Home> 世界の闘い: 2012年3月アーカイブ

世界の闘い: 2012年3月アーカイブ

日系松下・オーム電機の中国深セン工場で、労組結成求め5千人がスト

s20120330a-1.jpg 3月29日早朝7時30分より、中国の「経済特区」である深センにある日系資本のオーム電機(現在、松下に買収されてその傘下にある)の工場で、全労働者5000人がストライキに立った。彼らは、賃上げや休日の保障、生活保障手当てなどの12項目の要求を掲げている。彼らの平均基本給は1500元(約2万円)だという。今まで2回にわたって工場側に要求してきたが、まったく回答がなかったために、この日ストライキに突入した。「目的が達せられるまでは、ストライキをやめない!」と無期限ストライキを宣言している。 

太原富士康で、中国労働者が大ストライキ

s20120316a-1.jpg 中国山西省の省都である太原市にある台湾系企業富士康(faxconn)の工場で、3月13日、労働者がストライキに立ち上がり、周辺の道路を封鎖して警察隊と激突、400人の労働者が逮捕され、多数の負傷者が出た。
 富士康は、電子機器の受託生産では世界最大といわれる鴻海精密工業であり、アップルのiPhoneやiPadなどを生産していることで知られている。アウトソーシングによる生産を専門とする大企業である。アップルなどIT会社は、富士康など海外の受託生産企業に生産を外注化することで膨大な利益をあげている。ここには新自由主義の極限的な姿がある。 

Home> 世界の闘い: 2012年3月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top