ゼネストを宣言した。週明けの12日から非正規職労働者が「非正規職撤廃!」を掲げムンジェイン政権との実力闘争に突入した。
 解雇撤回・原職復帰闘争を闘う旭非正規職支会、韓国GM、現代キア自動車など金属労組傘下の非正規職争議労組からの提案を受け、民主労総や全国不安定労働撤廃連帯などで構成する非正規職共同闘争団(共闘団)が5日間の共同闘争に取り組んだ。

韓国 民主労総 11・21ゼネストへ 労働者大会に6万人 動労千葉訪韓団が共に闘う

20181112a-1.JPG 11月10日、韓国・ソウルで開催された民主労総の全国労働者大会に、90人を超える動労千葉の訪韓団が合流し、日本での11・4労働者集会&改憲阻止!1万人大行進に続く「東京―ソウルを結ぶ国際共同行動」として民主労総ソウル地域本部とともに闘った。
 2016〜17年にかけてパククネ前大統領を打倒したろうそく革命の舞台、光化門に続く大通りを6万人の労働者が埋め尽くした。11月10日午後、「積弊清算!労組活動の権利!社会大改革!11・21ゼネスト宣言!」を掲げたチョンテイル烈士精神継承2018全国労働者大会は、新たな時代を自らの力で切り開こうという気概に満ちた感動的な大会となった。
 午後3時、サンヨン自動車、KTX(韓国高速鉄道)乗務員、甲乙(カブル)オートテックの労働者が「整理解雇撤廃」「非正規職撤廃」「労働基本権を保障しろ」と叫び、高らかに開会を宣言した。集会場後方のソウル市庁舎前から6万人の大海をわたるように民主労総旗を先頭に組合旗が入場してくる。

台湾富士ゼロックスでスト 日本の労働者に連帯呼びかけ

 20181029b-1.jpg日本企業・台湾富士ゼロックスの労働組合400人が10月23日を期して無期限ストに突入した。
 富士ゼロックスは日本の富士フイルムと米ゼロックスの合弁企業だが、今年に入って、全世界4万7千人の従業員のうち約1万人の人員削減・年間500億円のコスト削減の大リストラをうち出し、一気に実行に移そうとしてきたのだ。

国際連帯で戦争は止められる! アメリカ 女性たちの反戦デモ シンディーさん先頭に

 20181025j-1.jpgアメリカ・ワシントンではペンタゴン(国防総省)に向かって、今年の8・5―8・6をともに闘ったシンディー・シーハンさんたちが呼びかけた「女性たちのペンタゴン・マーチ」が行われました。中間選挙を前に、戦争を推進してきた共和党―民主党という二大政党制そのものを覆し、労働者民衆の手で戦争を止める新たな運動をつくろうと訴える闘いです。

全米教育ストに続こう ウェストバージニアから来日 4カ月で2万人を闘いに組織

20181022c-1.jpg 貧困と社会の崩壊
 11・3労働者国際連帯集会、11・4全国労働者集会&改憲阻止!1万人大行進に、全米を席巻する教育労働者の大ストライキを切り開いたウェストバージニアから教育労働者が参加することが決定しました。来日するのは、州都チャールストンの中学校で教えるジェイ・オニールさんという30代の教師です。
 ジェイさんは昨年10月、州政府による新たな教育破壊・教育労働者攻撃計画の発表に反撃し、同僚とともにフェイスブックを使ってグループを立ち上げました。州知事に対して5%の賃上げを求める運動を開始し、わずか4カ月で2万人を組織化。これが大ストライキの核となりました。
 ウェストバージニア州の教師の賃金は年間4万6千㌦(約500万円)で、全国4番目の低さです。そこへ民営化に道を開くことを狙った教育予算の削減が進められているのです。すでに学校では備品も教材も恒常的に不足し、教育環境は破壊されつくしています。
 さらに多くの人びとが貧困と薬物依存に苦しんでおり、生徒たちに教師が自費で買い与えているような現実があります。子どもの貧困―労働者階級の困窮と社会の崩壊を目の当たりにした教育労働者が立ち上がったことが、地域と全社会を獲得したのです。

中国で自主労組結成の闘い 80人拘束、全土に怒りと支援

20180903b-1.jpg 中国広東省深圳市にある、溶接器材などをつくる佳士科技有限会社で、自主労働組合結成の運動が今年5月から始まった。中国スターリン主義・深圳市当局と会社はこれを徹底的に弾圧し、7月以来、約80人の労働者と支援を拘束した。この弾圧に対し、中国全土で学生を先頭に抗議と支援の運動が不屈に広がっている。
 佳士科技は5月に違法な罰金制度を開始し、サボタージュなどを口実にして余浚聡さんという労働者を解雇した。これに抗議した労働者が自主労組結成に向けて動き出し、全国的な共感を得た。
 追いつめられた佳士科技と中国スターリン主義・深圳市当局は大弾圧に乗り出し、7月27日に労働者と支援30人、8月24日に支援の学生ら50人を拘束した。支援運動の先頭に立っていた沈夢雨さんも8月11日、正体不明の人物に連行された。

next archives

Home> 世界の闘いアーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top