Home> 世界の闘い: 2013年1月アーカイブ

世界の闘い: 2013年1月アーカイブ

広州の日系東海ゴム工業で2000人のストライキ

s20130130a-1.jpg 1月28日正午、中国の広東省広州市夢崗区にある日系東海ゴム工業(住友グループの傘下にある)の工場で、2000人の大ストライキが爆発した。中国は2月10日より春節(日本で言う旧正月)を迎えるが、この時期は農民工にとって故郷の実家に帰る数少ない機会である。その帰郷の交通費などのために、会社は年末の報奨金を支払うのが中国の慣習である。ところが東海ゴム工業はこの年末の報奨金を支払おうとせず、労働者たちは故郷に帰れなくなろうとしており、それに抗議しての怒りのストライキである。ストライキは29日も続き、この日、大量の武装警官が動員され、労働者と激しく激突した。多数の負傷者が出て、殴られて意識を失った女性労働者もおり、十数名の逮捕者が出たといわれている。しかしストライキは不屈に現在も続いている。 

上海の日系神明電機で女性労働者の大規模ストライキ

s20130120a-1.jpg 1月17日より、上海市閔行区にある日系企業(中日合資)の神明電機有限会社で、1000人の女性労働者による大規模ストライキが爆発している。
 会社が今までの労働契約を一方的に破棄し、新たな労働契約を労働者に強制してきたのがストライキの原因である。それによると、以前の仕事や勤続年数の賃金への反映は一切なくなり、上海市の最低賃金だけが保障されるだけとなり、さらに仕事の配属部署は会社側が一方的に決めることとされ、これを拒否したら直ちに解雇されるとしている。さらに、トイレに行くための離席時間は2分以内とされ、これを超えると処分されるというのである。まさに奴隷契約だ。労働者たちはこの新たな労働契約を「覇王」条項だとして徹底的に弾劾し、ストライキに決起したのである。 

富士康でまたストライキ、中国全土で争議が爆発

s20130114a-1.jpg 1月10日、富士康の江西省宜春市豊城市にある新海洋精密部品工場(従業員数8000人)で、労働者による大規模ストライキが爆発した。富士康は、世界的な受託生産請負企業であり、この豊城工場は富士康の主要な生産拠点であり、アップルのiPhoneの部品の生産などをしている。
 この工場の労働者の平均賃金は1300元(約1万8000円)といわれ、住居費や食費が控除されると手元にはほとんど残らない。さらに労働現場でも、溶接工は2日ごと、ひどい場合は一週間ごとに外科用マスクが配られてようやく交換できる。豊城の冬は摂氏3度になるが、宿舎では飲用のお湯が限られており、浴室も体を洗うお湯が足りず、そのために労働者たちは週1回シャワーを浴びるだけだという過酷な状況だ。 

「言論弾圧を許すな!」南方週末の出版労働者がストライキ

s20130109b-1.jpg 中国政府による言論弾圧に抗議し、中国の週刊紙である「南方週末」の出版労働者が1月7日よりストライキに突入した。
 1月3日、「南方週末」は恒例の新年の詞を掲載しようとした。そのもともとの題字は「中国の夢 憲政の夢」と題するもので、憲政への熱い思いを謳ったものであった。編集は2日には完成し、印刷に送られる過程で、この原稿が広東省共産党委員会宣伝部部長であるトゥオチェンの命令によって全面的に書き換えられ、題字も「私たちはかつてなく夢に近づいた」とする中華の民族的な復興と強大化を謳う中身になり、掲載された。 

パククネ政権下の資本攻勢と対決し、闘う労働者の「希望バス」が再始動

s20130109a-1.jpg 1月5日、韓国で、「希望のバス」が1年3カ月ぶりに再始動した。この日の朝、零下12度という寒さをついてソウルの大漢門前を出発したバスは、全国各地からのバスと合流し、計37台・1600人余が、現代車非正規職支会による高空籠城闘争が闘われているウルサン(蔚山)の現場に到着した。鉄道など他の交通手段を利用して集まった人を加えれば2000人を超える労働者、学生、市民が鉄塔の下に結集し、非正規職撤廃までとことん闘いぬくことを宣言する決意大会を開いた。バスは続いてプサン(釜山)に移動。午後8時にプサンの韓進重工業前に再結集し、昨年末、資本の卑劣な労組破壊攻撃への怒りに耐えかねて抗議の憤死をしたチェガンソ烈士の追悼集会を行い、「悲しみをのりこえて再び希望をつくりだそう」と強く誓い合った。 

Home> 世界の闘い: 2013年1月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top