Home> 世界の闘い: 2018年4月アーカイブ

世界の闘い: 2018年4月アーカイブ

仏鉄道労働者がスト 3ヵ月の長期闘争に突入

20180409b-1.jpg フランス全土でマクロン政権と国鉄労働者を先頭とする労働者階級が激突している。政権の鉄道改革計画に反対するCGT(労働総同盟)、Unsa(自由労組)、SUD(連帯労組)、CFDT(仏民主労組総同盟)の各鉄道部門(鉄道4労組)が4月3日から6月28日まで5日につき2日ストライキを行う方針のもと、長期決戦に突入したのだ。
公共部門労働者と学生も連帯し
 第1日の4月3日と翌日の2日間、TGV(都市間高速列車)は8本に1本、TER(地域圏急行輸送)は5本に1本が運行したのみ。国鉄労働者たたきにもかかわらず、乗客からはスト支援のカンパが集まっている。次の2日間ストは4月10〜11日である。

韓国 労働者大会に2万人 「労働の春を開こう」叫ぶ

20180405b-1.jpg 3月24日、ソウルの光化門広場で開催された民主労総の「最低賃金1万ウォン!非正規職撤廃!構造調整阻止!財閥改革!全国労働者大会」に2万人あまりが結集し、「労働積弊完全清算」「ろうそく革命に続いて職場革命を」と高らかに叫んだ。
 ステージに大きく掲げられたスローガンは「労働の春を開こう」だ。ムンジェイン政権の「労働尊重社会」の掛け声とは裏腹に、労働者の生活はほとんど変わらず、非正規職として働く公共部門の労働者の正規職転換も、ゼロに近い数字にとどまっている。むしろ、大恐慌の影響を受け、韓国GMや造船所などの製造業を中心とした大量解雇攻撃も広がっている。

Home> 世界の闘い: 2018年4月アーカイブ

カテゴリ
QR code for Mobile

Return to page top