Home> 世界の闘い: 2014年4月アーカイブ

世界の闘い: 2014年4月アーカイブ

台湾で反核5万人デモ 第4原発の工事を停止に追い込む

20140428b-1.jpg 4月27日、台湾で5万人規模の反原発デモが爆発し、このデモの高揚の中で、馬九英政権は、第4原発の工事停止を発表した。
 台湾では3.11福島原発事故3周年を前にした3月8日に全土で10万人の反原発デモが行われている。だが馬政権は工事を強行し続けており、建設中の第4原子力発電所の試運転が迫っていた。、馬英九政権は昨年「8月を目途に(第四原子力発電所の稼働をめぐる)住民投票を行う」と表明していたが、住民投票さえ葬り去られている。こうした状況の中で中で4月22日に、林義雄・元民進党主席が原発反対を訴えてハンガーストライキに突入し、これがきっかけとなって労働者学生の怒りが爆発し、その後連日の数千、数万のデモや抗議行動が台北で行われてきた。23日には、立法院に突入しようとする労働者学生と警察が激突し、9人の逮捕者が出ている。26日にも総統府前で、2万人規模の集会が開催されている。

中国 裕元工業ストライキ、新段階へ,4万人超えるスト続く

20140428a-1.jpg 広東省東莞市にある裕元工業有限会社の労働者4万人のストライキは、25日に至るも不屈に続き、資本を追いつめるとともに、闘わない総工会(中国スターリン主義の御用組合)を弾劾して闘われている。18日には数十人の労働者が逮捕されたが、その弾圧と真向から対決してストライキを貫徹している。
 このストライキは、14日から数万人の大規模ストライキとなったが、5日より一部工場のストライキが開始されており、すでに3週間になろうとしている。このストライキは、会社が労働者のために納入すべき社会保険料や住宅公共積立金をちゃんと納入していなかったことが直接の原因となっているが、本質的には、そのあまりに劣悪な労働環境に対する積もりに積もった怒りの爆発である。

中国広東省東莞市の靴工場で、4万人超える連日のストライキ

20140418a-1.jpg 広東省東莞市にある裕元工業有限会社で4月14日よりストライキが爆発し、現在17日に至るまで不屈に続いている。ストライキは日々拡大し、すでにこの工場労働者の総数にあたる4万人を超える大ストライキになっている。4万人のストライキは中国でも異例であり、このストライキを弾圧するために3000人の武装警官が動員・配備されているが、まったく手が出せない状況になっている。

韓国 鉄道労組 組合つぶしと大激突 強制配転阻止へ決起

20140404d-1.jpg 韓国民主労総とパククネ政権との闘いはますます非和解的に発展している。3月20日、パククネは資本の活動に対するあらゆる規制を全面撤廃する方針を打ち出した。パククネの大統領任期が切れる2017年までに、経済関連の規制約3千件を撤廃するという。そして「反対は罪悪。抵抗する者は許さない」とまで言い放った。その核心は公共部門の全面民営化・外注化・総非正規職化と労働組合の絶滅・一掃を狙う攻撃だ。

廃業撤回・労組死守! サムスン資本を徹底糾弾

20140404c-1.jpg 3月28日、サムスン電子サービス支会の組合員約1千人と金属労組、市民社会団体の約3千人がソウルのサムスン電子本社前で「廃業撤回! 団体協約争奪! 民主労組死守! サムスン糾弾金属労働者決意大会」を開催した。3月23日に労組創立大会を開いて金属労組に加入したばかりの蔚山サムスンSDI支会の労働者も合流した。サムスンで初めての正規職の労組だ。

Home> 世界の闘い: 2014年4月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top