Home> 世界の闘い: 2017年10月アーカイブ

世界の闘い: 2017年10月アーカイブ

ろうそく1周年に6万人  韓国 〝革命は終わってない〟

20171031b-1.jpg 民主労総のゼネストを先頭に韓国の労働者民衆がパククネを打倒し監獄にたたきこんだ「ろうそく革命」の開始から1年。10月28日、6万人が再びソウルの光化門広場を埋め、この偉大な闘いを記念して未完の革命をやり遂げる決意を固めた。
「積弊中の積弊」非正規職撤廃へ
 この日午後3時から、民主労総の「非正規職のない世の中づくり 全国労働者大会」が光化門広場で開催され、組合員4千人が全国から駆けつけた。6・30「非正規職ゼネスト」に続き、非正規職撤廃を真っ向から掲げた決定的な大会となった。

米スポーツ選手が国歌演奏に不起立 警官による黒人虐殺に抗議

20171007a-1.jpg 今アメリカでは、アスリートの反乱が巨大な闘いになっている。1年前、アメリカンフットボールの一人の選手から始まった国歌演奏時の不起立は、この9月から爆発的に拡大している。黒人を虐殺した警官が投獄どころか、逮捕・起訴さえされない現状への抗議だ。
 それに対してトランプは、「国旗・国歌を侮辱するやつは、今すぐグランドからたたき出せ。首だ」と口汚くののしった。それへの怒りが一挙に拡大し、不起立者への連帯が次々と表明されるようになった。
 オバマ政権時から始まったこの闘いは、一人から徐々に人数を増やしてきたが、現在ではコーチも含めて、また人種・出身の差を超えてチーム丸ごと団結して闘っている。写真にあるように、起立を拒否できない選手も、不起立している仲間の肩に手を置き、連帯している。起立しているが、仲間全員が腕を組んで、連帯を示している所もある。

Home> 世界の闘い: 2017年10月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top