Home> 世界の闘い: 2014年1月アーカイブ

世界の闘い: 2014年1月アーカイブ

民主労総 2・25国民ゼネストへ

20140124e-1.JPG 韓国・民主労総(全国民主労働組合総連盟、80万組合員)が第3次ゼネストを呼びかけた1月18日、ソウル駅広場に全国結集の全国鉄道労組5千人を始め1万人が集まり、「パククネ退陣! 民営化-年金改悪阻止! 鉄道労組弾圧粉砕! 民主労総決意大会」が開かれた。

スチュアート弁護士釈放 全世界の奪還運動の勝利

20140111a-1.jpg 「テロリストを支援した」として10年の禁固刑でテキサス州カースウェルの連邦メディカルセンター(医療刑務所)で服役していたリン・スチュアート弁護士が、ついに釈放をかちとり、1日に地元ニューヨークの空港に詰めかけた家族、支持者たちと歓喜の合流をした。

1・3民主労総ゼネスト決意大会@movie
元旦、中国で民営化に反対し、昭平バスステーションの運転手が一斉ストライキ

20140106a-1.jpg 2014年1月1日の元旦の日午前5時31分より、中国広西省賀州市昭平県の昭平駅の昭平バスステーションの運転手全員が一斉にストライキに突入した。すべての路線のバスの運行がストップした。
 昭平バスステーションの経営が、南寧運徳会社に売り渡され、昨年12月30日に「昭平運徳バス運輸有限会社」という新会社となり、この新会社は「少数精鋭」を掲げて大合理化を行おうとしている。昭平バスステーションは、公共交通機関として国有企業であったが、その経営権を民営会社に売り渡すことで大合理化が行われようとしているのだ。 

Home> 世界の闘い: 2014年1月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top