Home> 世界の闘い: 2016年11月アーカイブ

世界の闘い: 2016年11月アーカイブ

パククネ完全打倒へ進む韓国 空前の190万人が決起 学生は全国で続々同盟休校

20161128b-1.jpg 韓国労働者階級の闘いは、世界史の新たな段階を切り開いている。パククネ即時退陣を掲げた11月26日の汎国民大会には民主労総の組合員をはじめ農民や学生などあらゆる人びとが合流し、「ここで世の中を変えるんだ」(聖公会大学時局会議のプラカード)という決意が大統領府を包囲した。この190万人の闘いに連帯し、「すべてを止めるゼネスト」を日本でも実現しよう。

11・30ゼネスト連帯行動を 韓国で革命が始まった!

20161121b-1.jpg 韓国は革命情勢に突入した。
 11月12日の民衆総決起闘争は100万人をはるかに超える人びとがソウル市内を埋め尽くして、深夜まで闘いぬかれた。翌週の19日には大学センター試験を終えた受験生も合流し、ソウルで60万人、それ以外で35万人が「パククネ退陣」の声を上げた。これで4週連続で決起が続いている。
 韓国では30日に、民主労総を先頭に全人民が決起する一大ゼネストが闘われようとしている。これに応えて東京でも30日に連帯行動を打ち抜こう。

全米でトランプ打倒のデモ 民営化・労組破壊、移民排斥に怒り

20161121a-1.jpg「私の大統領じゃない」と叫びデモ
 全米で、トランプ打倒の怒りの大決起が燃え広がっている。トランプが行おうとしている労働組合破壊、そして教育・社会保障・年金の民営化、移民排斥の凶暴な攻撃への怒りと危機感が人びとを行動へと突き動かしている。黒人や移民労働者、青年・学生が最先頭で立ち上がっている。
 オバマ政権はメキシコとの国境に長大なフェンスを造り、200万人以上の移民を強制送還した。クリントンもまた、国務長官として中東への侵略戦争を推進し、人種差別をあおり、福祉を破壊してきた張本人だ。

パククネ打倒百万民衆総決起 「真の革命やりぬこう」 獄中のハンサンギュン委員長が檄

20161117d-1.jpg 11月12日、「パククネ退陣」を叫んでソウルを制圧した100万人をもはるかに超える労働者民衆の大決起は、国際階級闘争の歴史を新たに刻んだ(関連記事2面)。民主労総はこの闘いをパククネ打倒だけでなく、労働者階級の手で全世界を変革する闘いの始まりと位置づけ、さらに進撃を続けている。
 12日にソウル市庁前広場で開かれた民衆総決起大会では、獄中のハンサンギュン民主労総委員長のメッセージが読み上げられた。ハンサンギュン委員長はそこで「今日は民衆が犬や豚ではなく、この社会の主人であることを示す偉大な民衆抗争の日だ」と宣言。「不法な権力に奉仕した者を一人残らず厳罰に処すべきだ。パククネを逮捕し、拘束しよう」「世の中を変えるのは大統領でも財閥でも金バッジをつけた政治家でもない。貧しい青年と労働者だ」と檄(げき)を飛ばした。

11・12パククネ打倒!韓国民衆総決起@movie

11・12ソウル パククネ倒せ!200万の怒り 民主労総 世界革命開くゼネスト決起

20161114a-1.JPG 11月12日、韓国全土でパククネ打倒の闘いが爆発した。この日ソウルで開かれた民衆総決起大会とデモには、民主労総を先頭に労働者、農民、学生をはじめあらゆる階層の人民が大結集し、その数は100万人をもはるかに超えて、200万人近くにも達した。動労千葉訪韓団約220人はこの現場で民主労総ソウル地域本部の隊列に加わってともに闘い、韓国労働者人民との熱い団結を打ち固めた。東アジアから新たな世界革命の突破口を開く闘いが、ついに本格的に始まった!

Home> 世界の闘い: 2016年11月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top