Home> 世界の闘い: 2010年10月アーカイブ

世界の闘い: 2010年10月アーカイブ

深センでストライキ広がる、今度は米・香港合資企業で3000人

s20101029b.jpg リコー争議が起きている同じ中国深セン市宝安で、10月27日、今度は「捷和百得有限公司」で3000人のストライキが爆発した。この捷和百得有限公司は、香港の捷和グループ(Chiaphua Industries Limited, CIL)とアメリカの大企業である「Black & Decker」社の合資企業で、伝動工具の設計や製造を行っている。この会社は今年12月に移転を行おうとしており、直接的にはその移転によって労働者の仕事や生活が不便になることについて、会社側は何の補償もしようとしないことに怒った労働者がストライキに突入した。だがその背景には、この会社が日常的に労働者を使い捨てにしていた現実がある。 

中国リコー争議・第3報 監獄工場で反撃に出た労働者!

 10月27日、リコーの労働者は反撃に出た!
 「リコー事件は今日(27日)、波乱に満ちた再生となった。政府は大量の人を出して1200人の労働者の仕事を監視し、その人数は1000人だと言われている。午前の生産時に、生産ラインにいた労働者全部が突然持ち場から離れ、工場の外に出て、仕事を拒否し、抗議を表明した。しかし政府によって全員強制的に生産現場に追い返された。仕事の最中は、ずっと武装警察の機動隊やその他の組織の人員の監視と統制のもとにおかれている」 

中国・リコー争議続報:ストライキ、13日間にわたり英雄的に闘われる

s20101027a.jpg 10月13日から始まった中国の深セン市にある日系資本リコーの工場(写真)でのストライキは、25日まで13日間にわたって英雄的に闘われ、25日に終結したとされている。
 このストライキはリコーの系列会社である「理光越嶺美科技有限公司」で始まったが、そのきっかけとなったのは、同じリコーの系列会社である「理光数碼(デジタル)系統設備有限公司」との合併問題であった。ところがこの「理光数碼系統設備有限公司」の労働者もストライキに決起・合流し、ストライキは一挙に拡大した。追いつめられたのはリコー資本であった。 

ILWUローカル10が人種差別虐殺事件に抗議して港湾封鎖

s20101026b-1.jpg 10月23日、米のILWUローカル10の労働者は、09年1月1日に起きた警官による黒人青年虐殺事件に抗議して、サンフランシスコ湾岸の全港湾(リッチモンド、レッドウッドシティー、オークランド、サンフランシスコ)を封鎖する闘いに決起した。同時に、オークランドのフランク・オガワ広場で「オスカー・グラント(警官に射殺された黒人青年の名前)のために公正な裁判を、殺人者の警官を投獄せよ」というスローガンを掲げて集会を行った。
 (写真は集会で発言するILWUローカル10のジャック・ヘイマンさん) 

中国の日系資本リコー関連工場で1週間以上にわたるストライキ

 中国深セン市の福永高新技術園区にある日系資本リコーの関連工場で、工場労働者が10月13日から1週間以上にわたるストライキを闘っている。22日現在でもストライキは続いていると言われている。きっかけとなったのは、同じ地区にあるリコー関連会社同士の合併問題であった。この合併に不安を抱いた労働者が、リコー資本に待遇改善の要求書を提出し、それが拒否されたことで、「理光越嶺美科技有限公司」の労働者1200人が13日に一斉にストライキに突入した。 

緊縮財政に反対しイギリスで消防士の歴史的スト!

s20101024a-1.jpg ヨーロッパで吹き荒れる緊縮財政攻撃に対して、10月23日、ついにイギリスでも反撃ののろしが上がった。雇用形態の大改悪に反対するロンドンの消防士の8時間第一波ストライキを先頭にして、イギリス各地で公務員の首切り・民営化、福祉や教育などの全面的な大幅切り捨てに反対して、労働者・学生が集会やデモに立ちあがった(写真はストライキに決起してロンドンの集会に合流した消防士たち)
 10月20日、英財務相・オズボーンが議会に発表した経費削減計画は、かつてのサッチャーの時代よりもはるかに激しい本格的な階級戦争宣言である。 

フランスで高校生の大反乱が始まった!

s20101018a-1.jpg フランスで、年金制度改悪に反対して、ついに高校生の大衆的決起が始まった。10月7日、8日に行われた全国各地での年金制度改悪反対のデモに1万5千人の高校生が参加して以来、高校生の反乱はせきを切ったように爆発している。彼らは高校を封鎖し、自分たちの父親や母親の年代の労働者のデモに続々と合流している。デモの勢いはこの高校生の参加でがぜん増している。
 UNL(全国高校生同盟)の発表によれば、これまでに全フランスで4302校の高校のうち、900校の高校生が何らかの形で闘争に決起し、550校で高校生の手で封鎖が行われたという。各地で高校生は機動隊と激突し、これまでに264人が逮捕されている。 

スペインで24時間ゼネスト、欧州全域でストと大デモ

s20101001a-1.jpg 9月29日、スペイン全土が、2002年以来8年ぶりに24時間ゼネストに突入した。このゼネストは赤字財政解消を掲げる政府の緊縮政策の発表に抗議する闘いとして行われた。この日はヨーロッパの数カ国の首都で、ヨーロッパ労働組合連盟の呼びかけで、各国の緊縮政策に抗議する統一行動を行う日として設定されていた。29日には、スペイン、ベルギー、ギリシャなどでストライキと大デモが行われた。ポルトガル、アイルランド、スロベニア、リトアニアでも抗議行動が行われた。最大のデモはベルギーのブリュッセルで行われた10万人のデモであった。ポルトガルではリスボンで5万人、ポルトで2万人がデモ行進した。 

Home> 世界の闘い: 2010年10月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top